ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年10月02日

磁界共鳴型を使った高効率な「ワイヤレス給電システム」を開発

〜60Wの電力を伝送し、50cm離れた電子機器を駆動〜


 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、電源コードを接続することなく、テレビなどの電子機器へ、離れた場所から高効率で電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発しました。このシステムにより、60Wの電力を50cm離れた電子機器に高効率(送電・受電デバイス間約80%、整流回路含み約60%)で給電することが可能となりました。

 今回開発した「ワイヤレス給電システム」には、磁界共鳴型の非接触給電技術を採用しています。磁界共鳴型とは、送電デバイスから供給された電力エネルギーが空間を介し同じ周波数で共鳴している受電デバイスのみに伝播する方式であり、デバイス相互の位置関係がずれていても高効率の給電が可能となります。また、送電・受電デバイス間に金属があっても、その金属が熱くならないという特長があります。
 ソニーが新開発した「ワイヤレス給電システム」では本方式をもとに、当社が通信・放送分野の商品開発で長年培ってきた高周波伝送技術を応用して開発した、高速・高効率整流回路を搭載し、整流を含めても約60%という高い給電効率を実現しました。加えて、送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴するレピータデバイスを開発し、これを送電・受電デバイス間に配置することでその給電効率を維持したまま、給電距離を50cmから80cm*まで伸ばすことにも成功しました(*デバイスのみの基礎実験において)。

 近年、電子機器がネットワーク化され、そのために接続するコードの数も増加する傾向にあります。データ伝送においては、Wi-Fiをはじめワイヤレス化が進んでいますが、電力供給に関してもワイヤレス化のニーズは年々高まっています。
 ソニーは、数cm以下から数十cm以上までの広い範囲、かつ小電力から大電力まで、電力供給のワイヤレス化の様々なニーズに対応すべく、今後も、本ワイヤレス給電技術の電子機器全般への応用の可能性について、更なる研究開発を継続してまいります。


■開発品の主な特長

1. 整流回路含め高効率な給電を実現
  ソニーが長年培ってきた高周波伝送技術を応用し、新たに最適な素子を用いて高速・高効率な整流回路を開発しました。これにより送電デバイスから受電デバイスに伝送された高周波電力を電力ロスが少ない高い効率で整流することができ、テレビやノートパソコン等の電子機器を動作させることができます。

  • <「ワイヤレス給電システム」の原理ブロック図 >


2. 独自開発のレピータデバイスによる給電距離の伸張と給電効率の向上を実現
  送電・受電デバイスと同じ周波数で共鳴するレピータデバイスを開発し、これを送電・受電デバイス間に配置することで、その給電効率を維持したまま、給電距離を伸ばすことが可能です。デバイスのみの基礎実験では、50cmから80cmまで給電距離を伸ばすことに成功しました。この結果、サイズの小さいデバイスを用いた場合にもサイズの大きいデバイス使用時と同様の給電距離と給電効率を維持することも可能となります。






ページの先頭に戻る