ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年04月08日

【NAB Show 2013】「Beyond Definition」をテーマに新たな価値創造につなげる映像制作ソリューションを提案


 ソニーは、4月8日(月)~11日(木)に、米国・ラスベガスで開催される国際放送機器展“NAB (National Associations of Broadcasters) 2013”において、「Beyond Definition」をテーマに、新たな価値を創造する様々な映像制作ソリューションを展示します。
“Beyond Definition”には、これまでの枠組みを超えて映像ビジネスの可能性を追求するソニーのチャレンジを込めています。

 ブースの一般公開に先立ち、米国法人Sony Electronics Inc.が現地時間4月7日(日)に開催した報道関係者向け発表会において、主に以下の内容を紹介しました。
ソニーブースでは、急速に広がる4K映像の様々な活用、ITを活用して利便性を追求したシステムとサービス、さらに現在の映像ビジネスのコアであるHD商品群等を展示します。
●Workflow Innovation
 ソニーはXAVCをオープンな技術フォーマットと定め、4Kコンテンツの普及拡大に向けて、映像制作メーカー等へライセンスプログラムを提供してきました。これまでに業界約60社の企業と導入に向けた交渉を行っており、すでにライセンス契約をした企業を含め31社がフォーマットをサポートしています。
 この度、ソニーはXAVCビデオフォーマットをさらに多くのアプリケーションで活用されるように、既存の業務用XAVC Intraフレーム方式に加えて、Long GOP方式 (4K 4:2:0およびHD 4:2:2) を新たに追加します。
さらにコンスーマー向け機器での扱いやすさを考慮し、MP4ファイル形式を採用した高画質ビデオフォーマットXAVC Sを追加します。これにより、ソニーはXAVCフォーマットを映像制作から視聴において、業務用途からコンスーマー用途までトータルにカバーするビデオフォーマットと位置付けます。

詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。

●Shooting Innovation
 CineAltaカメラの最高峰、8KCMOSイメージセンサーを搭載したF65は、バージョン3.0のアップグレードキット(有償)により、0.7型有機ELビューファインダーDVF-EL100対応、SDI出力2系統の独立運用が可能となり、映画などの制作現場のご要望にお応えします。
 2013年2月に発売した、新開発4Kスーパー35mm CMOSイメージセンサー搭載したCineAltaカメラPMW-F55、PMW-F5は4月末時点で約2,000台の出荷を見込んでおり、全世界で映画・ドラマ・CM等のハイエンドコンテンツ制作に使用されています。
 また、4Kライブ制作や大判センサーの表現力を活かした番組中継が可能なシステムを開発しました。
カメラ部分としてPMW-F55と組み合わせてシステム運用を可能とするカメラシステムアダプターCA-4000、およびカメラコントロールユニットHDCU-2000と組み合わせて4Kリアルタイムでの細かな映像調整を可能とするベースバンドプロセッサーBPU-4000です。リモコンや、インターカムやリターン映像などのシステムインターフェースにHDCU-2000をそのまま活用できるので、既存のHDC-2000との混在運用はもちろん、HDシステムから、将来4K・大判制作への拡張も可能です。

●Viewing Innovation
業務用4 K有機ELモニターを開発および業務用HD有機ELモニターの刷新 <開発発表><新商品>
 プロフェッショナルの要求に応える忠実な映像信号を再現する56型と30型の4K有機ELモニター(56型:3840×2160ピクセル、30型:4096×2160ピクセル)を開発しました。2014年中に30型の4K有機ELモニターの発売を視野に入れ、開発しています。


 また、業務用HD有機ELモニターではパネル視野角を大幅に向上し、従来のモデルと比較して視野角による色の変化を半分以下に改善しました。このパネルを従来の17型と25型の計6モデルの業務用有機ELモニターに搭載し、ラインアップを刷新しました。 なお、ソニーの有機ELモニターは映像制作業界から高い支持を受け、累計出荷台数は20,000台を超えました。


詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。



  • <業務用4K有機ELモニター(開発中)>

  • <業務用HD有機ELモニター>

ITが変える映像制作ワークフロー

「オプティカルディスク・アーカイブ」システム拡大に向けて
 コンパクトなカートリッジに12枚の光ディスクを内蔵し、一つの大容量ストレージとしてファイルベースでデータを扱い、かつ拡張性の高い次世代アーカイブソリューションである、オプティカルディスク・アーカイブシステムの構築に向け、フランスのDalet Digital Media Systems社(以下、ダレット社)と戦略的提携に合意しました。
ソニーは、ダレット社のMAMソフトウェアDalet Media Lifeと自社のオプティカルディスク・アーカイブ商品群を統合してソリューションとして提供すると共に、今後、ニュースやスポーツ番組制作、メディア変換、ディザスタリカバリなどの領域へ幅広いアーカイブソリューションを共同開発します。また両社は、MAMアーカイブシステムを検討中の顧客に対して、ソリューション構築とコントラクトサービス(保守および運用サービス)の提供において協業し、顧客への最適なトータルソリューションを提供します。この協業はまず欧米からスタートしてその他地域に段階的に展開します。
※自然災害などで被害を受けたシステムの復旧・修復、そのために備える機器やシステム、体制のこと。


詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。


 また、ソニーは、オプティカルディスク・アーカイブの商品ラインアップも拡充します。
データ書き込み・読出し速度を従来商品比で約2倍に高速化したドライブユニットOSD-D77U/Fと、拡張型ライブラリーのマスターユニットODS-L30M、拡張用ユニットODS-L60E、ODS-L100Eを開発しました。
これらは2013年秋に商品化予定です。


IPライブ伝送システムNXL-IP55
 複数のHD映像信号、音声信号や各種制御信号を一本のネットワークケーブルで双方向ライブ伝送を行うNXL-IP55は、高画質・低遅延が評価され、放送局・制作会社のみならず文教・医療の分野でも導入が進んでいます。さらに使い勝手を高め、複数のNXL-IP55を集中管理できるソフトウェアIP Live Managerを発売します。
同一LAN上の複数の「NXL-IP55」のペアリングをあらかじめプリセットしておくことが可能で、伝送区間によってワンクリックでペアリングを切り替える事ができるほか、映像や音声信号を多地点(8箇所まで)でモニタリング出来る機能などを盛り込みました。


クラウドを用いて高画質映像制作向けに多様なサービスを提供する「メディアクラウド・サービス」
 映画などの高画質・高付加価値映像制作は、世界中で編集プロダクションや制作会社、クリエーターが参画し、国境を超えたプロジェクトとなっています。ソニーは、クラウドを用いたプラットフォーム、メディアクラウド・サービスを導入し、世界規模で進む映像制作を支援します。
ワークフローを可視化し、制作プロセスのスムーズな進行をサポートするとともに、お客様のご要望に基づいた様々なサービスを提供し、次世代の高画質映像制作を推進していきます。このサービスはまず欧米からスタートしてその他地域に段階的に展開します。

映像ビジネスを支えるHD製品群の革新

今日の映像ビジネスのコア技術であるHD製品群では、急速に変化するビジネス環境に柔軟に対応し、多様な活用ができる新製品の数々を展示します。
●番組制作
HD422 MPEG 50Mbps対応のXDCAMショルダーカムコーダー「PMW-400」<新商品>
 「PMW-400」は、HD422MPEG50Mbpsに対応しており、番組制作からスタジオカメラ用途まで、幅広く使える機能を備えており、一台でマルチユースが可能です。
また、現在開発中のワイヤレスアダプター(技術展示)と組み合わせることで、プロキシ記録やファイル転送、Wi-Fiでのビューイングやメタデータ入力などが可能となり、撮影現場での利便性向上を図っていきます。

詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。

●スポーツ、ライブ制作
1080 50P/60P対応製品を強化・拡充 <新商品>
 米国など海外では、スポーツ中継での1080:60p/50pへの関心も高まりつつあります。こうした1080:60p・50p制作を実現するために、小型マルチパーパスカメラHDC-P1用のソフトウエアオプションを2013年6月に、HDスーパーモーションカメラHDC-3300シリーズ向けのアップグレードキットを2013年9月に発売予定です。
 さらに、HDC-2500のシリーズの拡張として、海外ではまだ運用の多いトライアックスケーブルに対応したカメラシステムなどを展示します。
オールインワン型映像制作機器Anycast Touch(エニ—キャストタッチ)AWS-750<新商品>
 ライブ制作は、放送のみならず、企業・文教・エンタテインメントなど多くの分野があります。
Anycast Touchは、持ち運びできるコンパクトさと、複雑な機器の接続がいらないオールインワンシステム、タッチパネルでの簡単な操作性で、企業や文教あるいはイベントなどの映像制作において、簡便なオペレーションでの映像制作を実現します。
 ソニーは映像制作市場において、技術開発の強化と、既存の枠組みを超える発想で、イノベーションを生み出していきます。ソニーの放送業務用機器・システム、サービスは、新たな表現力の提案と高い効率性を追求し、「映像による感動」をお届けします。
このページの先頭へ