ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2015年02月03日

肌解析システム BeautyExplorer™の運用開始

~手のひらサイズの肌測定機で高機能・高性能を実現した美容業界への新提案~

ソニーは自社CMOSイメージセンサーを搭載した小型肌測定機と、画像処理技術を応用した解析アルゴリズムにより、肌のキメ・毛穴・シミ・色み・水分・油分などの肌状態を高精度かつ高速に測定・解析する、肌解析システムBeautyExplorer™(ビューティーエクスプローラー)を製品化しました。
ソニーはこの新製品と新開発クラウドソリューションを組み合わせ、エステティックサロンや美容サロン、化粧品メーカー、美容関連製品の販売店など、美容関連企業が精度の高い肌情報を顧客向けサービスとして提供できるよう、本年3月から運用を開始します。
本システムは、測定に用いる肌測定機と結果表示に用いる専用タブレットに、クラウド環境を基盤として肌の独自解析アルゴリズムを搭載する解析サーバーやアプリケーションなどを合わせて提供するもので、人々が美しく健やかな生活をサポートするソリューションを、美容業界に向けて提案します。

  • 肌測定機 Skin View Camera
  • 肌測定~解析~データ管理 SSKEP技術を核とした肌解析システム
    肌解析システム「BeautyExplorer」 システム概要
商品 発売予定 価格
肌解析システム「BeautyExplorer」 2015年3月中旬 月額 15,000~20,000円+税(見込み
(測定機器のリース、クラウドソリューション利用料金など)
※ ソリューションの提供内容により、価格は前後する場合があります。
従来、美容業界において精確な肌情報をもとに美容サービスを行いたいというニーズはあるものの、肌測定機器を利用するためには性能やサイズ、使いやすさ、価格等に大きなばらつきがあり、気軽に導入できないという課題がありました。また業務用肌測定機器は、一般的に高額で大型であるために設置場所の制限等により導入が難しく、操作方法が難しいことがありました。一方で、一般家庭向け肌測定機器では、小型かつ安価ではあるものの、美容業界の専門サービス用途として使用するには、測定項目や精度が不十分といった課題があります。
ソニーはこれらの課題を解決するため、手のひらサイズの小型化を実現した新開発の肌測定機Skin View Camera(スキンビューカメラ)と、設置場所を選ばないタブレット、見やすく使いやすい肌解析アプリ、そしてかねてから開発を進めてきた肌解析技術SSKEP™※1を応用した解析クラウドサーバーを組み合わせることにより、肌情報を精度高く測定し、客観的に肌の状態を解析でき、小型で場所を取らず使いやすい高いユーザビリティを持つ肌解析システムを実現しました。
ソニーはイメージセンサーを高画質な撮像など、主にカメラへ搭載してきましたが、新規事業領域として人の目に見えない情報までも取得する「センシング」分野へも展開をしていきます。今回の肌解析技術はセンシング分野に向けた新たな提案であり、今後、頭皮状態の解析などへの応用も期待されます。ソニーはこれらの技術とクラウド技術を組み合わせることにより人々が健やかで幸せに、より充実した生活を送れるようにサポートしていきます。

本システムの主な特長

BeautyExplorerでは肌測定機、アプリといったすべてのユーザーインターフェースにおいて直感的に操作しやすいデザインを追求し、使いやすいシステムを実現しました。

1. 直感的に使用できる手のひらサイズの肌測定機 Skin View Camera
肌測定機Skin View Camera(スキンビューカメラ)は、水分測定と肌撮影の2つの機能を1つの機器で対応できるオールインワン型でありながら、ソニー独自の設計技術に加え、タブレットとカメラを無線接続にすることにより、手のひらに収まる小型・軽量化を実現しました。測定部と本体がケーブル接続された形状の業務用機器では取り回しが難しかった個室など狭い空間での使用でも、配線に気を遣うことなく設置ができます。多くの機能を搭載しながらもエステティックサロンや化粧品カウンターなど高級感が求められる利用シーンにおいても違和感のない上質なデザインにこだわりました。

