<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1999年 1月 7日

新製品

ハイエイトビデオテープに映像・音声のデジタル記録が可能
デジタルエイト方式を採用した“デジタルハンディカム”2機種 発売

〜アナログ記録の8ミリビデオテープの再生を実現〜


Photo
2.5型液晶モニター搭載 デジタルビデオカメラレコーダー『DCR-TRV110K』(左)
3.5型液晶モニター搭載 デジタルビデオカメラレコーダー『DCR-TRV310K』(右)



 ソニーは、現行のハイエイトビデオテープ(以下ハイエイトテープ)に「民生用デジタルVCR仕様」(以下DV方式)と同等の高画質・高音質でデジタル記録が可能な、新方式“Digital8(デジタルエイト)”に準拠したビデオカメラ『DCR-TRV310K』『DCR-TRV110K』 2機種を発売します。
 両機は、お求めやすい価格のハイエイトテープに映像・音声をデジタルで記録することで、高画質・高音質での撮影が可能です。また、スタンダード8ミリ/ハイエイト方式でアナログ記録したテープも再生ができ、過去に8ミリビデオテープ(以下8ミリテープ)またはハイエイトテープで撮影した映像の再生機としてもご使用いただけます。

型 名発売日価格(税別)当初月産
3.5型液晶モニター搭載
デジタルビデオカメラレコーダー『DCR-TRV310K』
3月1日185,000円10,000台
2.5型液晶モニター搭載
デジタルビデオカメラレコーダー『DCR-TRV110K』
148,000円5,000台


 今回発売するデジタルエイト方式に準拠したビデオカメラ2機種は、現行のハイエイトテープに水平解像度約500本の高画質で記録できると同時に、アナログビデオの約3倍の色帯域を持つ広帯域な映像信号を輝度信号(Y信号)と色差信号(R-Y/B-Y)に分けて記録するデジタルコンポーネント方式を用いることで、DV方式と同等の鮮明で色にじみの少ない高画質を実現します。音声記録方式には、16ビット/48kHzモードと12ビット/32kHzモードの「PCMデジタルステレオ」を採用。臨場感あるダイナミックなステレオ音声の記録・再生を実現します。
 また、新たに開発した8ミリビデオ再生/デジタルエイト録再対応ヘッド、回転数可変ドラムの搭載や、高周波数信号への対応などにより、デジタルエイト方式で記録したテープの再生はもちろん、スタンダード8ミリ/ハイエイト方式で記録したテープも再生が可能(*1)。過去に撮影したスタンダード8ミリ/ハイエイトテープの映像の再生機としてもご使用いただけます。さらに本体には、i.LINK(DV端子)を搭載。デジタル機器と接続し、デジタルエイト方式で記録した映像・音声の編集・ダビングをしたり、パソコンに取り込んで編集・加工することが可能です。
 なお、両機は、低消費電力設計を図り、10時間の長時間連続撮影(*2)を可能にしています。また、高画質のまま迫力のある映像を撮影できる光学20倍の高倍率ズームや、コードレス再生が可能なLASER AVLINK、多彩な映像表現を実現するデジタルエフェクトなどの機能も搭載しています。

*1:再生時(デジタルエイト機器使用時)の画質について
ハイエイトテープ(デジタルエイト方式記録)→ 水平解像度500本のクオリティで再生
ハイエイトテープ(ハイエイト方式記録)→ハイエイトのクオリティで再生
ハイエイトテープ(スタンダード8ミリ方式記録)→スタンダード8ミリのクオリティで再生
スタンダード8ミリテープ(スタンダード8ミリ方式記録)→スタンダード8ミリのクオリティで再生

*2:別売のバッテリー『NP-F950』を使用し、液晶モニターOFF,ビューファインダーON時



●主な特長

1. デジタルエイト方式の採用による高画質デジタル記録を実現(2機種共通)
お求めやすいハイエイトテープにデジタル記録を実現。水平解像度約500本の 高画質撮影が可能です。
  *スタンダード8ミリテープの場合は、記録に使用した機器以外で再生するとモザイク状のノイズが 現れることがありますので、記録用にはハイエイトテープのご利用をお勧めします。

