ヘッダーをスキップし、本文へ

企業情報

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2013年11月13日

スポーツなどの4Kライブ中継向け 「4Kライブ制作ソリューション」の新商品群を発売

~4K映像を活用した、HD映像制作の新たな価値も提供~



  • 4Kライブカメラシステムシステム例「PMW-F55」「CA-4000」(左):
    「BPU-4000(上)」「HDCU-2000(下,既発売)」(右)

  • マルチポートAVストレージユニット
    「PWS-4400」
 ソニーは、既存のHD映像制作用機器やシステム、レンズなどの資産を活用しながら、4Kライブ制作ソリューションを実現する新商品群を発売します。

 4Kによる映像制作は、全世界で30作品以上の映画が制作されているのに加えて、シネアルタ4Kカメラ「PMW-F55」(既発売)と、4K映像を効率的に圧縮・伸長するビデオフォーマットXAVCの普及により、映画のみならず、番組やCM制作、ドキュメンタリーにまで広がっています。
 ソニーは、新たにスポーツなどの感動をライブでお届けするため、この「PMW-F55」を活用して、4K中継が可能な4Kライブカメラシステムと、HD/4K×4ch対応でXAVCフォーマット収録ができるマルチポートAVストレージユニット「PWS-4400」を中心とした、4Kライブサーバーシステムを発売します。
 また、スタジオサブや中継車などのHDライブ用途で、その多彩な演出や映像表現により高い評価を得ているマルチフォーマットプロダクションスイッチャー「MVS-8000X」「MVS-7000X」を4K対応機能へアップグレードするオプションソフトウエアも発売し、4Kライブ制作の効果的な運用を推進します。
  • HD/4K ライブステム概要図
 さらに、複数の4Kカメラでスポーツ競技などのフィールド全体を撮影し、そのどこからでもHD映像を切り出すことができる4Kスティッチングソフトウエア「PWA-4KS」や、切り出したHD映像に選手データ等※1のグラフィックを付加できるテレストレーターソフトウエア「PWA-TS1」もあわせて開発し、順次市場導入をすすめています※2
 これらのソフトウエアを組み合わせて使用すれば、 4K映像から、特定の選手や決定的瞬間などの任意の映像を、HD画質で切り出し、リプレイやハイライト再生を行ったり、選手データと連携して試合の解説や検証を行うことができます。

 ソニーは4K映像のパイオニアとして今後も技術開発を進め、4Kならではの映像の感動を提供します。

※1: 選手データは、米国STATS LLC社のSports VUシステムとの連携により提供されます。
※2: 2013年12月より、欧州・米国での展開を開始予定。日本国内での展開につきしては、現在検討中です。
システム/型名 発売日 メーカー希望小売価格
4Kライブカメラシステム
 カメラシステムアダプター「CA-4000」
 ベースバンドプロセッサーユニット「BPU-4000」
 
2013年12月
2013年12月
 
2,100,000円 (税抜 2,000,000円)
2,310,000円 (税抜 2,200,000円)
4Kライブサーバーシステム
 マルチポートAVストレージユニット「PWS-4400」
 増設メモリオプション(2TB)「PWSK-4401」
 USBコントロールデバイス「PWSK-4403」
 Production Control Software「PWA-PRC1」
 Media Gateway Software「PWA-MGW1」
 
2013年12月
 
9,450,000円 (税抜 9,000,000円)
1,575,000円 (税抜 1,500,000円)
630,000円 (税抜 600,000円)
1,260,000円 (税抜 1,200,000円)
1,260,000円 (税抜 1,200,000円)
マルチフォーマットプロダクションスイッチャー用
 4Kアップグレードソフトウエア
  BZS-8570X(MVS-8000X用)
  BZS-7570X(MVS-7000X用)
 4Kフォーマットコンバーターボード
  MKS-8460X : (MVS-8000X,7000X共通)
 
2014年1月
 
 
3,150,000円 (税抜 3,000,000円)
3,150,000円 (税抜 3,000,000円)
 
4,200,000円 (税抜 4,000,000円)

