ヘッダーをスキップし、本文へ

これまでの活動記録

会社の緑地で子どもが自然観察している様子の写真
神奈川県厚木市

会社の緑地に
こんな生態系が!

[ 2015.08.21 ]

2015年8月、ソニー(株)厚木テクノロジーセンター(厚木TEC)では社員と家族が参加して「わぉ!わぉ!夏の自然観察会」を開催。夏休みもそろそろ終わりに近づくなか、まだまだ元気いっぱいの子どもたちが、お父さんお母さんの会社を訪れ、生物多様性を体感しました。

腐葉土の中を、みんなで観察 抜け殻から、セミの種類を見分ける方法も学びました

厚木TECでは以前より、敷地内の緑地で生物多様性の保全活動を行ってきました。その成果もあり、観察会では会社の緑地とは思えないほどたくさんの生きものにあふれていることを目の当たりにし、まさにわぉ!な体験の連続でした。
まず2年間熟成した腐葉土の中を覗いてみると、ヤスデやオカダンゴムシ、ミミズやコガネムシの幼虫など、たくさんの地中生物がいて、わぉ! この生きものたちのお蔭で栄養満点の腐葉土ができるんだと実感しました。

つぎに草むらを見てみると、ショウリョウバッタ、アゲハチョウやトンボ、イチモンジセセリなど、かわいらしい昆虫もたくさんいて、わぉ! 手入れされていないように見える草むらも、生きものたちが豊かに暮らしていました。さらに、木にはセミの抜け殻がいっぱい。なかにはキウイフルーツの上で羽化したセミもいて、わぉ!上空を見上げるとスズメやシジュウカラ、オナガなど野鳥もたくさんいて、わぉ! 今年も社員が設置した巣箱からシジュウカラが巣立ったそうです。

今回の観察会では、自然観察指導員さんの案内のもと、子どもも大人も生きものの不思議にたくさん触れることができて大満足でした。子どもたちの夏休みの自由研究もこれでばっちりのはず(?)です。

DATA
わぉ!わぉ!夏の自然観察会 ]
■開催日:
2015年8月21日(金)
■開催場所:
ソニー(株)厚木テクノロジーセンター
■参加人数:
26人
■主催:
ソニー(株)厚木テクノロジーセンター
■協力:
神奈川県自然観察指導員連絡会(グリーンタフ)
厚木市でのわぉ!わぉ!夏の自然観察会の集合写真
ページの先頭に戻る