ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年01月24日

ブルーレイディスク用など、記録・再生光ディスクドライブの薄型設計とコストダウンを可能にする光集積デバイスを開発

 ソニー株式会社(同、ソニー)は、ブルーレイディスク用など記録・再生光ディスクドライブ向け光集積デバイス(以下レーザカプラ)を日亜化学工業株式会社と共同開発しました。今回開発したレーザカプラは、年内を目処に量産化を目指します。
  • 青紫色レーザカプラ
    青紫色レーザカプラ

 昨今、大容量光ディスクドライブの市場は、記録・再生機能を有するブルーレイディスクレコーダーなどを中心に展開しており、今後更なる拡大が期待されています。また、ノートパソコンや車載プレーヤなどに向けては、ますます薄型化が求められています。
 今回開発した青紫色レーザカプラは、量産性に優れた安価な光学部品を用いることのできる独自の高効率1ビーム光学系を採用しています。これにより、ブルーレイディスクなどの二層メディアでの信号読み出しを最適化し、より安定的な記録/再生を可能にするドライブやオプティカルピックアップの設計を実現します。また、新しいレコーディングメディア(有機系メディア)にも対応しています。加えて、これまでのポータブル機器向けレーザカプラで培ったパッケージング技術を活用して、厚み3mm未満という業界最薄の本体を実現したことで、ブルーレイディスク向けドライブの更なる薄型化と一層のコストダウンに貢献していきます。

<主な特徴>

  1. 独自の高効率1ビーム光学系により、二層ディスクや低コスト有機系メディアなどのすべてのメディアにおいて、安定的な記録/再生が可能。
  2. 3mm未満の業界最薄のパッケージングを実現し、厚さ9.5mmおよび更なる薄型ドライブの設計にも対応可能。
  3. 培ってきたレーザカプラの集積化技術によって高信頼性を実現。

<外形>



<開発の仕様>

・フォーカスエラー検出方式 : SSD方式
・トラッキングエラー検出方式 :
 再生専用ディスク:位相差法(DPD法)
 記録ディスク : one-beam Push-Pull方式※
 ※ソニーの独自技術を新規採用
  レンズシフト信号をSSD(フォーカスエラー)側で検出し、それを用いて安定なone-beamトラッキングエラーを得る方式。



ページの先頭に戻る