ヘッダーをスキップし、本文へ
Feature Design Sony PlayStation®Vita
Feature Design Sony PlayStation®Vita
[ 2011.12.17 up ]

つながる、広がる、遊びのコミュニティ

ゲームが好き。“プレイステーション”が好き。そんなユーザーの期待に応え、新たに登場したのがPlayStation®Vita、略称PS Vitaです。これは進化というより革新。デザイナーたちの意気込みも違います。彼らが夢見た“プレイステーション”の次世代を、ご一緒に。

平松 修治
平松 修治
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント
コーポレートデザインセンター
課長
唐澤 英了
唐澤 英了
ソニー(株)
クリエイティブセンター
曽我部 卓
曽我部 卓
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント
コーポレートデザインセンター
課長
青木 芳与子
青木 芳与子
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント
コーポレートデザインセンター
河合 千恵
河合 千恵
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント
コーポレートデザインセンター
綱島 愛
綱島 愛
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント
コーポレートデザインセンター
池原 健治
池原 健治
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント
コーポレートデザインセンター

ゲームを中心にしたコミュニティづくり

平松 修治

平松:“プレイステーション”シリーズの「次」をどうするか。私たちが掲げた大きなコンセプトは、「ゲームの世界とリアルな世界を、丸ごとエンタテインメントにする」ことでした。

たとえば、ゲームユーザーたちがコミュニティをつくる。あるいは、みんなとソニーが一緒になって、新しい遊びを企画するのもいいですね。ひとりでゲーム世界に没入するだけでは得られない、刺激や発見が待っているはずです。

そのようなアイデアを実現するためには、UIのあり方を大きく変える必要がありました。これまでのクロスメディアバーは、十字キーで操作するにはよいUIです。でも、ゲームは、アイコンひとつで表現できない世界こそ、おもしろい。「いま友達が参戦中!」「ついにトロフィーを獲得した!」「友達がこのステージをクリアした!」「誰か対戦しよう!」。今まで目に見えなかった、そんな世界を前面に打ち出すため、新しく開発したのがLiveArea™です。

ユーザーはゲームの世界に入る一歩手前で、コミュニティーやゲームを巡る情報を知ることができ、タッチスクリーンを使って、その情報に触ることができます。LiveArea™は、そのゲームに関するオンライン版の動的なポスターであり、フライヤーであり、SNS のようなものなのです。ゲームをはじめる前の高揚した気持ちやコミュニティーの盛り上がりを、そのままUIで表現したい。それをゴールに、デザインにあたっています。

LiveArea™

主役はゲームコンテンツ、システムのUIは透明な容れ物

唐澤 英了

唐澤:PS Vitaは多機能ですが、基本はやはりゲームです。ゲームは、それ自体がとてもリッチなコンテンツ。ビジュアルが美しく、画面を見るだけでもワクワクします。もちろんインタラクティブだし、遠く離れた人との対戦だって楽しめる。

ゲーム機のUIは、そのような素晴らしいコンテンツの容れ物です。LiveArea™をデザインする際も、コンテンツを前面に押し出したいと考えました。GUIデザイナーたちの合言葉は、「透明なUI」。UIには、機能を整理してアイコン化し、コンテンツと別のレイヤーに切り分けるイメージがあります。そうではなく、コンテンツの中にUIをうまくなじませたい。いわば「UIと意識させないUI」が、私たちのデザインコンセプトでした。

そのためには、ただの平面的なアイコンではもの足りません。ゲームのリッチなグラフィックに負けない物質感を与えてあげないと、同じ空間にいるように感じられないのです。ゲームのキャラクターがそこにいても不思議でなく、しかも「押せそう」「触りたくなる」「空間を感じさせる」ようなデザインが理想。そこで、デザイナーみんなでイメージを持ち寄り、その触感を分析することからはじめました。いろいろな流体、モノ、その中間のゲルをあげては、「デリケートそう」「知能がありそう」という具合です。どんなゲームのテイストともぶつからず、かつ質感のあるデザインを模索するには、抽象的な議論も有効なアプローチなのです。

実際に、LiveArea™を目にしてほしいと思います。アイコンが缶バッジのコレクションのように並んでいます。しかし、硬質な感じではなく、ゆらゆらと揺れている。フリックするとぐっと揺れて、起動時にはポンとはじける。このエモーショナルな曖昧な質感が、不思議と心地よいのです。しかも、一般的なタッチインターフェースが30fpsなのに対して、PS Vitaは60fps。動きが滑らかな分、応答性もよく感じるし、タッチしたときの気持ちよさがまるで違います。ある意味、独自のリアリティに到達できたという手応えを感じています。

また、コンテンツを閉じるときも、画面の隅をめくるように指でなぞる、独特のコマンドを採用しました。「X」ボタンにすれば分かりやすいでしょうが、いかにも記号的、説明的。せっかくのリッチな空間ですから、いらなくなった付箋をはがすような、日常の行為をうまく取り入れています。

|1|23
ページの先頭に戻る