ヘッダーをスキップし、本文へ
Feature Design Sound Entertainment Player Rolly
Feature Design Sound Entertainment Player Rolly

“Rolly”の魅力は、実物を見なければわからない

菅原 拓氏

菅原:私の担当はインターフェースデザインです。“Rolly”についても開発の初期段階から小耳に挟んではいたのですが、正直、興味は持てませんでした。多くの製品に携わっていると、仕様やコンセプトを聞いて、どんなプロダクトかおおよそ想像はできるものです。ところが実際に試作機を見てショックを受けました。イメージと実物でまるで違う。理屈ぬきで面白い。一瞬で「こういうものもアリだ」「何とかしてやらなければ」と思いなおしました。

そのためにまず行ったのは情報の整理です。当初、みんないろいろな機能を詰め込みたがり収拾のつかない雰囲気でした。そこで、「動く」というコンセプトに沿っていろいろなアイデアを取捨選択し、最終的に“Rolly”全体をひとつの動くスイッチとしてとらえました。ひねる動作で「音量調整」。ちょっと前に押し出してやると「曲送り」。手に握って振ってやると「シャッフルモード」。「動かして音を選ぶ」という操作が「動く」という“Rolly”のコンセプトとうまくマッチしたものになったと思います。

Sound Entertainment Player Rolly

“Rolly”は使い勝手が優先される従来のミュージックプレーヤーとは違います。曲名やジャケット写真の表示という具象的な要素を無くし、操作のフィードバックを光や音といったシンプルな要素で表現したことで、デザインコンセプトが際立ったと思います。「今、“Rolly”がどのような設定状態にあるか」はランプの色や音で直感的にわかる工夫をしているんです。初めて手にする方なら、「サイドランプがライトブルーならノーマルモード」、「紫ならシャッフルモード」と憶えておいてもらえれば十分です。

実は、その中にも極力『ソニーの作法』を盛り込んであるんです。“Rolly”は早送りするとサイドランプが2回、色を変えて点滅しますが、これは“ウォークマン”のリモコンが早送り時、ピピッと2回音が鳴るのを色で表現したもの。同じような配慮は随所で徹底してあります。これらの色、微妙な明滅のタイミングや階調の設定には専用のシミュレーターが必要。骨の折れる作業ですが、ユーザーの感覚にいちばん訴える部分だけに、十分な神経と時間を使って仕上げました。

音楽とリスナーの新しい関係を生む、唯一無二のプレーヤー

Sound Entertainment Player RollySound Entertainment Player Rolly

菅原:もうひとつ、私はPCアプリケーションのUIデザインも手がけました。それが『Motion Editor』で、これを使うと自分で“Rolly”の動きをデザインできるようになります。

画面を見ていただくと分かるのですが、いちばん上に音楽の流れや雰囲気をタイムラインに沿って図式化したものが表示されます。これを見ながら、一つひとつの稼動部の動かし方を自由にプログラムすることができます。もちろん、できない動きや危険な行動範囲は警告するように配慮してありますから、初めての人でも安心です。

ところが、これを実際に使っていると、不思議な感覚にとらわれてきたんです。音楽に合せて“Rolly”を動かすだけでは満足できなくなり、“Rolly”の動きを活かせる音楽を創りたくなってくる。「ここでこう動かしたいから、音楽もブレークを」という感じで。音楽に対する考え方を変えるものが、あるのかも知れませんね。

ただ困ったことに、そういった“Rolly”の面白さは、実際に見た人でないとわからないんです。聞きかじりはもちろん、WebやCMで動きを見た人でさえ、実物を目にしてはじめて「こんなに面白いのか」「想像以上に驚いた」と膝を打つくらいですから。なるべく多くの人に、実際に触って欲しいと思いますね。

12|3|
ページの先頭に戻る