ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2009年10月19日

「デジタルコンテンツEXPO2009」出展のご案内

 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、2009年10月22日(木)から25日(日)まで開催される「デジタルコンテンツEXPO2009」(開催場所:日本科学未来館&東京国際交流館他、主催:財団法人デジタルコンテンツ協会<会長 ソニー 副会長 中鉢良治> )において、『360°立体ディスプレイ』の開発試作品を展示します。

 今回展示する『360°立体ディスプレイ』は、360°どの方向からも眼鏡を装着せずに立体映像が見える円筒形のディスプレイです。今回の試作品では、卓上での使用も可能な小型サイズ(直径13cm・高さ27cm)を実現しました。
 複数の人が同時に見ることができるため、デジタルサイネージやイベント展示などに加え、家庭においては画像の立体表示可能なフォトフレームやテレビ電話のようなパーソナルコミュニケーションツールなど、様々な用途に応用可能なディスプレイです。

 ソニーは、本システムの更なる研究開発を継続しながら、様々なアプリケーションの開拓を検討してまいります。







  • <『360°立体ディスプレイ』(開発試作品)>

【主な特長】
(1) 小型の卓上サイズで、360°どの方向からも立体映像が見えるディスプレイ
(2) 眼鏡を装着せずに自然な立体映像を表示
(3) 複数の人が同時に観察可能
   
【想定用途】
デジタルサイネージ、イベント展示、医療立体画像の可視化、WEBショッピング、仮想ペット、芸術鑑賞、立体図鑑、立体フォトフレーム、立体テレビ電話 等
   

【主な仕様】
発光素子 LED(Light Emitting Diode)
解像度(横×縦) 96 × 128
視点数 360
表示色数 24ビットフルカラー
外形サイズ(直径×高さ) 130mm × 270mm




ページの先頭に戻る