ヘッダーをスキップし、本文へ

ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2006年09月29日

ノートブック型コンピュータ電池パックの『自主交換プログラム』のご案内について

ソニー株式会社


 弊社は、ノートブック型コンピュータ(以下、ノートPC)の一部に採用されている弊社製リチウムイオン電池セルを使用した電池パックの自主交換プログラムを全世界で実施することを決定し、お取引先のPCメーカー各社さまに対しご案内することと致しました。弊社はお取引先各位及びお客さまのご満足を第一に考え努力を続けております。この視点に立って、最近のノートPCの事故に対するお客さまのご心配を払拭するためには、電池パックの自主交換プログラムを行うことが最善の策であると考えた次第です。

弊社は、このプログラムについて、米国消費者製品安全委員会と話し合っています。また必要に応じて他の政府機関にも説明してまいります。本プログラムは近日中に決定し、発表致します。

 ご高承の通り、弊社では、先頃デル社ならびにアップルコンピュータ社による弊社製電池パックの回収に協力することを発表しております。その際、ご説明させて頂いておりますように、対象電池セルの一部に微細な金属粒子が入った場合、電池セル内の他部品と接触し、稀にではありますが、電池セル内部で短絡(ショート)を起こす可能性があります。通常内部短絡を起こした電池セルは電池機能を失うだけですが、ある稀な状況下においては、内部短絡が電池セルの過熱や場合により発火を引き起こすことがあると考えております。なお、このような事象が発生する可能性は、ノートPCのシステム構成の違いの影響を受けると判断しています。弊社は、この技術解析の見解は現時点においても妥当であると考えております。

 今回の自主交換プログラムを進めるにあたり、対象となる電池パック交換に関わる数量やスケジュール等詳細につきましては、お取引先各社の皆さまとご相談させていただく予定です。

以上
このページの先頭へ
ページの先頭に戻る