お問い合わせ・サポート

ご利用時にうまくいかない場合(トラブルシューティング)

RC-S390/パソリユーティリティのトラブルについて

パソリユーティリティで自己診断の結果がエラーになってしまいました。

「自己診断」機能で、パソリが正常に動作しているか確認することができます。
自己診断の結果がエラーになる場合は、エラーメッセージと対処法をご確認ください。

[E01]
リーダー/ライターが接続されていません。

<想定原因>
パソリ(リーダー/ライター)が接続されていません。

<対処>
パソリユーティリティを再起動して、パソリとの接続をご確認ください。
パソリユーティリティのトップ画面に「接続完了」と表示されていればOKです。

パソリとの接続方法は、こちらのページをご確認ください。

[E02]
リーダー/ライターとの通信が異常です。

<想定原因>
パソリ(リーダー/ライター)との通信に失敗しました。

<対処>
パソリユーティリティを再起動し、再度パソリと接続した上で、改めて自己診断を実行してください。

[E03]
リーダー/ライターが異常です。

<想定原因>
パソリ(リーダー/ライター)に異常があります。

<対処>
パソリユーティリティを再起動し、再度パソリと接続した上で、改めて自己診断を実行してください。

[E05]
カードを正常に捕捉できません。

<想定原因>
1) パソリに、カードがかざされていません
2) カードが故障しています
3) 金属製の机などの上に、パソリが置かれています

<対処>
1) パソリにカードをかざして(置いて)ください
2) 他のカードをかざして(置いて)みてください
3) パソリの置き場所を変えてみてください(金属製テーブルや、スマートフォンの上などで通信しにくくなる場合があります)