ヘッダーをスキップし、本文へ

ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年02月16日

小型サイズ(1/2.6型)で2250万画素を実現
業界初※1、ハイブリッドオートフォーカスと3軸電子手ブレ補正機能を内蔵した
積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™を商品化



  • 積層型CMOSイメージセンサーExmor RS 『IMX318』
ソニーは、カメラの高画質化および薄型化が進むスマートフォンなどに向けて、画質・機能の向上と併せて一層の小型化を可能にする、1/2.6型で有効画素数2250万画素の積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™(エクスモア アールエス) 『IMX318』を商品化しました。
本イメージセンサーは、最速0.03秒※2の高速ハイブリッドオートフォーカス(以下、AF)ならびに、動画向け3軸電子手ブレ補正機能を、業界で初めて※1内蔵しました。なお、量産出荷時期は、2016年5月を予定しています。

※1: ソニー調べ。2016年2月16日広報発表時点。
※2: 高照度環境(2000lux以上)において、センサー面からの被写体までの距離が2m⇒20cmに変化した際に合焦するまでの時間。

商品紹介ビデオ「ハイブリッドAFと3軸電子手ブレ補正機能の効果」

ハイブリッドAF動画

3軸電子手ブレ補正比較動画
型名 量産出荷時期(予定) サンプル価格(税抜)
型名 1/2.6型有効2250万画素
積層型CMOSイメージセンサー 『IMX318』
量産出荷時期(予定) 2016年5月 サンプル価格(税抜) 2,000円
*: イメージセンサーの有効画素規定方法に基づく
今回商品化した『IMX318』は、積層構造および業界最小の1.0μm(マイクロメートル)単位画素の採用により、薄型スマートフォンにも搭載可能な1/2.6型の小型サイズと、有効画素数2250万画素という業界最高クラスの高解像度を両立しました。本製品では、1.12μm単位画素を採用した1/2.4型の従来製品『IMX230』から更なる小型化・解像度向上を達成しながらも、従来品同等レベルの画質の維持を実現しています。加えて、高速ハイブリッドAFと動画向け3軸電子手ブレ補正機能というデジタルイメージングの最先端機能を、業界で初めて※1イメージセンサーに内蔵しました。本イメージセンサーを使うことにより、決定的瞬間を逃さずに高画質な写真を撮影でき、また、手ブレを気にせず高解像度動画の撮影も楽しめます。

主な特長

1. 業界最小1.0μm単位画素採用により、小型サイズ(1/2.6型)でも2250万画素の高解像度を実現
スマートフォンの薄型化が進むなか、イメージセンサーもさらなる小型化が進んでいます。ソニーは、小型サイズであっても高画質との両立を実現すべく、光の利用効率を高める製造技術と、画質劣化の原因となるノイズを低減する回路設計技術を駆使し、高画質な1.0μmの微細画素センサーを開発しました。
これにより、1/2.6型の小型光学サイズ、2250万画素の高解像度でありながら、高画質なイメージセンサーを実現しました。夜景撮影は光量が少なくノイズが出やすいためにスマートフォンに搭載される小型のカメラでは難しいとされていますが、本製品では美しく撮影することができます。

  • 従来商品『IMX230』(左図、単位画素1.12μm)と同等レベルの画質の維持を実現した『IMX318』(右図、単位画素1.0μm)
2. 業界初※1、最速0.03秒※2のハイブリッドAFと3軸電子手ブレ補正機能をイメージセンサーに内蔵
ハイブリッドAF
従来はアプリケーションプロセッサーとの組み合わせで実現していた、像面位相差AFとコントラストAFとの組み合わせによるハイブリッドAFを、業界で初めて※1積層型CMOSイメージセンサー内部の信号処理回路に内蔵しました。ソニーが長年培った高速AF技術により最速0.03秒※2(60fps動画時:最速0.017秒)の高速AFを実現し、狙った瞬間を逃さず、的確にピントが合った静止画・動画を撮影できます。

  • ハイブリッドAFの場合 速度0.03秒
    (AFピントが合うまで)
像面位相差AF: イメージセンサー画素の中に、離散的に埋め込まれた像面位相差画素を利用したAF。
コントラストAF: 被写体の明暗差(コントラスト)を利用したAF。

動画向け3軸電子手ブレ補正機能
ソニーのカメラ開発で培われた手ブレ補正技術を、積層型CMOSイメージセンサー内部の信号処理回路に業界で初めて※1内蔵しました。外部から入力された3軸(角度ブレ:ピッチ/ヨー、回転ブレ:ロール)ジャイロセンサー※3の信号を効果的に活用することにより、手ブレの少ない4K※4動画の撮影が可能となります。今回ソニーが独自開発した手ブレ補正機能は、手ブレ補正と同時にレンズの歪みを補正することができ、より美しい動画撮影が可能です。また、本イメージセンサー内部のハードウェアで処理することで、アプリケーションプロセッサーでソフトウェア処理する場合よりも、低消費電力で実現できます。
また、手ブレの少ない動画撮影が可能なため、本イメージセンサーは、スマートフォンだけでなく、ブレが生じやすい空中撮影用のドローンなどの製品への搭載にも適しています。

※3: 慣性で角度を検出する計測センサー。
※4: QFHD(3840×2160)

3.MIPI最新規格による高速通信で、4K動画やハイフレームレート撮影を実現
イメージセンサーの出力インターフェースとして、MIPI(Mobile Industry Processor Interface Alliance)の最新規格であるC-PHY1.0/D-PHY1.2インターフェースを採用することで、イメージセンサーからアプリケーションプロセッサーへの伝送が、従来に比べ高速かつ低消費電力で実現できます。これにより、2250万画素という高解像度でも全画素30fpsの伝送が可能になりました。例えば4K※4 30fpsの動画を撮影中でも、アプリケーションプロセッサーへ4K解像度を超える全画素で伝送ができているため、気に入ったシーンは2250万画素の静止画記録をすることも可能となり、高解像度の動画と静止画とのシームレスな撮影スタイルを実現します。

主な仕様

型名 IMX318
有効画素数 5488(H)×4112(V) 2250万画素
イメージサイズ Diagonal 6.858mm(Type 1/2.6)
ユニットセルサイズ 1.00μm(H)×1.00μm(V)
フレームレート Full 30fps
Movie
4K(3840×2160)
30fps
1080p
120fps
720p
240fps
感度(標準値F5.6) 61mV
センサー飽和信号量(最小値) 330mV
電源電圧 アナログ 2.8V
デジタル 1.05V
インターフェース 1.8V
主な機能 ハイブリッドAF、動画向け3軸電子手ブレ補正、HDRイメージング、レンズ解像度補正、白点補正、NR
出力 MIPI C-PHY1.0(3 trio) / D-PHY1.2(4lane)
画像フォーマット Bayer RAW
※: Exmor RSおよび Exmor RSロゴ は、ソニー株式会社の商標です。
このページの先頭へ
ページの先頭に戻る