交通系カードモデルケース

Case1.ハウスカードとして自社やグループ会社のサービスをあとから追加

交通系ICカードに搭載されたFeliCaポケットを利用し、ハウスカードとして自社及びグループ会社の複数サービスを1枚のカードに集約することができます。

Case2.地域連携カードとして他法人のサービスをあとから追加

法人が異なる駅周辺施設の利用券や会員証、駅前商店街のポイントなどをあとから追加できるため、1枚のカードで地域連携の輪が広がります。