ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
そして、その名は世界共通語になった
  • そして、その名は世界共通語になった



  • “ウォークマン”1号機「TPS-L2」(右上)。当初、アメリカでは「Soundabout」、イギリスでは「Stowaway」、オーストラリアなどでは「Freestyle」という名称で発売された。

 1979年7月に初代の“ウォークマン”が発売されてから、今年でちょうど30年になる。いまや“ウォークマン”といえば世界中で通じる言葉になっているが、初代の“ウォークマン”が発売された当時、海外ではまったく違う商品名で発売されていたのをご存知だろうか?
 そもそも“ウォークマン”は和製英語。海外の販売会社はこの和製英語の名称に反対し、別の商品名を提案してきた。最初にソニー・アメリカが提案してきたのが「Sony Disco Jogger」という商品名だった。これは当時のアメリカで、ディスコとジョギングが流行していたからだ。また“ウォークマン”がディスコに行くような若者をターゲットにしていることから考えられた。しかし当時、並々ならぬ情熱で“ウォークマン”商品化の陣頭指揮にあたっていた会長の盛田は、「確かにディスコに行く若者やジョギングする人たちはこの商品のお客さまになるが、199ドルという価格で発売するので、年配の方たちも購買層に入れるべきだ。年配の方は『Disco』という言葉で興味を示さなくなるだろう」という理由で、この「Sony Disco Jogger」という提案を却下した。そして最終的に選ばれたのがwalk about (歩き回る)をもじった「Soundabout(サウンドアバウト)」という造語だった。その後、各国の販売会社がそれぞれ違った商品名をつけて販売し始めた。
 しかし、すぐに“ウォークマン”が日本で大人気となり、来日した海外のお客さまがお土産に購入するようになった。そうしたお客さまの口コミによって、“ウォークマン”という商品名とともに海外に知れ渡り、現地の電気店に「“ウォークマン”をください」と問い合わせるお客さまがいたほどだったという。“ウォークマン”は和製英語だったが、逆に英語圏でない国の人にはわかりやすかったのかもしれない。そこで、盛田は決断し、1980年4月にアメリカで開催されたセールス会議で“ウォークマン”という商品名を全世界で統一して使うと宣言した。その後、“ウォークマン”は、1986年に “英語のバイブル”と言われるイギリスの権威ある英語辞典「Oxford English Dictionary」に、1991年には日本の「広辞苑」に掲載されるまでになった。
 こうして名実ともにその地位を不動のものにした“ウォークマン”は現在までに累計で約3億8千5百万台(2008年度末時点)を世に送り出している。“ウォークマン”の成功は、商品そのものの魅力に加え、世界中の人々にとって親しみのわくそのネーミングの分かりやすさも一役買ったのかもしれない。




ページの先頭に戻る