ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2017年02月13日

デジタルシネマカメラCineAlta(シネアルタ)『F65』などでアカデミーの科学技術賞を受賞



  • CineAltaカメラ 『F65』
ソニーは、デジタルシネマカメラCineAlta(シネアルタ)『F65』および米国パナビジョン®社と共同開発したデジタルシネマカメラ『ジェネシス®』(パナビジョン社製)の開発が評価され、映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences:AMPAS)より2017年の科学技術賞を受賞しました。受賞式は、米国ロサンゼルスにて、現地時間の2017年2月11日夜に開催されました。

*“CineAlta”(シネアルタ)はソニーのデジタルシネマカメラ製品のブランドです。デジタルでの新たな映像表現の可能性を追求すべく、映画の“Cinema”とイタリア語の「最高」を意味する“Alta”を組み合わせて名づけられました。

CineAltaカメラ『F65』は、単板8KCMOSイメージセンサー(水平画素8K、総画素数約2000万画素※1)を搭載し、HDから4Kを超える制作まで、幅広い用途に活用できるデジタルシネマカメラです。スーパー35mmカメラとして業界最高※2の解像度を実現するとともに、レコーダーなど周辺機器との組み合わせにより、ファイルサイズを抑えて高画質を実現するRAW形式の記録が可能です。2012年1月の発売開始以来、映画・CM制作に代表されるハイエンド映像制作の現場において、クリエイターの創作意図に忠実に、クオリティーの高い映像表現を実現しています。
パナビジョン社と共同開発した『ジェネシス』は、スーパー35mm相当の1240万画素の単板カラーCCDを搭載しています。35mmフィルム用のレンズを直接装着して撮影できる先駆的なデジタルシネマカメラとして2005年の発表以来現在でも多くの映画撮影に使用されています。ソニーは主にCCDや画像処理技術の開発に携わりました。

映画芸術科学アカデミーは、『F65』の受賞理由として、「高画質のイメージセンサーを搭載し、優れたダイナミックレンジで4K映像を表現できること」や、「独自の画像処理技術やRAW記録の対応により、圧倒的な高画質を実現している」ことを挙げています。『ジェネシス』については、映画業界における制作用デジタルカメラの草分け的な存在として評価されました。

ソニー株式会社 執行役員ビジネスエグゼクティブ 大西俊彦のコメント

「ソニーの強みである高画質なイメージング技術、ソリューションの貢献が映画業界に認められことを心より光栄に存じます。パナビジョン社と共同開発した『ジェネシス』は、デジタルによる映画撮影用カメラの世界を切り拓き、ソニーが独自開発した『F65』は、撮影から上映に至る4Kデジタルワークフローの先鞭をつけ、コンテンツの4Kデジタル化を促進しました。」

ソニー株式会社 イメージング・プロダクション&ソリューションセクター プロフェッショナル・プロダクツ本部商品設計第二部門 部門長 須藤文彦のコメント

「『ジェネシス』は、フルHD解像度※3でフルRGBの大判CCDを最大50fpsで駆動でき、広色域、広いダイナミックレンジでの撮影に加えて、ソニー製VTR『SRW-1』で動きに効果を与える可変速記録を可能とし、当時の大変高い目標を達成しました。『F65』は、8K CMOSセンサーによりさらなる高感度・広ダイナミックレンジを実現しただけでなく、大容量のRAW画像をメモリーで可変速記録しコンピュータに取り込むといった、使いやすいワークフローも実現しました。両カメラとも長くプロの皆様に愛用頂いています。長年の技術への取り組みが高く評価されたことを大変嬉しく思います。」

ソニーは、1980年代にHDの開発を開始して以来、高画質技術の開発を継続し、映像制作業界をリードしてきました。映画制作においては、デジタルの新たな映像表現の可能性を切り拓き、2000年よりデジタルシネマカメラCineAltaを展開して、高画質映像と制作ワークフローの両面を追求しています。ソニーは、これからも、より高画質・高品位な映像制作を実現すべく、技術で映像表現の可能性を追求していきます。
  • ※1:有効画素数約1900万画素
  • ※2:2011年9月1日発表時点において。
  • ※3:1980×1080。

※記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