ヘッダーをスキップし、本文へ

CSR・環境・社会貢献

コンテンツメニュー



国際森林年である2011年、ソニーは、WWF ジャパンが行っているインドネシア・スマトラ島の森林保全活動の支援をスタートいたしました。


スマトラ島の熱帯林は世界でもまれにみる豊かな生物多様性を誇る地域です。かつて、島全体を覆っていたスマトラ島の熱帯林は、過去30年あまりの間に急激に減少し、その森林及び、絶滅の危機に瀕しているものも含め、多種多様な動植物の緊急的な保全が必要といわれています。また、国立公園内での土地の占拠や、森林の伐採などによる生息地の減少で、野生生物がすみかを失い、新たな問題も引き起こしています。

森林破壊の原因の一つとなっているのが紙の原料となるアカシアなどの植林やパームオイル(アブラヤシ)をとるためのプランテーション(大規模農園)開発のために自然の森が伐採されることです。スマトラ産の紙やパームオイルは世界中に輸出され、日本も、海外からのコピー用紙の多くをインドネシアから輸入しています。
大切な森林資源からつくられる紙。ソニーでは、その重要性を認識し、企業内で事業所の環境配慮評価プログラムGreenStar Programの項目に含めるなど、紙の適切な使用を推進しています。企業内での自主的な活動と合わせて、ソニーは社会貢献活動の一環として貴重な森を回復させるための植林支援や「エレファント・パトロール」支援などの保全活動と現地の状況を伝えるためのコミュニケーション活動を行います。

ソニーが守る、スマトラ島・世界遺産の森「ブキ・バリサン・セラタン国立公園」

  • インドネシア・スマトラ島

    WWFジャパン提供

スマトラ島の南端に位置します。生物多様性の宝庫で、「スマトラの熱帯雨林」としてユネスコの世界自然遺産にも指定されています。

ブキ・バリサン・セラタン国立公園には多種多様な動植物が生息し、絶滅の危機に瀕しているラフレシアや、スマトラ島の固有種である、スマトラサイ、スマトラゾウやスマトラトラなどの貴重な生息地にもなっています。


ソニーが支援している主な活動

ソニーは、WWFがスマトラ島のブキ・バリサン・セラタン国立公園で行っている森林保全活動を始めとした現地での活動を支援、ならびにソニー製品を寄贈し、広くこの問題を知っていただくためのコミュニケーション活動や現地での調査で活用していただいています。


・植林活動

  • 世界遺産の森、ブキ・バリサン・セラタン国立公園での植林活動をサポートしています。


・「エレファント・パトロール」活動

  • 土地の占拠など国立公園内の違法行為を取り締まったり、野生動物が国立公園周辺に暮らす人々の居住地に近づかないようにするための、ゾウによるパトロール活動、「エレファント・パトロール」をサポートしています。


・ソニー製品の活用

  • 現地の状況や保全活動の様子を広く伝えるため、ソニーのデジタルビデオカメラ“ハンディカム”、デジタル一眼カメラ“α”、デジタルカメラ“サイバーショット”、デジタル録画双眼鏡などの撮影機材や、編集機材としてPC“VAIO”などを寄贈し、現地で活用していただいております。



  • また、デジタルスチルカメラのGPS機能を活用した野生動物に関しての行動データ収集や、デジタル録画双眼鏡で野生動物を観察しながら高精細記録、資料とするなど科学的な調査でも活躍しています。


迷子の子ゾウ“トミィ”

トミィは、2009年7月、WWFのパトロール隊が森の中をパトロール中に発見された子ゾウです。当初は、何とか森へ返そうとしましたが、当時まだ親離れもしていなかった小さな子ゾウが単独で野生に戻り、生き抜くことは難しく、最終的には、「エレファント・パトロール」で保護することになりました。
今では、パトロール隊の一員のようになって、他の4頭のゾウとゾウ使い、国立公園のレンジャーらと共に暮らしています。
将来、立派に成長したトミィが森の中で、安全に暮らしていけるよう、この世界遺産の森の保全を続けていきます。


リーフレットダウンロード

リーフレットの印刷方法

スマトラ島の世界遺産の森を守る活動をご支援ください。

−お客様のソニーポイントでご参加いただけます−

ソニーグループ共通のポイントプログラム「ソニーポイント」を使うと、スマトラ島森林保全プロジェクトに1ポイントから(1ポイント=1円換算)寄付ができます。 1000ポイントで1本の木が植林されます。

スマトラ島の風景

スマトラ島の森林減少の状況

東南アジアのスマトラ島は、日本の面積の約1.25倍にもなる、世界で6番目に大きな島です。かつて島全体を覆っていた熱帯林が、急激に失われています。とりわけ、過去30年間の減少が著しく、島に広がる低地の熱帯林は、今のまま伐採が進んだ場合、近い将来に消滅すると危惧されています。



WWFに関して
人類が自然と調和して生きられる未来を目指し、約100カ国で活動している環境保全団体です。


© 1986 Panda symbol WWF ®“WWF” is WWF Registered Trademark





コンテンツメニューをスキップし、フッターへ
ページの先頭に戻る