イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

Camera Link | マシンビジョンカメラ

Camera Link

VGA/SXGA/2.8/5/5.1/9Mega

Cマウント 白黒モデル カラーモデル RAWカラーモデル Cubicサイズ スタンダードサイズ

通信ロスのない
堅牢なシステム構成に適した
カメラリンクシリーズ

Camera Link

シェーディング補正、温度読み出し、欠陥補正などソニー独自のユニークな機能を搭載したCamera Linkインターフェースカメラ。グローバルシャッターCMOSセンサー搭載モデルも加わり、9Megaまでの16モデルのラインアップが充実。
PoCL出力に対応しているので、より多くのアプリケーションへの展開が可能です。
※近赤外領域対応モデルあり

特長:GS CMOS搭載モデル

開発者・商品企画担当者インタビュー
      対応機種
画質改善 ワイドダイナッミクレンジ コントラストが強いシーンにおける階調が失われている明部や暗部の階調を復元 XCL-SG510
XCL-SG510C
フレーム演算 最大16枚の映像を加算し平均化する機能
S/N改善、フリッカー状態のキャンセルに有効
エリア露光 有効画素領域と任意の16個の矩形領域に対して、2通りの露光時間設定が可能
エリアゲイン 任意の最大16か所に対して0倍から32倍までの個別のゲイン設定が可能 XCL-SG1240
XCL-SG1240C
XCL-SG510
XCL-SG510C
XCL-CG510
XCL-CG510C
欠陥補正 出荷後発生する後発白欠陥、高低温時や長秒露光時に増加する白欠陥、黒欠陥を補正
シェーディング補正 光源の向きやレンズ収差影響による明るさのムラを補正し、フラットな状態にする機能
Look up Tabel(LUT) 入力信号をさまざまな出力に変換
3x3フィルター 3×3画素のマトリックス演算を行い、輪郭抽出などの処理を加えた画像出力が可能
画像最適化 イメージフリップ 画像の上下反転、左右反転、180度回転を設定
ユーザーセット 16パターンのカメラ設定の保存が可能
起動時パターンを選択可能
ビニング 縦横2ピクセル単位でのビニングに対応し画角を変えずにフレームレートの増加と感度が向上 XCL-SG1240
XCL-SG510
XCL-CG510
画抽出 マルチROI 最大有効撮像領域から任意の8か所(最大)の矩形領域を含んだ映像の読み出しが可能 XCL-SG510
XCL-SG510C
部分読み出し 最大有効撮像領域から1ヶ所の矩形領域の読み出しが可能 XCL-SG1240
XCL-SG1240C
XCL-SG510
XCL-SG510C
XCL-CG510
XCL-CG510C
フレームレート変化 部分読み出し時のHEIGHTによって最速フレームレートが変化
ビニング機能の組み合わせ可能
トリガー トリガーレイテンシー トリガー信号入力から露光開始までの時間短縮
トリガーレンジ制限 トリガー信号ラインの外乱ノイズなどを除去するノイズフィルター
トリガー ハードウェアトリガー、ソフトウェアトリガーに対応
バルクトリガー あらかじめユーザーセット(最大16)の設定を覚えさせておき、トリガーに対してユニークな動作をさせる機能 XCL-SG510
XCL-SG510C
XCL-CG510
XCL-CG510C
シーケンシャルトリガー トリガーを入れるたびに順次ユーザーセットを呼び出して駆動するモード
バーストトリガー 露光回数、露光間隔、露光時間を指定し、トリガーのタイミングを起点として連続して撮影を行う機能 XCL-SG1240
XCL-SG1240C
XCL-SG510
XCL-SG510C
XCL-CG510
XCL-CG510C
その他 温度読み出し カメラ内部の温度を読み出す機能
パルス出力 外部機器のPWMコントロールを想定し、任意のクロック周波数を出力できる機能
近赤外領域高感度 波長帯域に感度があるカメラでの撮影により暗視下の環境での画像取得が可能 XCL-SG1240
XCL-SG510
XCL-CG510