ヘッダーをスキップし、本文へ

イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラモジュールです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

ソフトウェアダウンロードの注意点

以下のソフトウェアをダウンロードする際には、このソフトウェアの使用に関する注意事項を必ずご確認のうえ、「ソフトウェア使用許諾契約」にご同意いただきますよう、お願いいたします。

  • IEEE1394/GigE Visionソフトウェア開発キット
  • VISCAコントロールソフト

IEEE1394/GigE Visionソフトウェア開発キット

ZCL_SDK2014(2014年9月)

本ソフトは、ドライバーの修正を行った最新版です。
インストールの前に、開発キット説明とインストールの方法をご確認ください。

ソフトウェア開発キットの説明/インストール方法の説明

VISCAコントロールソフト

[ご注意]
これらのソフトウェアは製品の動作確認を目的としております。製品の動作確認以外の目的でのご使用(ソフトウェアの解析行為を含みます)はお止めください。また、コントロールソフトのカスタマイズやソースコードの開示などのサポートはしておりません。
コントロールソフトに関し、ソニー(株)は何らの保証をいたしません。コントロールソフトのご使用によりお客様のハードウェアまたはソフトウェアの不具合、データの消失、その他いかなる損害が生じた場合であってもソニー(株)は一切責任を負いかねます。

以上のご注意にご同意いただけるお客様のみ、お持ちの製品に対応するコントロールソフトウェアを、製品1台につき1部のみダウンロードしてご使用いただけます。


※ 使用上のメモ
これらのソフトウェアはPCポート番号とボーレートを指定できます。
カメラと接続し、電源を入れた状態で、使用するPCのコミュニケーションポート番号、使用ボーレートに合わせてテキストファイルを書き直して使用します。
尚、テキストファイルを実行アプリケーションと同じホルダーに置いておく必要があります。

ZIPFCB汎用ソフト(FCB-H11を除く)/ZIP:341KB 【2012年12月リリース】

ソフトウェアバージョン:fcbctrl4026
FCB-EH6500にも対応した最新版ソフトです。FCB-H11以外のFCBモデルに対応しています。
すでにFCB汎用ソフトをご利用の場合で、最新版ソフトをインストールする際には旧ソフトの アンインストールをお勧めします。 アンインストール後に最新版をインストールしてご利用ください。
※FCB-EV7500およびFCB-MA130用のソフトは現在準備中です。

ZIPFCB-H11専用ソフト/ZIP: 265KB

インストール方法
ダウンロードが完了しましたら以下の手順でインストールしてください。
上記の2種類のFCB用コントロール用ソフトウェアはMicrosoft Visual Studio.net C#で作られております。
(1) ダウンロードしたファイルを解凍します。
(2) インターネット回線に接続した状態で解凍したファイルの中の Setup.exe をクリック(実行)します。
自動的にMicrosoft Visual Studioに接続されます。
回線に接続しない場合は予めDot NET Framework 2.0.をインストールしてください。
Microsoft Visual Studioから"dotnetfx.exe" をダウンロードすることにより、得られます。
(3) 「発行元を確認できません。このアプリケーションをインストールしますか?」と表示されますので、「インストール」をクリックしますと自動的にインストールされます。
 
ページの先頭に戻る