2. 高画質68万画素CCD&新アクティブイメージエリア方式手振れ補正機能(DCR-TRV310Kのみ)
“1/4インチ68万画素”(有効画素34万)を搭載。ブレの少ない安定した撮影を可能にする“新アクティブイメージエリア方式手振れ補正機能”を搭載。

3. 臨場感のある高音質録音が可能な「PCMデジタルステレオ」(2機種共通)
音声記録方式には16ビット/48kHzモードと、12ビット/32kHzモードの「PCMデジタルステレオ」を採用。臨場感あるダイナミックなステレオ音声の記録・再生を実現します。
*本機はアフレコ機能は搭載しておりません。


4. スタンダード8ミリ/ハイエイトテープコレクションの再生を実現(2機種共通)
新開発の8ミリビデオ再生/デジタルエイト録再対応ヘッド、回転数可変ドラムの搭載や、高周波数信号への対応などにより、デジタルエイト方式で記録したテープの再生はもちろん、スタンダード8ミリ/ハイエイト方式で記録したテープも再生が可能。過去に撮影したスタンダード8ミリ/ハイエイトテープの再生機としてもご使用いただけます。

5. i.LINK(DV端子)によるデジタル機器 /パソコンとのリンク(2機種共通)
本体にi.LINK(DV端子)を搭載。デジタルエイト方式で記録したテープの映像・音声をi. LINK(DV端子)からデジタル出力することができ、デジタル機器と接続してダビングをしたり、パソコンに取り込んで編集・加工することが可能です。

6. スタミナ連続撮影10時間(2機種共通)
別売バッテリー『NP-F950』を用いた場合には、10時間の連続撮影が可能です。
*90分以上撮影するには、テープ交換が必要
連続撮影時間の目安【( )内は、実撮影時間】
  NP-F950使用 NP-F750使用NP-F550使用NP-F330
(付属)使用
DCR-TRV310K
VF撮影時
液晶撮影時
 
650分(370分)
475分(275分)
 
425分(240分)
305分(175分)
 
205分(115分)
145分(80分)
 
100分(55分)
75分(40分)
DCR-TRV110K
VF撮影時
液晶撮影時
 
650分(370分)
570分(330分)
 
425分(240分)
375分(215分)
 
205分(115分)
185分(105分)
 
100分(55分)
90分(50分)
*連続撮影時間及び実撮影時間はEIAJ測定方法に基づく


7. 光学20倍/デジタル80倍の高倍率ズーム(2機種共通)
迫力ある映像の撮影を可能にする光学20倍(デジタル80倍)の高倍率ズーム。

8. 暗やみの中でも撮影が行なえるNightShot(2機種共通)
NightShotをオンにした場合、赤外線をCCDが感知します。「寝室での子供の寝顔」や「夜行性動物の生態観察」など、暗い場所での被写体を撮影することができます。
また、本体に+(プラス)スローシャッターボタンを装備。 NightShot1、 NightShot2と2段階の切り替えにより、暗やみの中でも、被写体をより明るく撮影することができます。

9. 電源アクセサリー付属(2機種共通)
2機種ともに、リチャージャブルバッテリーパック(NP-F330)とACアダプター(AC-L10A)の電源アクセサリーを付属。ご購入後、すぐにご使用いただけます。

10. その他の主な特長(2機種共通)
(1)独立フォトボタンを装備し、簡単に静止画像の撮影が行なえるフォト撮影機能
(2)簡単コードレス再生のLASER AVLINKを搭載
(3)分単位でのバッテリー残量表示が可能な“インフォリチウムバッテリー”対応
(4)アナログ映像も、デジタルで保存可能なアナログ入力端子装備
(5)映像表現を広げる多彩なエフェクト(デジタルエフェクト/ピクチャーエフェクト/フェーダー)の搭載
(6)充電中に撮影可能時間を本体の液晶表示窓に表示するレックタイムインジケーターを搭載


