ヘッダーをスキップし、本文へ

CSR・環境・社会貢献

コンテンツメニュー
人材の育成と職場づくり:常に最先端の技術開発に取り組み、世の中に新しいライフスタイルを提供し続けるために「個性」に富んだ人材を採用 「多様性」の中で切磋琢磨しながら、一人一人が持つ能力を伸ばし最大限に発揮するための機会と環境を提供しています

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョンサイトへ移動しますダイバーシティとは、人種、国籍、宗教、信条、障がい、性別、年齢、出身地、性的指向および価値観、働き方などの特徴の多様性及び多様性を尊重する活動を意味します。
ダイバーシティ(=多様性)を尊重し、お互いを受容することで、社員一人ひとりの能力が最大限に発揮されイノベーションにつながります。多様性を尊重した組織風土づくりを進めることで、お客様への価値創造に貢献することが、ソニーが目指すダイバーシティ&インクルージョンです。

採用

これまでも、ソニーはそれぞれが持つ経験や価値観を尊重し、様々な個性を受け入れ、国内外から多様な人材を採用してきました。地域や事業を超えて幅広く活躍できる人材を獲得するため、国・文化・人種・性別の差異や障がいの有無にかかわらず、一人一人の持ち味を尊重した採用を行っています。

社員の育成・登用

ソニーでは、グローバルリーダーの育成、技術者の育成とともに、社員自らがキャリアの形成を行うサポートをしています。また、女性社員のキャリア支援、障がい者の雇用、働く環境の整備も推進しています。

働く環境については、各国・地域の慣習や法律を踏まえたうえでの「ワーク・ライフ・バランス」に向けた柔軟な勤務制度・環境の整備、および育児・介護の両立支援のための制度を導入し、社員に広く活用されています。

社員参加の社会貢献

ソニーでは、社員ボランティア制度などを通じて社員の社会貢献活動への参加を促進しています。2011年3月に発生した東日本大震災においては、ソニーグループとして義援金、製品や物資の提供、社員募金などを行ったほか、社員のボランティア派遣、仙台テクノロジーセンターの社員による近隣地域支援、ソニー仙台FC(サッカーチーム)によるサッカーを通じた復興支援などを行ってきました。

この他の社会貢献活動、社員参画、ボランティアのための諸制度は下記のサイトで詳細をご案内しております。

このページの先頭へ
ページの先頭に戻る