Micro Battery

TOP
  • 特長
  • 用途
  • アルカリマンガン電池の原理
  • 断面構造図

概要

アルカリボタン電池は、正極作用物質に二酸化マンガン、負極作用物質に亜鉛粉を用いた小形・軽量一次電池です。経済性に優れたボタン電池として、玩具・電卓をはじめとして幅広い用途に使用されています。

特長

  • ● 優れた経済性
  • ● 優れた放電安定性
  • ● 優れた重負荷パルス特性
  • ● 優れた耐漏液性

用途

  • ● 電卓
  • ● カメラ
  • ● 電子ゲーム・玩具
  • ● 小型ラジオ
  • ● 電子ライター
  • ● 各種リモコン
  • ● 電子体温計

アルカリマンガン電池の原理

正極(プラス極)作用物質には二酸化マンガンを用い負極(マイナス極)作用物質には特殊処理を施した微細な亜鉛粉を用いています。また、電解液としてKOH(苛性カリ)が用いられており、常に安定した電圧を長期間供給することが出来ます。

電池の放電反応は

起電圧は約1.50Vを示し、電池電圧は放電末期まで安定でかつフラットな電圧特性を示し、放電中のインピーダンスの低いことが特色です。

貯蔵後放電特性の例 時計用酸化銀電池 LR544の場合

  • ● 60℃/20日 60℃/40日(各々の常温常湿で1年・2年相当)保存した後での放電特性を示したものです。
  • ● 保存特性が優れています。
  • ● 貯蔵後の放電持続時間減少の少ないことが特色です。
放電負荷特性の例 ボタン形アルカリマンガン電池 LR44の場合


※その他のモデルについてはお問い合わせください。

断面構造図

PAGE TOP

一次電池
  • コイン形二酸化マンガンリチウム電池
  • 酸化銀電池
  • アルカリボタン電池

    概要

    ラインナップ・一般仕様

    注意事項