ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2008年11月13日

世界初(*1) 、業界最多(*1)の有効1225万画素
携帯電話向けCMOSイメージセンサー“Exmor”を商品化

〜811万画素/515万画素およびレンズモジュール版も同時にラインナップ
コンパクトデジタルスチルカメラと同等の高画質を実現〜

 ソニー株式会社は、高画質化が進む携帯電話のカメラ向けとして、ソニー独自の業界最小*11.4μm単位画素の形成技術により、1/2.5型で業界最多*1の有効1225万画素を実現したCMOSイメージセンサー“Exmor”『IMX060PQ』を商品化いたします。併せて、1/3.2型有効811万画素のCMOSイメージセンサー“Exmor”『IMX046PQ』および1/4型有効515万画素のCMOSイメージセンサー“Exmor”『IMX045PQ』もラインナップに加えます。
 さらに、レンズやオートフォーカス機能等も内蔵した携帯電話向け業界最小*1・最薄*1の1/2.5型有効1225万画素のレンズモジュール『IU060F』および1/3.2型有効811万画素のレンズモジュール『IU046F』を商品化し、携帯電話で高画質に写真を撮る楽しみを訴求いたします。

  • 写真上段 レンズモジュール(左から)『IU060F』*2『IU046F』
    写真下段 CMOSイメージセンサー“Exmor”(左から)『IMX060PQ』『IMX046PQ』『IMX045PQ』

型 名
出荷時期
サンプル価格
1/2.5型有効1225万画素
CMOSイメージセンサー『IMX060PQ』
2009年3月 2,500円
1/3.2型有効811万画素
CMOSイメージセンサー『IMX046PQ』
2008年11月 1,500円
1/4型有効515万画素
CMOSイメージセンサー『IMX045PQ』
2009年3月 1,000円
1/2.5型有効1225万画素
レンズモジュール『IU060F』
2009年9月 9,000円
1/3.2型有効811万画素
レンズモジュール『IU046F』
2009年2月 5,000円


 近年、携帯電話用のカメラ機能は、その利便性の良さにより使用頻度が増すとともに、高画質化の要求もますます高まっています。加えて、携帯電話本体のデザイン性向上・小型化・薄型化に伴い、内蔵されるカメラ自体の小型化への要求もさらに高まっています。その実現のためには、イメージセンサーの高画質化と小型化の両立が不可欠ですが、高解像化と小型化のために微細化を進めれば進めるほど、イメージセンサーの画素部に光を集めることが困難となり、感度やS/Nの低下といった画質低下につながります。

 今回商品化するCMOSイメージセンサーは、ソニー独自の業界最小*11.4μm単位画素の形成技術を確立し、1/2.5型で業界最多*1の有効1225万画素を達成いたしました。また、微細配線が可能なCuプロセスやソニー独自の画素構造の採用などにより、集光効率の改善を図り、業界最小*11.4μm単位画素でありながらも高感度化や高S/Nを実現しました。さらに、ソニー独自の“列並列A/D変換方式”(カラムA/D変換方式)を採用することにより、アナログ伝送中に混入するノイズによる画質の劣化を抑え、『IMX060PQ』では10フレーム/秒、『IMX046PQ』では15フレーム/秒の多画素高フレームレートを可能にしました。

 当社は、デジタル一眼レフカメラやハイビジョンデジタルビデオカメラ等に搭載しているCMOSイメージセンサー“Exmor”を携帯電話向けにもラインナップし、薄型カメラ付き携帯電話のデザイン性を維持しながら、コンパクトデジタルスチルカメラと同等の高解像度を実現したいというお客様のニーズにお応えします。
  • <1/2.5型有効1225万画素CMOSイメージセンサー『IMX060PQ』のサンプル画像>


<主な特長>

●CMOSイメージセンサー
1)業界最多*1有効1225万画素 携帯電話向けCMOSイメージセンサーの実現
   ※業界最小*11.4μm単位画素の形成技術を採用
2)コンパクトデジタルスチルカメラと同等の高精細画像の実現
3)独自の画素構造や新規レンズ技術の採用により高感度化・高S/Nを実現
   ・1.75μm単位画素と同等の感度90mV
4)独自の“列並列A/D変換方式(カラムA/D変換方式)”による高速フレームレートを実現
   ・『IMX060PQ』 :10fps
   ・『IMX046PQ』/『IMX045PQ』 :15fps

●レンズモジュール
1)レンズ、オートフォーカス機能、インターフェース機能を搭載しながら業界最小*1・業界最薄*1を実現
2)独自設計のレンズを搭載し、高解像度を実現
3)レンズ駆動用モーターは、動画撮影時の消費電力を抑えるピエゾ*3方式を採用
4)デジタルスチルカメラで数多く採用されている28mm相当(35mm換算)の広角レンズを搭載
  (『IU060F』のみ)

<主な仕様>

● CMOSイメージセンサー
型名 IMX060PQ IMX046PQ IMX045PQ
有効画素数 4040(H)×3032(V)
1225万画素
3288(H)×2468(V)
811万画素
2616(H)×1968(V)
515万画素
イメージサイズ 対角7.1mm(1/2.5型)
正方画素
対角5.76mm(1/3.2型)
正方画素
対角4.5mm(1/4型)
正方画素
ユニットセルサイズ 1.4μm□
フレームレート Full 10fps 15fps
1/2 sub sampling 20fps 30fps
1/8 sub sampling 80fps 120fps
HD mode 1080-27P / 720-30P 1080-30P / 720-30P 1080-30P / 720-60P
感度 90mV
センサー飽和信号量 280mV
電源電圧 アナログ 2.7 +0.2/-0.1V
デジタル 1.2 ±0.1V
インターフェース 1.8 ±0.1V
主な機能 3線シリアル通信,I2C,シリアルデータ出力,フレキシブル入力クロック対応
出力 648Mbps sub-LVDS /MIPI 2ch
● レンズモジュール
型名 IU060F IU046F
モジュールサイズ*4 10.0(W)×11.5(D)×8.5(H)mm 11.5(W)×9.5(D)×6.5(H)mm
AF アクチュエータ ピエゾ*3
レンズ構成 プラスチック4群4枚
F値 F2.8
焦点距離【35mm換算】 28mm 32mm
カメラ出力 MIPI (2 Lane) Sub-LVDS (2 Lane) *5

※1 ソニー調べ(2008年11月13日広報発表時)
※2 レンズモジュール『IU060』の写真は、開発中のサンプル品
※3 電圧をかけることにより伸縮する性質を持つ圧電素子
※4 フレキシブルプリント基板部分を除く
※5 MIPI インターフェース搭載版の量産は、2009年7月を予定


※ “Exmor”および logo は、ソニー株式会社の商標です。





ページの先頭に戻る