ヘッダーをスキップし、本文へ

ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年09月05日

スマートフォンなどからカメラをWi-Fi経由でリモート操作するアプリケーション開発用のAPIを公開


 ソニーは、モバイル機器のアプリケーション開発者向けに、ソニー製カメラをスマートフォンやタブレットからWi-Fi経由でリモート操作するAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)である「Camera Remote API beta」を、デベロッパーサイト「Camera Remote Apps Developer Program」*1にて、本日より公開します。
 本サイトでは、アプリケーション開発に必要となるAPI仕様書やサンプルコード、および関連ドキュメントをダウンロードできます。「Camera Remote API beta」を利用して開発されたアプリケーションによって、静止画および動画の撮影、スマートフォンやタブレット画面でのカメラのライブビュー表示、セルフタイマーやズームなどの操作が、Wi-Fi経由でスマートフォンなどから行えるようになります。


 「Camera Remote API beta」の対象となる機種は、ドイツ・ベルリンにて現地時間9月6日(金)から開催される世界最大級のコンスーマーエレクトロニクスショー IFA 2013に向けて発表した新商品を含む、以下の計8機種です。
 なお、対象機種は順次拡充していく予定です。


【対象機種】

  • アクションカム 『HDR-AS30V』『HDR-AS15』*2
  • ミュージックビデオレコーダー 『HDR-MV1』
  • デジタルスチルカメラ サイバーショット® 『DSC-QX100』『DSC-QX10』
  • レンズ交換式デジタル一眼カメラα® 『NEX-6』『NEX-5R』『NEX-5T』(PlayMemories Camera Apps™対応カメラ*3

【アプリケーション開発について】

  • 開発者の皆さまには、デベロッパーサイト「Camera Remote Apps Developer Program」上で公開するアプリケーション開発ガイドラインに沿い、API仕様書、関連ドキュメントを利用いただくことで開発いただけます。
  • 開発されたアプリケーションは、開発者の皆さまによってAndroidの場合はGoogle play、iOSの場合はApp Storeに公開、配信いただくことができます。

 ソニーは、「Camera Remote API beta」の公開および、開発にあたっての意見交換の場でもある「Camera Remote Apps Developer Program」を通じて、カメラとスマートフォンなどとの連携による新たな体験を創出し、撮る楽しみを広げていきます。


*1: 「Camera Remote Apps Developer Program」における技術サポートは、アメリカ合衆国および日本が対象となります。
(デベロッパーサイト「Camera Remote Apps Developer Program」の運営は、Sony Electronics, Inc.が行います)
*2: HDR-AS15は、最新の本体ソフトウェアアップデートをすることで「Camera Remote API beta」対応となります。
*3: PlayMemories Camera Apps対応カメラは、PlayMemories Camera Appsのサービス提供国において9月26日(現地時間)に配信予定の最新のスマートリモコンVer.2.00をインストールしていただくことにより、「Camera Remote API beta」対応となります。PlayMemories Camera Appsサービス提供国は、公式サイトをご覧ください。

※ α、サイバーショット、PlayMemories Camera Appsは、ソニー株式会社の商標です。
※ その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ
ページの先頭に戻る