ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年01月13日

Smart Tennis Sensorを活用した「スマートテニスレッスン」スタート

スポーツクラブ大手の株式会社ルネサンスが展開するテニススクールにて今春導入開始


ソニー株式会社(ソニー)は、株式会社ルネサンス(ルネサンス)の協力のもと、テニスラケットに装着したソニーのSmart Tennis Sensor(※)から得られるショットデータと、カメラで撮影したプレイ映像を組み合わせることで、テニスのプレイを可視化、テニスの上達を支援する「スマートテニスレッスンシステム」を開発しました。このシステムは、2017年4月より、ルネサンスが運営する全国のテニススクールにて順次展開予定の「スマートテニスレッスン」を通じて実用化されます。

「スマートテニスレッスン」ではソニーが2014年5月に発売したラケット装着型センサーSmart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)を使用してショットのデータを計測し、加えてテニスコートのネットポスト上にカメラを設置し、プレイヤーの動きを映像でも記録します。計測されたショットのデータおよび撮影されたプレイ映像は、コートサイドに設置された閲覧用のタブレットや、お手持ちのスマートフォンで確認することができます。これにより、コーチはプレイヤーとより具体的に上達に向けた課題を共有することが可能となり、プレイヤーはコーチからのアドバイスと可視化された自分のプレイを比べることで、より効率的に上達に向けた練習を行うことができるようになります。「スマートテニスレッスン」で記録された映像およびショットデータやコーチからのアドバイスは、プレイヤーのスマートフォンからも繰り返し確認することができ、レッスン終了後の振り返りにも便利に活用いただけます。

(※)Smart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)『SSE-TN1S』
Smart Tennis Sensorは、専用アプリケーションと組み合わせて使用することで、プレイヤーのショットを即時分析し、スマートフォンやタブレット上にプレイデータを表示することができます。ラケット上でボールを捉えた位置やボールの回転、速度など、従来容易に可視化できなかったテニスのプレイ内容を、手軽に楽しみながら確認いただくことで、プレイの上達をサポートします。
  • スマートテニスレッスン オフコート:前回のレッスン内容を復習 オンコート:コーチとの打ち合い オンコート:映像とセンサーデータを待ち時間に確認 オンコート:データを基にしたコーチによる指導

「スマートテニスレッスン」の主な特長


  • ※UI画面は開発中で、変更になる可能性があります。
1.プレイバックシステム
コートに設置しているカメラで撮影した映像とラケットに取り付けたセンサーデータを、プレイ直後にタブレットで確認することで、自身のプレイを振り返ることができ、改善すべきポイントや、目標に対する進捗などをより具体的に理解することができます。

  • ※UI画面は開発中で、変更になる可能性があります。
2.マイカルテシステム
レッスンで蓄積したプレイデータ(映像、ショットデータ、コーチからのアドバイス)を、お手持ちのスマートフォンで確認することで、プレイヤーは自分の上達の過程や、各レッスンでの目標達成状況などを振り返ることができます。
3.レッスンレポートシステム
レッスンで取得したデータは、レッスン毎やプレイヤー毎にコーチにフィードバックされます。コーチはデータをもとに、各プレイヤーの上達状況を把握し、レッスンメニューの改善につなげることができます。
※記載されている商品名などはソニーおよび各社の登録商標あるいは商標です。
このページの先頭へ