4Kライブカメラシステムの主な特長

 4Kライブカメラシステムは、4K制作のみならず、HD制作にも新しい映像表現を可能とするカメラシステムです。
構築する機器群は以下の通りです。
  • カメラシステムアダプター「CA-4000」
① カメラシステムアダプター「CA-4000」
「PMW-F55」に装着し、光複合ケーブルでベースバンドプロセッサーユニット「BPU-4000」と接続するアダプターです。
「CA-4000」には、システムカメラ用ビューファインダーのインターフェースや、インターカム、タリーランプを搭載しており、ライブ制作に欠かせない機能を網羅しています。
② ベースバンドプロセッサーユニット「BPU-4000」
「CA-4000」を経由して伝送される「PMW-F55」で撮影された4K映像の色調整などをリアルタイムに行う信号処理ユニットです。
カメラコントロールユニット「HDCU-2000/HDCU-2500」とリモートコントロールパネル「RCP-1501」を接続することにより、カメラヘッドへの電源供給や、インターカムやリターン映像、カメラの遠隔操作を可能とします。
スタジオカメラや中継カメラとして全世界の放送局、プロダクションで多くのお客様にご採用頂いているマルチフォーマットカメラHDCシリーズと同様のワークフローと色再現性を実現するため、4K制作への移行時やHDCカメラとの混在使用においても違和感のない運用が可能です。
4K映像から任意のHD映像を切り出して運用できるHDカットアウト機能(オプション)や、4倍速のHD高速撮影機能(オプション)も搭載しています。
③ レンズマウントアダプター「LA-FZB2」(2013年10月発売)
現在お持ちの2/3型HDズームレンズを「PMW-F55」に装着し、4K撮影を可能にするアダプターです。
また電動式光学フィルター(NDフィルター、CCフィルター)を内蔵しています。

4Kライブサーバーシステムの主な特長

 マルチポートAVストレージユニット「PWS-4400」を中心に、4K/HDライブ収録・スロー再生・ハイライト編集・マルチカメラ収録を可能とするシステムです。
① マルチポートAVストレージユニット「PWS-4400」
4K×4ch の入出力に対応、XAVCフォーマットでの収録が可能なマルチポートAVストレージユニットです。4Kのみならず、HDライブ制作においても「240pハイフレームレート」の収録・再生など、新しい映像表現をご提供します。
内蔵メモリーは2TBを標準搭載しており、HD(60i/100Mbps)で約24時間、4K(60p/600Mbps)で約5時間の収録が可能です。増設メモリオプション(2TB)「PWSK-4401」を使えば、最大8TBまでの拡張ができ、4K/60p/600Mbpsで約20時間の収録が可能となります。
② USBコントロールデバイス「PWSK-4403」
ライブ中継に必要な機能を搭載した、コントロールデバイスです。本コントローラーから、スローモーションリプレイ、クリップ管理、プレイリスト編集※3の操作が可能となります。

  • 「PWS-4400」

  • 「PWSK-4403」
③ Production Control Software「PWA-PRC1」
タッチパネルを使ってのオペレーションが可能な、コントロールソフトウエアです。GUIとしては「4分割モード」「クリップ管理モード」「PlayListモード※3」「CutOutモード※3」を、お客様の使用環境に合わせて選択いただくことができます。
④ Media Gateway Software「PWA-MGW1」
「PWS-4400」で収録されたファイルをリムーバブルメディア (オプティカルディスクアーカイブ・HDD・プロフェッショナルディスクなど※3)に対して転送するためのソフトウエアです。
リムーバブルメディアで持ち込まれた素材を「PWS-4400」本体に転送することも可能です。
また、ノンリニア編集サーバーに素材を転送する機能※3や本ソフトウェア上での素材プレビューも可能です。
※3: 将来のバージョンアップにて対応予定です。

マルチフォーマットプロダクションスイッチャー用4Kアップグレードソフトウエアの主な特長

 最上位機種「MVS-8000X」「MVS-7000X」の4K対応機能をアップグレードするためのオプションソフトウエアです。リアルタイムでの4K信号処理を行う際に、従来より多彩なエフェクトを加えたライブ制作が行えます。また、コンバーターボード「MKS-8460X」により、HD映像を4Kにアップコンバートできるようになります。

4Kスティッチングソフトウエア「PWA-4KS」 テレストレーターソフトウエア「PWA-TS1」について
 ※12月より、欧州・米国での展開を開始予定。日本国内での展開につきしては、現在検討中です。

 4Kスティッチングソフトウエア「PWA-4KS」は、2台の4Kカメラでフィールド全体を撮影し、その全景映像からどこでもHD映像を切り出すことができます。テレストレーターソフトウエア「PWA-TS1」を併せて使うことで、切り出したHD映像に選手データ等のグラフィックを付加でき、よりエンタテインメント性の高いスポーツライブ制作を行えます。
※選手データは、米国STATS LLC社のSports VUシステムとの連携により提供されます。

  • (左)4Kスティッチングソフトウエアでフィールド全景からHD映像を切り出し(イメージ)
    (右)フィールド全景撮影のカメラポジション例
テレストレーターソフトウエアで、映像に選手情報を付加(イメージ)
 

お客様からのお問い合わせ先


ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
TEL
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間
9:00~18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)
ソニー製品情報URL
sony.jp/pro/
ページの先頭に戻る