Select Region

メディア管理を便利にするユーティリティソフトウェア Memory Media Utility

ソニー製SxSメモリーカード、およびメモリースティック”PX”メディア管理を便利にするユーティリティーソフトウェアです。

ダウンロードはこちら

メモリースティック“PX”を
お使いの方はこちら

主な機能

メディア情報の表示(残記録時間、書き換え寿命など)

複数先への同時バックアップ

メディアのフォーマット

ライブラリー管理

SXSリーダーライター表示

1.SxS メモリーカードのメディア情報表示

Memory Media Utilityに登録した 製品の空き容量、状態診断結果、 各記録モードでの残記録時間*1(SxSメモリーカードのみ)などを表示します。

状態診断では、ソニー独自の判定基準による製品の交換目安を3段階で通知します。
トラブルが発生する前にデータのバックアップやデバイス交換などを行うことが可能です。*2

*1. XDCAM/XDCAM EXシリーズ各製品の「記録モード」でどれぐらい記録できるかの目安です。実際の記録時間は、機種や撮影状況によって異なる場合があります。
*2. 製品が正常動作することを保証するものではありません

情報表示画面

複数先への同時バックアップ機能

SxSメモリーカードに記録したデータを、ポータブルストレージやプロフェッショナルPAID等に最大3か所へ同時にバックアップすることができます。
また、SxSメモリーカード内のデータとバックアップ先のデータを比較(ベリファイ)し、 正しくコピーできているかを確認することが可能です。

バックアップ画面

フォーマット

SXSメモリーカードの場合

「FAT32」「UDF形式」および「exFAT形式」*1でのフォーマットに対応しています。
SxSメモリーカードに記録されているデータを完全消去する「フルフォーマット」、または短時間で管理領域のみ消去する「クイックフォーマット」のいずれかを選択することができます。
複数枚のSxSメモリーカードを同時にフォーマットする「マルチフォーマット」にも対応しています。

フォーマット画面

マルチフォーマット画面

ポータブルストレージの場合

「FAT32」*1、「NTFS」、「HFS+」、「exFAT」*2形式のフォーマットに対応しています。データを完全に消去する「フルフォーマット」、または短時間で管理領域のみ消去する「クイックフォーマット」のいずれかを選択することができます。「ボリュームラベル」欄に任意の名称を入力し、フォーマットしたドライブのボリュームラベルとして設定できます。

*1 FAT32フォーマットは、プロフェッショナルRAIDは非対応です。
*2 exFATフォーマットは、exFAT形式でプリフォーマットされ出荷された製品にのみ、使用することができます。

フォーマット画面

ライブラリー管理

お手持ちの製品を1台のPCで一元管理することが可能です。製品に個別の名称をつけて登録し、それぞれのプロパティ(状態診断結果、登録日時、更新日時など)、バックアップ日時、バックアップ先(SxSメモリーカードのみ)を表示します。さらに、任意の項目名の追加などのカスタマイズや、リストのCSV出力も可能です。

SXSリーダーライター表示

SxSマルチリーダーライター(SBAC-UT100等)で複数のSxSメモリーカードカードを使用する場合、PCの画面上に表示されるSxSのボリューム名と、カードが挿入されているリーダーライターのスロット位置を照らしあわせることができるツールです。
メディアの入れ替え時等に便利です。

接続しているリーダーライターをすべて表示*し、各リーダーライターに任意の名称をつけて管理することができます。また、本ツールを単独で起動し、エクスプローラやFinder、他のアプリケーションなどと組み合わせて使用することも可能です。
(*デイジーチェーンで接続の場合は最大6台まで)


*ご注意:
ポータブルストレージ、プロフェッショナルRAIDをWindows PCにThunderboltで接続してご使用になる場合、「デバイス情報表示」「フォーマット」「ライブラリ管理」の機能はご利用いただけません。
プロフェッショナルRAIDをWindows PCでご使用になる場合、ハードディスクを操作するアプリケーション(パーティション変更やフォーマットを行う)を同時に 使用しないでください。それらのアプリケーションが起動している場合は、そのアプリケーションを終了してから、Memory Media Utilityを起動してください。 また、Memory Media Utilityをご使用中に、それらのアプリケーションを使用する場合は、Memory Media Utilityを終了してください。Memory Media Utilityの終了方法は、ヘルプをご覧ください。

ダウンロードはこちら

メモリースティック“PX”でお使いの場合

主な機能

買い替え目安通知機能

「機器限定モード」(アクセスロック)設定

ミラーリング機能設定変更

複数先への同時バックアップ

メディアのフォーマット

ご注意

SxSメモリーカードをお使いのお客様へ

  • * 最新のデバイスドライバーをインストールしてください。
  • * XDCAM機器でUDFフォーマットしたSxSメモリーカードをご使用の際は、最新のデバイスドライバーに加えて、最新のSxS UDF Driverをインストールしてください。
  • * USBリーダーライター(SBAC-US10/US20/US30/UT100)をご使用の際は、リーダーライターのファームウェアアップデートが必要な場合があります。その場合は、本ソフトウェアの「ツールメニュー」→「メンテナンス」からアップデートしてください。

メモリースティックPXをお使いのお客様へ

※本ソフトウェアを使ってメモリースティック“PX”の機能設定を行う際は、外付けのUSBメモリーカードリーダーが必要になります。

  • * PC内蔵スロットで本ソフトウェアはお使いいただけません。
  • * PC内蔵スロットで本メディアの通常読み書きは可能です。
  • *64GB以上のメモリースティック“PX”をスタンダードモードでご使用される場合は、メモリースティック XC-HG デュオ対応の外付けUSBメモリーカードリーダーをご使用ください。

PXシリーズをパソコン内蔵カードスロットでお使いになる場合

PXシリーズを外付けUSBメモリーカードリーダーでお使いになる場合

ダウンロードはこちら

ダウンロードファイル情報

OS Windows 8.1,10 Windows7
Memory Media Utility
インストール済のPC
Memory Media Utilityが
インストールされていないPC
インストーラー MemoryMediaUtility_v4_2_0.exe MemoryMediaUtility_v4_2_0a.exe
ファイルサイズ 約18MB 約84MB
インストーラー Ver 4.2 Ver 4.2
Macintosh 用:MemoryMediaUtilityv4.2.0.dmg
ファイルサイズ 約12MB
バージョン Ver 4.2

動作環境

windows
対応OS: Windows 7(SP1)
Windows 8.1
Windows 10
その他システム条件
CPU Pentium 1GHz以上
Memory 512MB以上
HDD 100MB以上の空き容量
実行環境 .NET Framework 4
ディスプレイ 1024x768以上。High color(16bit)以上

*.NET Framework 4がインストールされていない場合は、850MBのHDD空き容量が必要です。

Mac OS
対応OS: OS X 10.8
OS X 10.9
OS X 10.10
OS X 10.11
macOS 10.12
その他システム条件
プロセッサー Intel Processor(標準装備のもの)
Memory 512MB以上
HDD 100MB以上の空き容量
ディスプレイ 1024x768以上。High color(16bit)以上

ご注意
Windows, Macintosh ともにOSが工場出荷時に標準インストールされていることが必要です。アップグレード環境での動作保証はいたしません。
上記記載の全てのPC環境での動作を保証するものではありません。
また、次の場合は保証いたしません。自作PC/ご自身でOSをインストールされた場合/マルチブート環境/マル チモニター環境/High DPI環境/異なる対応OSのソフトウェアをインストールした場合