これまでの活動記録

バードウォッチング
東京都品川区

オフィス街で
バードウォッチング

[ 2016.05.20 ]

自然観察指導員の方が野鳥観察のポイントをレクチャー 木の茂みにとまっていたワカケホンセイインコ

2016年5月、ソニー(株)と(株)明電舎は東京都大崎駅近くの居木(いるぎ)神社で「朝から観察会(朝かん)〜バードウオッチング〜」を開催しました。朝かんとは、ソニー(株)と(株)明電舎が社員を対象に共同開催している「わぉ!わぉ!観察会」のことで、大崎のオフィス緑地で出勤前の早朝に開催しています。

今回はオフィスビル近くの居木神社まで歩き、野鳥を観察しました。シジュウカラ、スズメ、ツバメ、ヒヨドリ、ハシブトカラス、ハクセキレイ、メジロなど、オフィスの緑地でもたくさんの野鳥がいることにビックリ!参加した皆さんは、双眼鏡の使い方を自然観察指導員の方から教わりながら、野鳥観察に夢中になっていました。

さらに、木の茂みの中に、緑色の美しい鳥がとまっているのを発見した際には、「わぉ〜!感動した〜!」という歓声があがる場面も。この緑色の鳥はインコの仲間(ワカケホンセイインコ)で、ペットが野生化し増えた外来種であることを知りました。また、鳥の種類によって飛び方や餌の取り方などが違うことに加え、たとえば、シジュウカラは1年間で12万匹以上の虫を食べるなど、鳥の生態についても自然観察指導員のみなさんから教えてもらいました。

DATA
[ 朝から観察会 (朝かん)〜バードウオッチング〜 ]
■開催日:
2016年5月20日(金)
■開催場所:
ソニー大崎オフィス/Think Park(明電舎オフィス)の緑地、居木神社
■参加人数:
33名(ソニー(株)、および(株)明電舎の社員)
■主催:
ソニー(株)、(株)明電舎
■協力:
(公財)日本自然保護協会、自然観察指導員東京連絡会(NACOT)
集合写真