ヘッダーをスキップし、本文へ

SONY Sony Corporation Global Headquarters



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1997年 7月 9日

新製品

新開発の高解像度18万ドット3型液晶モニターを搭載
パスポートサイズのデジタルビデオカメラ 発売
―赤外線で映像・音声をコードレス送信できる“LASER AVLINK”を採用―

Photo
3型液晶モニター搭載デジタルビデオカメラ
“液晶ハンディカム”『DCR−SC100』



 ソニーは、高画質で見やすい18万ドットの新開発3型プレシジョン液晶モニター(ポリシリコンTFT)を搭載し、コンパクトなパスポートサイズを実現したDV方式のデジタルビデオカメラ“液晶ハンディカム”『DCR−SC100』を発売します。
 本機は、小型メカデッキや小型レンズの採用により、3型液晶モニターを搭載してコンパクトなパスポートサイズを実現。高画質の液晶画面をみながら、旅行先や外出先で手軽にビデオ撮影や再生をお楽しみいただけます。
 また、赤外線によって映像・音声の伝送を行う“LASER AVLINK”を採用。カメラとテレビをケーブルで接続することなく、簡単コードレス再生を実現します。
 さらに、DV静止画キャプチャーボードを組み合わせて使用することで、撮影した静止画像をデジタル信号のままパソコンに取り込むことができる“DV端子”(IEEE1394準拠)や、長時間録画が可能な“LPモード”の他、分単位でのバッテリー残量表示が可能な“インフォリチウムバッテリー”への対応など、コンパクトなボディに多彩な機能が搭載されています。
型   名発 売 日価格(税別)当初月産
3型液晶モニター搭載デジタルビデオカメラ
“液晶ハンディカム”『DCR−SC100』
8月10日220,000円15,000台

 国内のビデオカメラ市場は、1995年に約123万台*1、1996年は約131万台*1と増加しており、1997年も約135万台*2と予測されます。この内デジタルビデオカメラは、1996年の約45万台*2から1997年には約80万台*2と拡大することが見込まれています。
     *1:日本電子機械工業会の統計による
     *2:ソニー調べ

 ソニーは、昨年春にスチルカメラのような感覚で撮影できる、横型パスポートサイズの8ミリビデオカメラ『CCD-SC55』を発売し、旅行や行楽などの用途で老若男女問わず幅広い方々にご好評いただき、本年6月には後継機種としてさらに機能を充実した『CCD-SC65』を発売しました。
 今回発売の『DCR−SC100』は、携帯性と見やすい液晶画面に加え、DV方式採用による高画質、DV端子搭載によるパソコンとの親和性をお求めのお客様にお勧めの商品です。昨年9月に発売した縦形パスポートサイズの『DCR-PC7』とあわせて、小型のデジタルビデオカメラとしても、お客様にお好みの形・デザインをお選びいただけます。
 当社は、本機の発売によりお客様の目的や用途によって選べるコンパクトサイズのビデオカメラの商品構成を拡充することで、旅行や行楽の用途などの需要を喚起し、ビデオカメラ市場の活性化を図ります。


●主な特長
1. 小型パスポートサイズ
小型メカデッキや小型レンズの採用により、3型液晶モニターを搭載してコンパクトなパスポートサイズを実現。大型液晶画面と小型化を両立した横型のデザインにより、スチルカメラのような感覚で撮影が行えます。

2. 新開発の18万ドット3型プレシジョン液晶モニター搭載
液晶モニターには新開発の18万ドット3型液晶パネル(ポリシリコンTFT)を採用し、高精細な画面で撮影・再生を行うことができます。また、上180度/下57度で角度を変えることができ、ハイアングルからローアングルまで自由なスタイルでの撮影等が行えます。

3. 赤外線伝送を可能にした“LASER AVLINK”
カメラ本体に内蔵された赤外線発光部から、別売の受光部に向けて映像・音声を送信。カメラとテレビを接続することなく簡単コードレス再生を実現。バッテリー持続時間の長時間化に伴い、ACアダプターを接続しないコードレスの状態で、手軽な長時間再生をお楽しみいただけます。

4. 静止画をデジタル信号のままパソコンに取り込める“DV端子”を装備
IEEE1394規格に準拠したDV端子を装備し、映像や音声を1本のDVケーブルで接続することができます。DV静止画キャプチャーボード(DVBK-W2000/DVBK-M2000)と組み合わせてデジタル信号のまま静止画をパソコンに取り込んだり、DV端子を装備した他のビデオ機器と接続して劣化のない編集・ダビングが行えます。

5. その他の主な機能
(1)カセットメモリーを利用して、再生時/撮影時のタイトルの挿入や、見たい場面の 検索(タイトルサーチ)ができる“インデックスタイトラー”
(2)1.5倍の長時間録画(最長90分)が可能な“LPモード”
(3)分単位での残量表示が可能な“インフォリチウムバッテリー”対応
(4)12ビット(4チャンネル)のPCMデジタル録音・再生に対応
(5)BGMやナレーションを追加できる“アフレコ機能”搭載(12ビット記録時)
(6)光学10倍(デジタル40倍)マッハズーム
(7)再生時にクリアフレーム処理を行い、ブレの少ない静止画再生が可能な“フォト撮影機能”
(8)“アクティブイメージエリア方式手振れ補正機能”を採用
(9)色ノイズと輝度ノイズを抑え、鮮明な画像で撮影できる“カメラノイズリダクション”


●主な仕様

規格DV方式(民生用デジタルVCR SD規格)
使用カセットミニDVカセット
映像記録方式デジタルコンポーネント記録
映像サンプリング周波数
/量子化ビット数
輝度信号 13.5MHz、8ビット
R-Y信号 3.375MHz、8ビット
B-Y信号 3.375MHz、8ビット
録音方式回転2ヘッド、12ビット 32kHz
手振れ補正方式アクティブイメージエリア方式
CCD撮像素子1/4インチ(総画素数46万/有効画素数29万)
レンズF 1.8〜2.9 f=4.2−42(35ミリ換算値f=48−480)
フィルター径特殊(ステップアップリング使用時37mm)
ズーム倍率光学10倍/デジタル40倍
シャッタースピード1/60〜1/4000(プログラムAE時)
最低被写体照度6ルクス
液晶モニター3型 18万ドット
バッテリーシステムリチウムイオン(インフォリチウム対応)
電源電圧ACアダプター8.4V バッテリーパック7.2V
消費電力5.4W(LCD撮影時)
最大外形寸法130×95×79mm(幅×高さ×奥行き) *最大突起部含む
本体質量約570g
撮影時質量約680g(NP-F530使用時)

●主な別売アクセサリー

・アクセサリーキット『ACC KIT-IF5』(8月10日発売) 価格25,500円
*キット内容:NP-F530、AC-V615、DK-415、IFT-R10、レシーバー用ACアダプター、ショルダーベルト、AVケーブル
・セミソフトケース『LCM-SC100』(8月10日発売) 価格4,700円
・スポーツパック『SPK-SC100』(8月10日発売) 価格24,800円
・リモコン機能付三脚『VCT-550RM』(8月10日発売) 価格7,000円
※ お客様からのお問い合わせ先 :
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京:03-5448-3311
名古屋:052-232-2611
大阪:06- 539-5111


ページの先頭に戻る