Feature Design "Sountina"NSA-PF1
[ 2008.6.26 up ]

スピーカーの概念を変える、一本の"洗練"

有機ガラス管のトゥイーターが奏でる、無指向性のサウンド。360度、空間全体を音で満たすような音場とともに、洗練されたフォルムで話題となっているのが、スピーカーシステム"サウンティーナ"「NSA-PF1」です。その独創的なテクノロジーを前に、デザイナーは何を考え、どう造形に昇華させたのか。ソニーデザインのあり方を示す好例が、またひとつ誕生しました。

松岡 文弥氏
松岡 文弥
ソニー(株)
クリエイティブセンター
チーフアートディレクター
柘植 隆弘氏
柘植 隆弘
ソニー(株)
クリエイティブセンター
シニアプロデューサー
久保田 泉氏
久保田 泉
ソニー(株)
クリエイティブセンター
係長
粟辻 聡氏
粟辻 聡
ソニー(株)
クリエイティブセンター
インフォメーションデザインマネジャー

新しいリスニングスタイルへのブレークスルー

松岡 文弥氏

松岡:はじめて「NSA-PF1」の"原型"を目にしたときの驚きは、いまだに忘れることができません。あれは2年以上も前、技術者たちによる開発成果のプレゼンテーションに臨席したときのことです。会議室に入ってみると、部屋の真ん中に透明なガラスの円筒が立っていて、どこからともなく澄んだ鳥のさえずりが聞こえてきました。そのガラス管こそ、後の「NSA-PF1」のトゥイーターでした。普通、トゥイーターは音の指向性や定位感を決定づけるものです。ところが、目の前にあるガラス管は、一周してみても、360度同じように音が耳に届いてきます。試しに壁ぎわまで離れてみましたが、音圧の変化もほとんど感じられません。まるで空間がすみずみまで音で満たされているような、実に不思議な体験でした。

そのとき、「これこそ、新しいリスニングスタイルを生み出すブレークスルーだ。」と直感したんです。というのも、当時、私はアメリカに赴任しており、現地のスタッフたちとオーディオの新しいあり方を模索していました。一般に2チャンネルのオーディオの場合、音質にこだわればスピーカーの前に縛りつけられるし、多くの人が同時に楽しむには無理があります。リスニングポジションが限られていますからね。そうではなく、音の周りに人々の集いを創出できないか。ちょうどキャンプファイアで人々が炎を囲んで集うように。そんな自由で柔軟なリスニングスタイルが、私たちの答えだったんです。

私の目の前にあるガラス管は、そのイメージをまさに具現化してくれるもの。期待しないわけにはいきません。やがて日本へ帰任となり、開発が進んだ「NSA-PF1」のデザインとサウンドに触れたとき、想像以上のものに仕上げられていて本当にうれしいと思いました。

斬新なフォルムには、理由がある

Feature Design "Sountina"NSA-PF1

柘植:私も、最初に"音を奏でるガラス管"を目にしたとき、非常に大きな可能性を感じました。これまでのスピーカーは、磁気コイルで振動板を鳴らすもの。クルマのタイヤと同じで、はじめて世に登場して以来、何十年も基本的なあり方が変わっていない、変えることができなかったものです。その常識を超えたテクノロジーが目の前にあるのですから、何とか世に送り出したいと思うのは当然でしょう。同じ想いを抱いた技術開発、実設計、商品企画などの担当者が早い段階から一丸となり、製品化を果たそうと動きはじめました。

プロダクトデザインにあたっては、実際に私が音を聞きながら作業を進めました。有機ガラス管のトゥイーターは、耳の位置にあると本来の特性や指向性がなく、自然でクリアな音をもっともよく発揮できます。そこで、有機ガラス管の高さを確保するため、下部に本体を配置しました。本体にはコーン型のミッドレンジスピーカーとウーファー、アンプを搭載。一本の「NSA-PF1」に、3ウェイ・アクティブスピーカーとしての機能を完備させています。

両者を結ぶ4本の柱には、有機ガラス管を振動させる加振器が内蔵されています。独自の素子が収縮し、力強く、レスポンスよくトゥイーターを鳴らします。エネルギー感があり、音のデリケートなニュアンスまで再生する分解能の高いサウンド。それを実現させるための要素。すべてを合理的に基本構成へと反映させようと試みました。

|1|23