ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年12月15日

周囲180度の映像を撮影可能な薄型・軽量カメラモジュールを発売

モニタリングカメラや顔認証用センサーカメラなどの機器組込用途に最適

 ソニー株式会社は、画像処理エンジン内蔵型カメラ<カメレオンアイ>シリーズの新しいラインアップとして、広視野角小型カメラモジュール『RPU-C1833』の国内向けサンプル出荷を2006年3月中旬より開始します。
  • RPU-C1833
広視野角小型カメラモジュール『RPU-C1833』

型名  サンプル出荷時期   サンプル価格(税込) 
 広視野角小型カメラモジュール 
カメレオンアイ 『RPU-C1833』
2006年3月中旬 105,000円
 <カメレオンアイ>シリーズは、特殊レンズを採用することで、パン・チルト機構を用いずに広い範囲を一度に撮影できるカメラです。特殊レンズで撮影された広角映像は、内蔵の画像処理エンジンによって平面映像に再構成、通常のカメラ映像と同じようにテレビで見ることができ、パン、チルト、ズームなどの画角操作を駆動機構を用いずに電子的に行なうことも可能です。
 今回発売する<カメレオンアイ>『RPU-C1833』は、小型魚眼レンズを使用することにより、水平180度、垂直180度※1の視野を円形画像として撮影する小型カメラモジュールです。通常は、外部機器により行われる広角レンズ特有の歪の除去や平面展開処理をカメラモジュール内部でリアルタイムに行なうことで、出力モードにあわせた映像を、テレビやパソコンに直接出力することが可能です。薄型・軽量化された筐体構造により、これまで広角カメラシステムを設置することが困難だった家のドア、ATM端末、ドライブレコーダーなどへのモニタリングカメラとしての組み込みが容易になっています。
 さらに、顔認証ソフトウエアと組み合わせて、歪が除去された平面画像を利用した広視野の顔認証用センサーカメラなどにも応用できます。

※1 水平設置時において。

『RPU-C1833』の主な特長

1. 小型・軽量化を実現
レンズの小型化と高密度回路実装技術により、当社従来機種『RPU-C2512/C3522』と比較して、体積比で約1/7、重量比で約1/5の小型化・軽量化を実現しています。

2.強力な画像処理エンジン搭載により外部機器での画像処理を軽減
カメラモジュールに内蔵されたデジタルシグナルプロセッサ(Digital Signal Processor)による画像処理により、円形画像、ズーム画像、二分割画像、四分割画像、といった7種類の出力画像が選べます。さらに、撮影画像の中から、指定されたズーム倍率とパン、チルト、ロール(回転)角度に従って所定の部位の画像を切り出し、標準テレビ信号及びUSBインターフェース経由のデジタル画像で出力することが可能です。

3. 使いやすいインターフェース
標準テレビ映像信号方式(NTSC)のビデオ信号出力を標準装備しておりテレビモニターと直結可能。また、USBインターフェースも標準装備しているため、パソコンからの電源供給、カメラ制御及びパソコンへの動画出力を一本のUSBケーブルにより実現可能です。

『RPU-C1833』のメカニズム

  • RPU-C1833のメカニズム

『RPU-C1833』の主な仕様

項目
『RPU-C1833』
視野角  【水平設置時】水平:180度、垂直:180度 
【垂直設置時】水平:360度、垂直:90度
総画素数 300万画素
 フレームレート  毎秒16フレーム (最大)
画像出力方式 アナログ : コンポジットビデオ (NTSC)
デジタル : USB 1.1 (JPEG連続出力)
展開画像 7種類
供給電源電圧 DC 5V
消費電力 2.5W
外形寸法 幅 39 × 高さ 30 × 奥行き 28 mm
質量 65g


このページの先頭へ