ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2010年08月26日

「ブルーレイ3D™」対応新商品 全10機種を発売

〜映画・音楽ソフト4タイトルもあわせて登場、家庭で楽しめる3Dエンタテインメントを拡大〜


 ソニーは、2010年国内年末商戦に向け「ブルーレイ3D™」対応のブルーレイディスク(BD)レコーダー6機種、BDプレーヤー1機種を9月17日から順次発売、これにあわせ同日から「ブルーレイ3D™」の映画・音楽ソフト、計4タイトルを順次発売します。さらに、12月にはBDドライブ/HDD内蔵3D〈ブラビア〉3機種を発売し、年内に合計10機種の「ブルーレイ3D™」対応新商品を導入します。
 「ブルーレイ3D™」対応機器群とソフトの発売により、ソニーはハードウェアとコンテンツの両面から、臨場感あふれる立体映像をご家庭でお楽しみ頂ける3Dホームエンタテインメントの世界をさらに広げてまいります。

●「ブルーレイ3D™」対応機器のラインアップを拡充、年内に10機種を順次発売

 今回発売するBDレコーダー6機種は、エントリーモデルを含むすべてのモデルを「ブルーレイ3D™」対応としました。BDプレーヤーは買い増しやすいスリムボディを実現。3D<ブラビア>などの3D対応テレビと接続することで3D映像をお楽しみ頂けます※1
 BDドライブ/HDD内蔵3D<ブラビア>※2は、BDドライブ・ハードディスクドライブ内蔵、3D対応、LEDバックライト搭載のオールインワンモデルで、放送の視聴はもちろん、長時間録画にも対応しました。別売の3Dメガネ、3Dシンクロトランスミッターを追加することで3D映像もお楽しみ頂けます。
 ソニーは、このたびの3D対応機器のラインアップ拡充により、2010年度の国内市場において、3D対応テレビ、3D対応BDレコーダー、3D対応BDプレーヤーの、ナンバーワンポジションをめざします。

●「ブルーレイ3D™」ソフト4タイトルをあわせて発売開始

<発売予定の映画・音楽4タイトル>
  ・映画 「くもりときどきミートボール IN 3D」(2010年9月17日発売、税込価格3,480円)
  ・映画 「モンスター・ハウス IN 3D」    (2010年9月17日発売、税込価格3,480円)
  ・音楽 「ラン・ラン ライブ・イン・ウィーン」
    (2010年9月下旬発売予定、税込価格4,800円、全ライブ収録曲の中から4曲を3D映像収録)
  ・音楽 「CHEMISTRY TOUR 2010 regeneration in TOKYO INTERNATIONAL FORUM」
    (2010年10月20日発売、税込価格5,565円、全ライブ収録曲の中から3曲を3D映像収録)

 映画分野では、BDプレーヤーの発売開始と同日の9月17日、(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)から、洋画では業界初となる市販用「ブルーレイ3D™」ソフト「くもりときどきミートボール IN 3D」/「モンスター・ハウス IN 3D」の2タイトルを発売します。劇場で大ヒットしたフルCGアニメーションの3D映画作品です。

 SPEJでは今後、以下の日程で劇場公開される予定の3D大型作品、「バイオハザードⅣ アフターライフ」(2010年9月10日)、「グリーン・ホーネット」(2011年1月)、「メン・イン・ブラック3」(2012年春)、「スパイダーマン最新作」(2012年夏)などを含め、「ブルーレイ3D™」ソフトを続々と発売してまいります。

 音楽分野では、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)から、クラシック音楽分野で初めてとなる「ブルーレイ3D™」ソフトとして、世界最高峰の中国出身ピアニスト、ラン・ランの「ラン・ラン ライブ・イン・ウィーン」を9月下旬に発売する予定です。続いて10月20日には、人気男性デュオ、CHEMISTRYのライブを収録した「CHEMISTRY TOUR 2010 regeneration in TOKYO INTERNATIONAL FORUM」を発売。観客席にいる様な臨場感あふれる3D映像で、音楽の新たな楽しみ方を提案します。
 SMEJでは、「ブルーレイ3D™」ソフトの発売以外にも3D映像を活用した様々な試みを行っております。第一弾として8月25日には、PlayStation®Network上のPlayStation®Storeにおいて、MISIA feat.M2J+フランシス・ジョッキー「マワレ・マワレ」、いきものがかり「ありがとう」、UVERworld「GOLD」、元気ロケッツ「make.believe」(読み:メイク・ドット・ビリーブ)の3Dミュージックビデオ4作品のダウンロード販売を開始しました。

ソニーが広げる3Dホームエンタテインメント

 ソニーは本年6月から3D<ブラビア>を発売し、あわせて「プレイステーション 3」向け3D立体視ゲームの配信を開始しました。6月から7月にかけて開催された2010 FIFAワールドカップでは、FIFAによる全25試合の3D映像化をサポート、日本においてはソニーが冠スポンサーとなってスカパー! HDで3D放送を行いました。
 また、デジタルカメラの“α”、“サイバーショット”に「3Dスイングパノラマ」機能を搭載し※3、3Dパーソナルコンテンツの新たな楽しみ方を提案しています。さらにオーディオ機器においても、3D映像とともに高音質サラウンド音声を楽しめるよう3D対応のシアタースタンドシステムやマルチチャンネルインテグレートアンプを発売しました。

 さらに、いよいよこの秋からは、「ブルーレイ3D™」再生対応の魅力ある新商品群とソフトを加えて、臨場感ある映画・音楽作品に引き込まれる新しい3D体験をご家庭でお楽しみ頂ける、ソニーならではの3Dホームエンタテインメントの世界を広げてまいります。


(ご参考) ソニーの3Dウェブサイト“3D World Created by Sony”
       http://www.sony.co.jp/united/3D/
       ※現在はアクセスできません

※1 3Dの視聴には、3Dテレビ(別売)とHDMIケーブル(別売)で接続し、専用の3Dメガネ(別売)が必要です。
※2 液晶テレビ〈ブラビア〉HX80Rシリーズ3機種
※3 「3Dスイングパノラマ」機能搭載機種:“α”『NEX-5』『NEX-3』『SLT-A55V』『SLT-A33』。“サイバーショット”『DSC-TX9』『DSC-WX5』。
※ PlayStation®3は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商品です。また“PlayStation”は同社の登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。


ページの先頭に戻る