SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

アクティベーション手順書手順書の詳細はこちら

偏光カメラSDK XPL-SDKW

アクティベーションの手順

準備

・XPL-SDKWを購入し、購入コード(購入キー)を入手します。
・購入方法につきましては、弊社特約店にお問い合わせください。

【ご注意】
本SDKを動作させるためには、 XC-SDK2020 (x64) (無償)の事前インストールが必要です。
ダウンロードはこちら
※ダウンロードには、会員登録が必要です。 

SDKをダウンロード

・弊社ウェブサイトより、偏光カメラSDK XPL-SDKW (以下SDK) をダウンロードします。
・ダウンロードはこちら

SERIAL ID(機器固有ID)を取得

・SDKをお客様のPCにインストールします。この時点でSDKは保護されています。
・SDKに同梱されているSERIAL ID(機器固有ID)取得ツール“XPLLicenseIDTool”を使用し、SERIAL ID(機器固有ID)を取得します。
・SDKをご使用になるPC毎にSERIAL ID(機器固有ID)が必要です。

ライセンスファイルを入手

・弊社ULMSウェブサイトに購入コード(購入キー)とSERIAL ID(機器固有ID)を入力し、PC毎のライセンスファイルを入手します。
・ULMSウェブサイトでは、ユーザー登録およびログインが必要です。
https://ulms.sony.net/

SDKアクティベーション

ライセンスファイルをPCにコピーし、SDKをアクティベートします。
・準備完了です!

※PCを変更した場合は、ライセンスの再発行が必要です。詳しい手続きについては、弊社特約店にお問い合わせください。

キーワード

購入コード(購入キー):
ライセンスファイルを入手するために必要な、有償のコードです。
SDK:
各偏光機能を使うためのソフトウェアです。ダウンロード自体はどなたでも可能ですが、
アクティベーションのためにはライセンスファイルが必要です。
SERIAL ID(機器固有ID):
ユーザーの各PCを識別する固有IDです。
ライセンスファイル:
SDKをアクティベートする為に必要なコードです。
ライセンスファイルは弊社ULMSウェブサイトに購入コードとSERIAL ID(機器固有ID)を入力することで入手できます。

戻る