●主な別売アクセサリー

・リチャージャブルバッテリーパック『NP-F950』価格18,000円
 “インフォリチウム”Lシリーズ 7.2V/32.4Wh
『NP-F750』価格12,000円
 “インフォリチウム”Lシリーズ 7.2V/21.6Wh
『NP-F550』価格7,500円
 “インフォリチウム”Lシリーズ 7.2V/10.8Wh
・AVコードレスIRレシーバー 『IFT-R10』 価格8,000円
・ACチャージャー 『AC-V700』 価格10,000円
<インフォリチウムバッテリーとのデータ通信により急速充電を実現。高容量バッテリー『NP-F950』が225/165分*(『NP-F750』は170/110分*、『NP-F550』は115/55分*)で充電できます。また、充電状況も液晶パネルで表示します。>
*満(100%)充電/実用(90%)充電の時間
・テレビチューナーユニット『TGV-D8』 価格20,000円 3月10日発売
・ビデオIRライト『HVL-IRH』(NightShot対応) 価格10,000円 ビデオライトとIRライトの一台二役
・高倍率テレコンバージョンレンズキット(×10.0)『VCL-FS2K』 価格110,000円 3月10日発売
・リモコン三脚『VCT-970RM』(ボールレベラー式/フォトモード対応)価格35,000円 3月10日発売
・リモコン三脚『VCT-870RM』(エレベーター式/フォトモード対応) 価格15,000円 3月10日発売
・ソフトケース『LCS-TRF3』価格4,700円
・スポーツパック『SPK-TRV2』価格37,000円 水深2m
・マリンパック『MPK-TRV3』価格235,000円 水深75m
・レインジャケット『LCR-TRX3』価格3,500円
・i.LINKケーブル(DVケーブル)『VMC-IL4415』(1.5m) 価格4,500円
『VMC-IL4435』(3.5m) 価格8,000円



●2機種の主な仕様

 DCR-TRV310KDCR-TRV110K
映像記録方式 回転2ヘッドヘリカルスキャンデジタルコンポーネント方式
(デジタルエイト)
映像サンプリング周波数
/量子化ビット数
輝度信号:13.5MHz,8ビット
R-Y信号:3.375MHz,8ビット
B-Y信号:3.375MHz,8ビット
音声記録方式PCMデジタル記録
音声サンプリング周波数
/量子化ビット数
48kHzモード/16ビット
32kHzモード/12ビット
手振れ補正方式新アクティブイメージエリア方式アクティブイメージエリア方式
CCD撮像素子
(総画素/有効画素)
1/4インチ(68万/34万)1/4インチ(46万/29万)
レンズF1.4_2.9 f3.6_72mm
(35mm換算値f=46_920mm)
F1.4_2.9 f3.6_72mm
(35mm換算値f=41_820mm)
ズーム倍率光学20倍/デジタル80倍
シャッタースピード1/4_1/4000(プログラムAE時)
最低被写体照度7ルクス5ルクス
ビューファインダーカラー(11.3万ドット)白黒
液晶モニター3.5型 10.5万ドット2.5型 6.1万ドット
バッテリーシステムリチウムイオン(インフォリチウム対応)
電源電圧ACアダプター 8.4V
バッテリーパック7.2V
消費電力3.1W(VF撮影時)
4.2W(LCD撮影時)
3.1W(VF撮影時)
3.5W(LCD撮影時)
最大外形寸法
(幅×高さ×奥行き)
108×106×195mm101×107×217mm
本体質量約960g約890g
撮影時質量約1.1kg約1.0kg


※ お客様からのお問い合わせ先:
テクニカルインフォメーションセンター
TEL:0574-28-8088(DCR-TRV310Kについて)
TEL:0564-63-1177(DCR-TRV110Kについて)
ソニー(株)お客様ご相談センター
東京:03-5448-3311
名古屋:052-232-2611
大阪:06-6539-5111