セルアナライザーEC800

Concept ― コンセプト

EV と4レーザーを搭載した新世代全自動セルアナライザー

EC800 は、Walk Away を実現した、新しいコンセプトのアナライザーです。

さまざまな蛍光色素や蛍光タンパクに対応して、レーザーは4種類まで搭載可能で、細胞体積定量パラメーターEV(Electric Volume)によりデブリとの分離を向上させ、最新のさまざまな実験をサポートしています。

サンプル調製や分注・ピぺッティングが可能な全自動サンプラーを標準搭載、測定後に感度調整を行うことができるので、安心して全自動測定ができます。

測定終了自動シャットダウン機能も内蔵し、完全無人測定を実現しました。

“簡単”から“便利”へ

すべての研究室のワークフローと生産性を大幅に向上させます。

セルアナライザーEC800

VAIO Lシリーズ

ソニー フローサイトメーター

VAIO 24インチ タッチスクリーン

Convenience ― 測定後の感度調整 & 無人測定 “Walk Away”

24bitの超ダイナミックレンジで測定するため、測定終了後に感度調整を行うことが可能です。また、感度調整による蛍光補正も自動で行います。

測定後の感度調整 & 無人測定 “Walk Away”

全自動のサンプラーを装備し、無人測定を実現しました。また測定終了後も洗浄・シャットダウンを自動で行います。測定を開始したあとは、測定終了まで装置のそばについていただく必要はありません。

装置のスタート、シャットダウンも非常に短時間です。

全自動サンプラー(保冷可能)

全自動サンプラー
(保冷可能)

New Discovery ― 細胞体積(EV)解析

細胞がフローセル間を通過する際のインピーダンスの変化を測定することにより、細胞体積(EV:Electric Volume)が求まります。

散乱光では分離できなかった細胞集団が EV 測定により明確に分離できるなど、新たな知見が得られます。

またソニーの 3D 技術を用いた “3Dゲーティング™ (開発中)”により、さらに高精度なゲーティングが可能となります。

リアル3D

リアル3D(開発中)

Flexible ― コンパクト & 4レーザー

405nm, 488nm, 561nm, 642nmの最大4レーザーを搭載できます。前方散乱光、側方散乱光、細胞体積と6つの蛍光が検出でき、光学フィルターの自由なセッティングが可能です。

1レーザーから4レーザーまでのタイプを用意しており、レーザーアップグレードが可能です。

4レーザー
お問い合わせ/新規会員登録
ダウンロード
ページトップへ