ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2012年11月14日

業務用から民生用まで拡張性ある4K/HD高画質ビデオフォーマット「XAVC™」を開発

− フォーマットのライセンスプログラムも開始 −


 ソニーは、フルHDの4倍以上885万画素の高精細、高解像度で深みのある色再現性とスムーズな諧調表現を可能とする高画質4KとHD映像の新たなビデオフォーマット「XAVC™」を開発しました。
 XAVCは2013年2月から発売する新たな4Kカメラから採用します。ソニーはXAVCをオープンな技術フォーマットと定め、4Kコンテンツの普及拡大に向けて、映像制作メーカー各社へライセンスプログラムを展開します。業界各社は既にXAVCへの賛同を表明しており、ソニーは新フォーマットでの映像制作環境の構築も併せて推進していきます。

 XAVCは民生用AV機器へも採用していく新たな映像フォーマットです。業務用市場のみならず、今後、民生用製品においても4Kでの撮影、編集、視聴をサポートするフォーマットとなります。

 XAVCは、その特長として4K(4096×2160)60フレーム/秒までの高解像度の映像をMPEG-4 AVC/H.264の効率的な圧縮・伸張方式を採用することで、データ容量を一定レベルへ抑えながら高画質化しています。
 また8bitから12bitまでの映像サンプリング処理を施すことで、きめ細やかな諧調表現や高い色再現性を実現しています。

 4K(4096×2160)に加えてQFHD(3840×2160)、さらにHDの解像度にも対応しており、多様なコンテンツ制作に対応した柔軟な映像フォーマットです。ファイル形式は業界標準のMXFのため、既存の映像制作ワークフローを活用でき、効率的なコンテンツ制作も可能となっています。

 ソニーが2012年1月に発売を開始した4KカメラF65により、映画やCMなどハイエンドコンテンツ制作領域では活発に4K映像がグローバルな規模で制作されています。ソニーはXAVCとその対応製品を投入することや、他社製品への採用をオープンフォーマットとして推進することで、4Kによるコンテンツの制作環境をドキュメンタリーやドラマ、スポーツなどへも拡大していきます。XAVCは4KのみならずHDでの180コマ/秒のハイフレームレート撮影にも対応しています。

XAVC規格の主な仕様

・解像度: 4K (4096×2160/3840×2160)、フルHD、プロキシ
・圧縮方式: MPEG-4 AVC/H.264 ビデオ圧縮
・ビット数: 12ビット、10ビット、8ビット
・フレームレート: 60フレーム/秒まで(※ただし撮影では180フレーム/秒まで対応)
・カラーサンプリング方式: 4:4:4、4:2:2、4:2:0

※ソニーおよび各社の実装する商品仕様は異なります。
 XAVCへ賛同を表明しているメーカーは下記14社です。
 なおフォーマットブック(技術仕様書)やSDK(ソフトウェア開発キット)、ロゴの提供などによるライセンスプログラムは2012年11月中に開始する予定です。今後、賛同をいただける各社と共に4K製品の開発、製品化を推進するプログラムと位置付けています。

 ○オン・セット・デイリーズ(撮影現場での映像確認機器およびシステム):
 ASSIMILATE、Codex、Colorfront、FilmLight、MTI Film、YoYotta

 ○カラーグレーディング、コンポジット(編集工程での色調整やVFXとの合成)および編集:
 ASSIMILATE、FilmLight、Quantel

 ○ノンリニア編集:  
 Adobe® CS6 ® (Rovi Total Code Plug-in組み込み)、Avid、 Final Cut Pro X、Grass Valley、Quantel、Rovi、Sony Vegas™ Pro 12

 ○ソフトウェアコーデック:  
 Rovi MainConcept SDK

 ○コーデックボード:
 Matrox
◎XAVCフォーマット情報URL xavc-info.org

「XAVC」と「XAVC ロゴ」はソニー株式会社の商標です。

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333 (フリーダイヤル)
 
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00〜18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL
sony.jp/pro/

ページの先頭に戻る