イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

GigE Vision | マシンビジョンカメラ

GigE Vision

VGA/SXGA/1.6/2.4/5/5.1Mega

Cマウント 白黒モデル カラーモデル RAWカラーモデル Cubicサイズ スタンダードサイズ

複数カメラの接続が可能

GigE Vision

GigE Vision規格に準拠し、非圧縮のままLANケーブルを使用し高効率で伝送することが可能です。マシンビジョン用途のほか、駐車場の入出庫管理や車のナンバー識別といったセキュリティ用途にも適しています。
グローバルシャッターCMOSセンサー搭載モデルも加わり、ラインアップが充実しました。高信頼性かつ、高速、高感度のニーズにお応えします。
※近赤外領域対応モデルあり

Cubicシリーズ、XCG-CGシリーズ

グローバルシャッターCMOSセンサーを搭載したPoE対応GigE Visionインターフェースのデジタルカメラの新シリーズです。
5.1Mega, 2.4Mega, 1.6Megaの画サイズで、それぞれ白黒、カラーモデルの6モデルをランアップしました。
XCG-Cシリーズと同一寸法のため、置き換えもスムーズです。
マシンビジョンなど画像処理で求められる、高信頼性かつ、高速、高感度のニーズにお応えします。

CCD 搭載モデル

Cubicシリーズ、XCG-Cシリーズ

GigE Visionインターフェースを搭載し、PoE入力とDC12V入力に対応するXCG-Cシリーズは、ソニー独自機能をはじめ多彩な機能をキュービックサイズのコンパクトな筐体におさめた新シリーズです。
フレームレートを低速に設定するモードにより、消費電力を約20%抑え発熱を低減することができます。組み込み装置の動作・処理精度の信頼性の向上が期待できます。

高画素モデル

1000Base-Tインターフェースを採用し、5Megaの画サイズで白黒モデル、カラーモデルをラインアップしマシンビジョンからセキュリティ用途まで幅広いニーズにお応えします。

主な仕様一覧 シリーズ製品 機能比較表

GS CMOS 搭載モデル

モデル 白黒/
カラー
センサー
サイズ(CMOS)
画サイズ フレームレート
(最大)
特長
XCG-CG510白黒 2/3型 5.1Mega 23 fpsPoE入力
エリアゲイン
IEEE1588準拠
XCG-CG510Cカラー 2/3型 5.1Mega 23 fpsPoE入力
エリアゲイン
IEEE1588準拠
XCG-CG240白黒 1/1.2型 2.4Mega 41 fpsPoE入力
エリアゲイン
IEEE1588準拠
XCG-CG240Cカラー 1/1.2型 2.4Mega 41 fpsPoE入力
エリアゲイン
IEEE1588準拠
XCG-CG160
NEW
白黒 1/2.9型 1.6Mega 75 fpsPoE入力
エリアゲイン
IEEE1588準拠
マルチROI
XCG-CG160C
NEW
カラー 1/2.9型 1.6Mega 75 fps PoE入力
エリアゲイン
IEEE1588準拠
マルチROI

CCD 搭載モデル

モデル 白黒/
カラー
センサー
サイズ(CCD)
画サイズ フレームレート
(最大)
特長
XCG-C130
生産終了
白黒1/3型SXGA31 fpsPoE入力
近赤外領域対応
XCG-C130C
生産終了
カラー1/3型SXGA31 fpsPoE入力
XCG-C30
生産終了
白黒1/3型VGA130 fpsPoE入力
XCG-C30C
生産終了
カラー1/3型VGA130 fpsPoE入力
XCG-5005E
生産終了
白黒2/3型5Mega15 fps
XCG-5005CR
生産終了
カラー
(RAW)
2/3型5Mega15 fps