2. 結果を分かりやすく表示する肌解析アプリ Skin AnalyzerとSkin Viewer
専用タブレットに搭載された肌解析アプリSkin Analyzer(スキンアナライザー)は初めての人でも迷わず操作できるよう細部まで使いやすさにこだわったユーザーインターフェースを実装し、すべての画面において操作しやすいボタン類や精確な測定を補助する操作案内など多彩なガイド機能を搭載し、直感的な操作性を実現しました。カウンセリングにおいて最も重要な解析結果の画面では、多くの解析内容が一目で分かりやすく表示されるよう最適な配置を行っており、美容の実際の利用ケースを想定して使いやすさを追求しました。また、美容サロンなどに訪れ測定を受けた顧客に向けて、スマホ向けアプリSkin Viewer(スキンビューアー)を提供します。顧客の測定データはクラウドに蓄積されており、美容活動を行う顧客がこのアプリを使うことにより、本システムのビジネスパートナーの提供する美容サービスや製品等による効果とあわせ、客観的かつ定量的な解析結果のデータとして閲覧できます。Skin AnalyzerとSkin Viewerを利用することにより、パートナーと顧客の双方が肌状態を深く理解しながら美容サービスを進めることが可能となります。

  • Skin Analyzer 結果表示画面

  • スマホ向けアプリ Skin Viewer
3. 肌解析技術SSKEPと新規開発の光学モジュールによる高精度な解析
自社開発CMOSイメージセンサーと複数の波長光源を組み合わせた光学モジュールを新規に開発し、それらを最適に制御することにより、近紫外光から近赤外光の領域まで高感度な撮影を実現し、多様で高精度な測定を可能としました。肌解析においては、可視光が届く皮膚の表面に加えて、近赤外光でしか届かない皮下の情報を取得することが重要です。肌解析技術SSKEPでは、これら表面・皮下含めた複数の撮像データを基に、肌のキメ・毛穴・シミ・色み・油分、専用センサを用いた水分など、様々な肌状態の解析を行います。独自の解析アルゴリズムにより、画像解析技術と画像認識技術を応用した定量評価と、画素単位での成分分析を行い、解析結果のデータを色分布で表示するなど視覚的に分かりやすく表示します。その一例として、肌のキメにおいては、キメの大きさ、均一性、数量、方向などを分析することにより、肌のキメの状態を正確に評価します。さらに、皮膚に含まれるメラニン量や赤み量などを分析することにより、皮膚の表面や内部の目には見えない肌状態を可視化できます。
多彩な測定項目の肌解析結果表示画面
4. 進化する解析エンジン
肌解析技術SSKEPはクラウド上にて運用され、この活用により、従来の肌測定機器ではできなかった、最新のアルゴリズムによる解析精度の向上や、新たな解析項目の追加などで、SSKEP自体が進化していきます。高度なセンシング技術と組み合わせるにより、さまざまな肌状態の情報を、定量的かつ多角的な測定で解析します。
またアプリの最新版を常にクラウド経由にて配布することにより、パートナーからのフィードバックを踏まえた、より使いやすいユーザーインターフェースへも進化していきます。

主な仕様(Skin View Camera)

項目 仕様
本体消費電力 2.2W (連続プレビュー状態)
連続駆動時間 110分(連続プレビュー状態)
充電時間 2.6時間(電源オフ時)、5.0時間(電源オン時)
カメラ 有効画素数 1.3M ピクセル CMOSイメージセンサー
無線 対応規格 IEEE 802.11b/g/n
内蔵バッテリー DC 3.6V、容量4.5 Wh(1240mAh)
重量 115g
最大外形寸法 長さ:108 高さ:53 幅:38(mm)

※ BeautyExplorer、及びSSKEPはソニー株式会社の商標です。
※ 掲載画像は実際の製品とは異なる場合があります。
このページの先頭へ