ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年02月26日

大型液晶パネル・モジュールに関する合弁会社設立に向け意向確認覚書を締結

シャープ株式会社
ソニー株式会社

 シャープ株式会社(以下、シャープ)とソニー株式会社(以下、ソニー)は、現在シャープが大阪府堺市に建設中の第10世代マザーガラスを採用する液晶パネル工場を分社化することにより、大型液晶パネル・モジュールの生産および販売を行う合弁会社を設立することについて、本日、両社の意向を確認する「意向確認覚書」を交わしました。合弁会社の概略は以下の通りで、今後法的拘束力を有する合弁契約を2008年9月30日までに締結するよう、両社は誠意を持って交渉してまいります。
 この提携は、両社の協力関係を通じて、シャープの最先端液晶ディスプレイ技術力とソニーのテレビ事業における市場競争力をさらに強化することを目的としたものです。
 上記合弁契約の締結・発効および必要に応じた関係当局の承認手続等の完了後、合弁会社は、世界初となる第10世代マザーガラスを採用する液晶パネル工場の優位性を最大限に活かし、品質、コストおよび性能において業界最高水準の大型液晶パネル・モジュールの生産を行い、出資比率に応じてシャープおよびソニーへ供給することとなります。加えてシャープおよびソニーは、液晶パネル・モジュール用部材の共同開発についても検討し、さらに協力関係を強化してまいります。
 新会社は、最先端の大型液晶パネル工場の垂直立上げと安定操業を図るとともに、他の関連する企業等と連携し、「21世紀型コンビナート」構想を実現してまいります。

【新会社概要】

会社名称 未定
所在地 大阪府堺市堺区堺浜地区
設立日 2009年4月(予定)
稼動開始時期 2009年度中(予定)
資本金 未定(出資比率:シャープ66%、ソニー34%)
投資額 未定(投資比率:シャープ66%、ソニー34%)
事業内容 大型テレビ用液晶パネル・モジュールの生産およびシャープ、ソニーへの販売
生産能力 72,000枚/月(稼動当初は36,000枚/月)(マザーガラス投入ベース)
以 上
このページの先頭へ