ヘッダーをスキップし、本文へ

これまでの活動記録

草の中をアオダイショウが進む写真
栃木県鹿沼市

トカゲ、カエル
アオダイショウ!

[ 2015.05.17 ]

ソニーストレージメディア・アンド・デバイス(SSMD)鹿沼サイトでは2014年から「生きもの観察会」を実施しています。大人も子供も夢中になって自然にふれあえると好評で、2015年はソニーエナジー・デバイス(SEND)鹿沼事業所との合同開催となりました。

トカゲを捕まえた、勇気ある男子 花の中で、ハナムグリが食事中

会場となる栃木県下都賀郡の「とちぎわんぱく公園」に集まったソニー社員とその家族は42人。観察会が始まると、開始早々から「いたいた!」「こっちにもいた!」など、わぉ!な歓声が聞こえてきました。参加者たちは、生きものの写真を撮ったり、生きものの様子を観察したりすることに夢中でした。観察会終了後には、木陰のベンチでお弁当をおいしくいただき、無事に終了。生きもの観察を通して、自然の大切さ、生物多様性の重要性を感じることができました。

ここで参加者のわぉ!を紹介。短時間ではありましたが、参加者それぞれの驚きと発見が沢山ありました。

"開始早々、アスファルトの上を横切るトカゲを発見!お父さんが捕まえ、息子に持たせると息子は微動だにせず、固まっていましたが…初めての体験で、わぉ!"

"少し離れて、もしくは遠くから見ると綺麗なバラ、近くで観察すると花びらのほぼ一つ一つに、「ハナムグリ」が食事中! 虫の多さと、ちょっとした気持ち悪さに、わぉ!"

"花の中を観察中に、ハナムグリを発見かと思いきや、愛らしいアマガエルが!こんなところにもいるんですねぇ〜っと、思わず、わぉ!"

"いきもの観察中の参加者の目の前を、にょろにょろと横切る生物が!いきなりのアオダイショウの登場に、大人も子供もびっくりの わぉ!"

SSMD鹿沼サイトとSEND鹿沼事業所は、これからも協力して、生物多様性保全活動を推進していきます。

DATA
[ 生きもの観察会 ]
■開催日:
2015年5月17日(日)
■開催場所:
栃木県下都賀郡の「とちぎわんぱく公園」
■参加人数:
42人
■主催:
ソニーストレージメディア・アンド・デバイス(株)鹿沼サイト、ソニーエナジー・デバイス(株)鹿沼事業所
鹿沼市の生きもの観察会の集合写真
ページの先頭に戻る