ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年01月14日

ソニー株式会社 執行役(映画・音楽事業担当)、ソニー・エンタテインメントCEO マイケル・リントンの退任について

今後半年間かけてエンタテインメント事業の円滑な経営体制の移行を実施

ソニー株式会社は、映画・音楽事業の担当執行役であり、ソニー・エンタテインメントのCEOであるマイケル・リントンが、米国Snap Inc.の取締役会会長職に注力するため、2017年2月2日付で、ソニー株式会社の執行役を退任する旨を発表しました。但し、リントンは今後半年間、ソニー・エンタテインメント 共同CEO、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント CEO及びソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ CEOとしてソニーグループに残り、ソニー株式会社 社長 兼 CEOの
平井一夫と共に後任の人選に取り組みます。リントンの後任の人選は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの経営トップとなる人材の選定を優先して行っていきます。また、この半年間の移行期間中、平井はソニー・エンタテインメントの会長 兼 共同CEOにも就任し、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの本社がある米国カリフォルニア州カルバーシティに第2オフィスを構え、リントンと緊密に連携し、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー/ATVミュージックパブリッシングといったエンタテインメント事業各社及びソニー・コーポレーション・オブ・アメリカの経営の監督にも携わります。

リントンは、2004年にソニー・ピクチャーズエンタテインメント会長 兼 CEOとして入社して以来、13年間ソニーグループに在籍しました。その間、2012年にはソニー・エンタテインメントCEOに就任し、担当分野を映画事業に加えてソニー・ミュージックエンタテインメントやソニー/ATVミュージックパブリッシングといった音楽事業にも拡げました。2016年4月には、ソニー株式会社 執行役(映画・音楽事業担当)に就任。映画、テレビ、音楽産業における劇的な変化が起こった10年以上の期間にわたり、デジタルへのシフト、米国外市場の強化、コンテンツの多様化、新たな流通プラットフォームの創造に取り組み、エンタテインメント事業各社を率いてきました。

マイケル・リントンのコメント:
「13年間、ソニーそしてエンタテインメントの世界で才能と創造性にあふれた方々と共に働けたことを大変光栄に思っています。私は、Snapchatの初期の時代から創業者のエヴァン・スピーゲルと同社と関わってきており、今後の成長を考えると、今がSnap Inc.取締役会会長の職務に注力するタイミングだと判断しました。私はソニーの皆さんと一緒に遂行した全てのことに大きな誇りを持ち、この会社を卒業します。私たちが行った大きな変革と、ここ数年で作り上げた新しいエンタテインメント事業の経営チームが今後事業全体を強化していくと信じています。私は、ソニー株式会社、特に現CEOの
平井一夫、元CEOのハワード・ストリンガーの長年にわたるリーダーシップとサポート、そして優れたエンタテインメントコンテンツの制作と配信に献身してくれた映画・音楽の優れたチームのメンバーに感謝したいと思います。」
平井一夫のコメント:
「マイケル・リントンが長年に渡り強いリーダーシップと献身的な働きでソニーに貢献してくれたことに感謝したいと思います。エンタテインメント業界はこれまでにない激しい変革が起きており、リントンのエンタテインメントやメディア分野での豊富な経験と知見は、新しい事業環境の中で、進むべき方向性を見出していく上で非常に貴重でした。映画製作事業においては経営課題もあり、その再建には一定の時間を要すると認識していますが、リントンが近年エンタテインメント部門全般で実施した組織人事改革は、今後も音楽分野が好調を維持すること、また映画分野の収益改善と将来への成長に繋がるものと考えています。ソニーの未来にとって、エンタテインメント事業は不可欠な領域と考えており、リントンと共に経営体制の円滑な移行に取り組んでまいります。」
このページの先頭へ