SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

偏光カメラソフトウェア開発キットの説明/インストール方法について

偏光カメラソフトウェア開発キット光カメラソフトウェア開発キット

「XPL-SDKLJ 偏光カメラ ソフトウェア開発キット」は偏光マシンビジョンカメラXCG-CPシリーズからの映像を受け取り、その偏光処理後の映像を出力するためのNVIDIA Jetson向けソフトウェア開発キットです。

動作環境

対象機器
NVIDIA Jetson TX2 series
NVIDIA Jetson AGX Xavier series
対象カメラ
XCG-CP510/CL

事前準備

本SDKを動作させるためにはネットワーク上にLinux向け偏光カメラが接続されている必要があります。
また、以下のソフトウェアがインストールされている必要があります。本SDKを使う前に対象のソフトウェアが利用できるか、確認してください。
・GCC 7.4.0
・CUDA 10
・OpenCV 4.1
NVIDIA社からJetson開発環境としてNVIDIA JetPackが提供されており、上記のソフトウェアはNVIDIA JetPack 4.3に含まれています。また、本SDKはNVIDIA JetPack 4.3で動作確認を行っています。
NVIDIA JetPackはNVIDIAのWebサイトからダウンロードしてください。

インストール手順については、ダウンロードファイルの中にある 『XPL-SDKLJ 偏光カメラ ソフトウェア開発キット (SDK)取扱説明書』をご参照ください。

ダウンロードへ進む(ソフト使用許諾契約へ進む)