ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年01月06日

CES 2016 出展について

リビングルームやアウトドアなどあらゆる生活シーンを豊かにする新商品を紹介


ソニーは、米国ネバダ州ラスベガスにて現地時間1月6日(水)より開催される「2016 International CES」(国際家電ショー)において、2016年発売予定の新商品群を紹介します。

現地時間1月5日(火)に行った記者会見では、ソニー株式会社 社長 兼 CEOの平井一夫が登壇し、「差異化された商品により日々の生活をさらに豊かにすること、リスクを恐れず新しいことにチャレンジして新たな価値を生みだすこと、そして商品を通してお客様がクリエイティビティを発揮する手助けとなること、がソニーの目指すところであり、これらを通じて今後もお客様に感動をもたらしていく」と述べました。また、Sony Electronics (SEL) プレジデント 兼 COOのマイケル・ファスーロが登壇し、画質とたたずまいにこだわり、リビングルームでの次世代の映像体験を実現した4Kブラビア®、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)や重低音などお客様の嗜好に合わせた音楽の楽しみ方をさらに広げるオーディオ商品、アウトドアシーンや重要なライフイベントを臨場感ある高精細な映像で手軽に残せるデジタルイメージング商品、生活空間に溶け込み新たなエンタテインメント体験をもたらすLife Space UX(ライフスペースユーエックス)の商品など、今年展開予定の商品を披露しました。

記者会見は、下記のURLからストリーミング視聴いただけます。

主な新商品、参考展示について

4Kブラビア

ソニーは、これまで培ってきた4Kテレビの高画質技術と、高輝度・高コントラストで色調豊かな映像を表現する最新技術として注目されているHDR(ハイダイナミックレンジ)技術を融合することで、臨場感あふれるリアルな映像表現をさらに追求していきます。今年より新たに、4K/HDRコンテンツの魅力を余すことなく表現できる4Kブラビアに「4K HDR」ロゴを冠し、次世代の映像体験を感動とともにお客様にわかりやすくお届けしてまいります。

  • ブラビア「X93Dシリーズ」
新商品として、4K/HDRコンテンツの魅力を引き出す新開発のソニー独自の薄型バックライト技術Slim Backlight Drive™を搭載した4K液晶テレビ ブラビア「X93Dシリーズ」を発表します。従来は、直下型LEDバックライトでしか実現できなかった格子状の高精度部分駆動をソニー独自のバックライトシステム構造で可能にしました。また、高コントラスト技術 X-tended Dynamic Range™ PROと広色域技術TRILUMINOS™ Displayを合わせることで、高輝度・高コントラスト性能と高い色再現性を実現。4K/HDRコンテンツの高画質化とデザインの薄型化を高度に両立。壁掛け時には、壁から映像だけが浮かび上がるような一体感を生み出します。さらに、見たいコンテンツに素早くアクセスできるソニー独自のUIや音声検索により、多様なコンテンツを直感的に楽しめる新たな視聴体験を提案します。
また、4K/HDRコンテンツの魅力を最大限に引き出すソニー独自の次世代技術として、超高輝度・高コントラストのBacklight Master Driveを参考展示します。今回展示する85インチのパネルは、多数の直下型LEDを高密度に実装することで、超多分割部分駆動を実現。X-tended Dynamic Range PROと組み合わせることにより、これまでにないダイナミックレンジの広さによって、映像の立体感と奥行き感が飛躍的に向上。最大4000nitsの超高ピーク輝度で鮮烈な光の輝きを表現すると同時に、引き締まった深い黒を緻密に表現し、あたかも目の前に存在するかのようなリアリティで描写します。

なお、プレスカンファレンスにおいて、ソニー・ピクチャーズホームエンタテインメントが米国で2016年に新しい4Kストリーミング配信サービス"ULTRA"を開始することを発表しました。HDRコンテンツを含むソニー・ピクチャーズの新作、旧作の映画やドラマを、ソニーの4Kブラビアで直接購入してお楽しみいただくことができるようになります。

オーディオ


  • 左から「h.ear go」「h.ear in Wireless」「h.ear on Wireless NC」
ハイレゾの高音質な音楽とともに、日常を色鮮やかに、またファッショナブルに変えるh.ear™ (ヒア)シリーズの新カテゴリーとして、モバイル性に富んだワイヤレススピーカー「h.ear go」と、ワイヤレスヘッドホン「h.ear on Wireless NC」、「h.ear in Wireless」を新たに展開します。高音質な音楽を家の中でも外出先でも、厳選したカラーの筐体でカラフルに、より手軽に、自由なスタイルでお楽しみいただけます。

