SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

Feature Design "Cyber-shot"DSC-W300
Feature Design "Cyber-shot"DSC-W300

ソニーだけが生み出せる、チタンコートの装い

石井:本体の素材は、軽量かつ剛性の高いステンレスです。さらに表面にはチタンコートを施してあります。このチタンコートは設計者が「ぜひ使いたい」と提案してきたもの。驚くほど高い表面硬度を実現できるのですが、そのままではとても指紋が付きやすいという欠点がありました。

高木:チタンコートの断面を拡大すると、実は微細な凹凸があります。その窪んだ部分に指の脂などが付着すると、拭いてもなかなか落ちなくなってしまうんです。そこで、DSC-W300では透明な耐指紋コートで凹部を適度に埋め、この問題を解決しています。言葉で説明するのは簡単ですが、これが大変なノウハウの産物なんですよ。単純に樹脂をかぶせるだけでは、そこにキズがついて、チタンコートを施す意味がなくなってしまいますからね。このコート技術は、私もこのモデル以外ではちょっと目にした例がありません。

石井:また、本体の色も、設計が頑張ってくれたところです。チタンコートは、狙った通りの色を出しにくいんですよ。チタンコートの見本は、ボロボロの装甲車の甲板のようで、「とてもじゃないが採用できない」と思ったほどでした。それを設計者は「絶対に何とかする」という。結果はご覧のとおりで、DSC-W300は青黒いチタンコートとより青みがかったジルコニアがよく調和しています。手にした方には、ぜひこの異素材の色合いのコラボレーションを楽しんでほしいですね。

求めたのは、堅牢感と繊細さの融合

高木 紀明氏

高木: チタンコートと耐指紋コートのおかげでキズや汚れに強い外装ができました。しかし、困ったことに、この筐体では文字やアイコンなども通常の印刷ではすぐにはがれてしまうんですよ。だから、本体上の文字はすべてレーザー印刷で焼き付けています。

SonyとCyber-shotのロゴはダイヤモンドカットです。ただでさえ硬いステンレスの上にチタンコートされたものを研磨するわけですから、カッターの刃はたまったものじゃありません。最初のトライでは、通常なら800枚は削れなければいけない刃が、5枚ももたなかったといいます。これも、設計者が非常に苦労して実現できた部分ですね。

レンズの鏡筒のエッジや、コンバージョンレンズを装着するためのバヨネットマウントにも、ダイヤカットを施してあります。正面から見ると、石井がイメージした本格的なカメラの顔つき。その中に、華やかさやエレガントなニュアンスをバランスよく盛り込もうと検討した結果です。多くの方に気軽に手にしてほしいWシリーズですから、女性の繊細な指先にも似合わないと(笑)。

1|2|3