Micro Battery

TOP
  • 特長
  • 原理
  • 断面構造面

概要

コイン形二酸化マンガンリチウム電池は、クオーツ式腕時計や、10年以上の長期信頼性を求められるメモリーバックアップ電源等の従来の領域に加えて、自動車キーレスエントリー、さらにはIoT(モノのインターネット)関連機器の領域まで、幅広い分野にわたって急速に市場を拡大しています。
コイン形二酸化マンガンリチウム電池の負極に用いられるリチウム金属は、単位重量当たりの電気容量が3.86Ah/gと負極金属中最大である為、エネルギー密度の大きい電池が作れます。また、その正極活物質に何を使うかで、様々な特性を持った電池を作る事が可能です。コイン形二酸化マンガンリチウム電池は、その中でも特に安定性に優れた二酸化マンガンを正極活物質に選び、商品化しております。

特長

● 軽量、高電圧、高エネルギー密度
電池電圧は3Vと乾電池の約2倍であり、今まで2個必要としていた電池を1個ですませることができ省スペース軽量化が図れます。
● 優れた放電安定性
長期間の放電でも安定した電圧特性を示すため、使用機器の信頼性が格段に向上すると共に電池交換のメンテナンスが省力されます。
● 広い作動温度範囲
独自の有機電解液を使用することにより低温から高温領域まで優れた特性を示します。
・−30℃〜+70℃
● 優れた耐漏液性
新たに研究開発された電池構造と電解液を使用することにより長期間にわたって優れた耐漏液性を示します。
● 優れた保存特性
活物質、電解液に安定性のある物質を厳選し独自の封口技術により極めて自己放電の少ないことが特徴です。常温常湿での自己放電量は、公称容量に対して年間1%未満です。

原理

正極(プラス極)活物質には特殊処理を施した二酸化マンガン(MnO2)を用い、負極(マイナス極)活物質には高電圧、高活性のリチウム金属を用いています。また電解液には有機溶媒にリチウム塩を溶解させたものを用い、容易に高電圧、高エネルギーを取り出せるよう工夫がなされています。

電池の放電反応は

放電電圧は約3Vを示し、電池電圧は極めて安定でかつ放電中のインピーダンスが低く安定していることが特色です。

貯蔵後放電特性の一例 CR2025の場合

貯蔵後放電特性の一例 CR2025の場合

  • ● 60℃120日間(常温常湿で6年間に相当)保存後の放電特性を示したものです。
  • ● 保存特性が極めてすぐれています。
  • ● 放電電圧・持続時間は保存後もほとんど変わりません。

断面構造面

PAGE TOP

一次電池
  • コイン形二酸化マンガンリチウム電池

    概要

    ラインナップ・一般仕様

    注意事項

  • 酸化銀電池
  • アルカリボタン電池