  • ワイヤレススピーカー「SRS-XB2」
さらに、ハイレゾ商品ラインアップの拡充に加え、従来からご好評をいただいている重低音の量感を重視したEXTRA BASS(XB)シリーズのラインアップを拡充し、新たに、ヘッドホン「MDR-XB650BT」、ワイヤレススピーカー「SRS-XB3」、「SRS-XB2」、ハイパワーオーディオ「GTK-XB7」を展開。まるでクラブやフェスにいるような重低音の迫力を様々な場所やシーンでご体感いただけます。
また、ソニーのサウンドバーにワイヤレススピーカーを組み合わせることで※1、簡単にワイヤレスサラウンドが実現でき、臨場感あふれるホームシアターをお楽しみいただける機能も新たに追加します※2

h.earシリーズ、EXTRA BASS(XB)シリーズともに、アーティストの繊細な息づかいや迫力あふれるライブ空間の再現に至るまでこだわり、多様化するお客様の音楽スタイル、嗜好性に合わせた商品ラインアップを拡充してまいります。

  1. ※1:ワイヤレスサラウンド対象モデル:ホームシアターシステム「HT-NT5」「HT-CT790」「HT-XT2」、マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN1070」、ワイヤレススピーカー「h.ear go」「SRS-ZR7」「SRS- ZR5」
  2. ※2:2016年夏にソフトウェアアップデートにより対応予定。

デジタルイメージング


  • 4Kハンディカム
    「FDR-AX53」
4Kハンディカム「FDR-AX53」は、新開発の光学20倍ZEISS® レンズと画素サイズ約1.6倍※1の高感度イメージセンサー、またワイドからズームまで強力に手ブレを抑える空間光学手ブレ補正機能を搭載し、離れた場所からの撮影でも4Kにふさわしい高精細で高解像な描写を実現。さらに、新たに高速・高精度なフォーカスを実現するファストインテリジェントAFや、原音に近いクリアでステレオ感の高い録音を可能にする新マイク構造も採用し、画質と音質が飛躍的に進化しています。

  • HDハンディカム「HDR-CX675」
HDハンディカム「HDR-CX675」は、走りながらでも5軸方向でブレを補正するインテリジェントアクティブモードに対応した空間光学手ブレ補正機能や、ファストインテリジェントAFを新たに搭載。小型軽量モデル「HDR-CX455」も、ファストインテリジェントAFや5.1chマイクを搭載し、幅広いシーンで高画質な映像と音を残せます。

  • アクションカム「HDR-AS50R」
気軽に高画質な撮影が楽しめ、ブレ補正機能も搭載したアクションカム「HDR-AS50R」には、手元でカメラの電源操作も含めたフルコントロールや直観的な操作が可能になったライブビューリモコンを同梱。さらに、より幅広い映像表現を可能とする4Kタイムラプス撮影※2や、同梱ハウジングを用いた水深60mまでの水中撮影にも新たに対応。スポーツやレジャーにおいて手軽に印象的で高画質な撮影が楽しめます。
  1. ※1:現行機「FDR-AX33」との比較。
  2. ※2:本商品で一定間隔で連続撮影した静止画を、アクションカムムービークリエイター (ver. 5.1以上対応、2016年1月リリース予定) 等編集ソフトを用いてつなぎ合わせることで、タイムラプス動画としてお楽しみいただけます。

Life Space UX


  • ポータブル超短焦点プロジェクター

  • グラスサウンドスピーカー
空間そのものを活用して新たなエンタテインメントの体験を創出するLife Space UXにおいては、空間に溶け込み、電球ソケットに差し込むだけで家のどこでも音楽を楽しめる「LED電球スピーカー」を日本に続き米国でも2016年度上期に導入することを発表。

また、約10cm四方の小型サイズながらスピーカーとバッテリーを内蔵し、壁やテーブル面など、家の中のさまざまなところに、簡単に22~80インチの映像を投写できる「ポータブル超短焦点プロジェクター」および、インテリアに調和する温かみのあるあかりと、光源を覆う筒状の有機ガラスが全方向に音を広げ、透き通るような音と光で空間を満たす「グラスサウンドスピーカー」を日本では今春、米国では2016年度上期より発売します。
さらにソニーブースでは、センシング技術を活用したスポーツエンタテインメント領域の製品(Smart B-Trainer™、Smart Tennis Sensor)や美容ソリューションの製品(肌解析システム BeautyExplorer™)、および新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)から生まれた社内スタートアッププロジェクトの各種製品なども展示いたします。
このページの先頭へ