イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

マシンビジョンカメラ

ソフトウェア開発キット(SDK)

GigE Vision

XC-SDK2017 ver.2.00.01b 【2017年6月リリース】NEW社名変更に伴うソフトウェア
使用許諾契約書差し替え対応版

本ソフトは、GigE Visionカメラをご使用いただくお客様のために用意したソフトウェアです。
GenICam APIを使用したカメラコントロールを使用してカメラを制御します。
インストールする際には旧SDK(ZCL-SDK, XC-SDK)のアンインストールが必要です。
インストール前に、開発キット説明とインストール方法をご確認ください。

ソフトウェア開発キットの説明/インストール方法の説明

IEEE1394/GigE Vision

ZCL-SDK2014 ver.2.14.00【2017年6月リリース】NEW

本ソフトは、ドライバーの修正を行った最新版です。
IEEE1394 / GigE Visionカメラをご使用いただくお客様のために用意した共通ソフトウェアです。
インストールの前に、開発キット説明とインストールの方法をご確認ください。

ソフトウェア開発キットの説明/インストール方法の説明

カメラコントロールソフトウェア

[ご注意]
これらのソフトウェアは製品の動作確認を目的としております。製品の動作確認以外の目的でのご使用(ソフトウェアの解析行為を含みます)はおやめください。また、コントロールソフトのカスタマイズやソースコードの開示などのサポートはしておりません。
コントロールソフトに関し、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)は何らの保証をいたしません。コントロールソフトのご使用によりお客様のハードウェアまたはソフトウェアの不具合、データの消失、その他いかなる損害が生じた場合であってもソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)は一切責任を負いかねます。

以上のご注意にご同意いただけるお客様のみ、お持ちの製品に対応するコントロールソフトウェアを、製品1台につき1部のみダウンロードしてご使用いただけます。

ZIP Camera Link(XCL-SGシリーズ/CGシリーズ/Cシリーズ/Sシリーズ)ver.XC12Ctrl.1522/ ZIP:348KB 【2017年6月リリース】NEW

お客様の使用するCamera Linkボードが仮想COMポートに対応しているボードであれば、XCL-SGシリーズ/Cシリーズ / Sシリーズ カメラを制御することが可能となるソフトウェアです。
本ソフトウェアはMicrosoft Visual Studio 2010で開発されております。

■インストール方法
ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードしたファイルを解凍します。
実行した際に、「mfc100.dllが無い」というエラーが表示された場合、Microsoft Visual C++ 2010 再領布可能パッケージを、PCにインストールしてください。