ヘッダーをスキップし、本文へ

SONY Sony Corporation Global Headquarters

ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2016年12月07日

スマートフォンゲームの世界をさらに広げる新しい遊びの提案
「Project FIELD(プロジェクト フィールド)」を開発

第一弾コンテンツとして「妖怪ウォッチ」シリーズタイトルを発表


※:株式会社フォワードワークスが株式会社レベルファイブ、株式会社バンダイとの協業により開発するタイトルです。
写真:(上)「Project FIELD」専用パッド (下・左)タブレット接続時のカードと、パッドのイメージ、(下・右)プレイイメージ
ソニーは、スマートフォンやタブレットにつなげてカードゲーム体験をさらに豊かにする新しいプラットフォーム「Project FIELD」を開発中です。「Project FIELD」は “カード”と“パッド”と“ゲームアプリ”から構成されています。
ソニーは、「Project FIELD」の今後の商品化に向け、さらなる開発を進めてまいります。

「Project FIELD」は、専用パッドとスマートフォンをBluetoothで接続し、パッドの上に専用カードをのせることで、カードの種類や位置、向き、動きを読み取り、スマートフォン等にインストールしたゲームアプリ上へリアルタイムに反映する仕組みです。ゲームの進行やキャラクターの進化など様々な情報をカードへ書き込むこともできます。
例えば、対戦型ゲームでは、カードを様々な方向へスライドさせたり、向きを変えたりすることでスマートフォン上のキャラクターを自在に操作してゲームプレイをお楽しみいただけます。また、育成型ゲームでは、キャラクターの進化をカードに記録できるため、場所を変えてゲームを遊ぶ際もその進化した状態のキャラクターをゲームアプリ上に登場させることができます。このように、カードとゲームアプリが連動し、双方が進化や変化をするという新しいカードゲーム体験を実現します。
ゲーム開発者の皆様向けに、「Project FIELD」で実現するカードゲームの可能性を広げ、新しい遊びの提案を行っていただくため、専用のソフトウェア開発キット(Software Development Kit、以下SDK)の開発も進めており、準備が出来次第配布いたします。

なお、「Project FIELD」の立ち上げに向けては、エンタテインメントのノウハウを有する株式会社フォワードワークスと協業し、そのコンテンツの拡充を図っていきます。
コンテンツ第一弾は、株式会社フォワードワークスが、株式会社レベルファイブ・株式会社バンダイとの協業により「妖怪ウォッチ」シリーズタイトルを開発しています。

※:株式会社フォワードワークスについて
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、スマートデバイス市場に向けに新たなサービス事業を展開することを目的とし、2016年4月1日に設立した子会社(SIE 100%出資)。

主な特長

1.カードをパット上で操作して遊ぶ新しいカードゲーム体験
パッドはスマートフォンなどとBluetoothで接続して使用します。カードをパッドの上に置くと、スマートフォンの画面にキャラクターやアイテムなどが出現し、カードの移動や向きを変えることで自在に操作することができます。ゲーム開発者の皆様は、アイデア次第でゲーム内での様々なアクションや効果を表現できます。
  • 1 パッド上に置く 2 パッド上から外す 3 位置を変更する 4 前後左右斜めに動かす 5 横にする
2.カードの読み取りや書き込みが可能
カードにはICチップを内蔵しており、パッドに置いてカード内の情報を読み取ることはもちろん、カードへの書き込みにも対応しています。また、カードに紐づくルールや数値は、パッドにカードをのせると自動で判別、計算するので、プレーヤーは難しいルールを覚えることなく単純なカード操作によりゲームが楽しめます。またセキュリティ機能も備えており、カードの偽造などを防止します。
  • カードデータ読み込み:カードをのせると画面に映像・音声が出る カードデータ書き換え:経験値をためてキャラをレベルアップ!!
3.様々なゲームの種類に対応する2台接続
一台のスマートフォンに2台のパッドをつなげて遊ぶこともでき、複数人でのゲームプレイや多くのカードを必要とするゲームなど様々な楽しみ方にも対応可能です。

ゲームアプリ開発に専用SDKを準備中

Project FIELDは、簡単な操作でカードとスマートフォン側のゲームアプリの双方向性を活用した遊びを実現できる新しいプラットフォームであり、ゲームアプリ次第で様々なタイプの遊び方が想定できます。
開発者向けの専用SDKの開発を進めており、準備ができ次第提供していく予定です。
  • ファッション ソーイング クッキングなど ボードゲームやリズムゲームなど 対戦 アクション スポーツなど
様々なタイプの遊び方が想定できます。

※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ
ページの先頭に戻る