Select Region

三角の画像Select Region

メディア管理を便利にするユーティリティソフトウェア Memory Media Utilityメディア管理を便利にするユーティリティソフトウェア Memory Media Utility

SxSメモリーカード、ポータブルストレージ、プロフェッショナルRAID、メモリースティックの画像SxSメモリーカード、ポータブルストレージ、プロフェッショナルRAID、メモリースティックの画像

ソニー製SxSメモリーカード、およびメモリースティック”PX”メディア管理を便利にするユーティリティーソフトウェアです。ソニー製SxSメモリーカード、ポータブルストレージ、プロフェッショナルRAIDおよびメモリースティック ″PX″ でメディア管理を便利にするユーティリティソフトウェアです。

メモリースティック”PX“のサポートは本バージョンで終了となります。
今後も本バージョン(v4.3.1)を継続してご使用ください。

ダウンロードはこちら

※ソフトウェアはパソコンでダウンロードしてください。

SxSメモリーカード、ポータブルス
トレージおよびプロフェッショナル
RAIDでお使いの場合
SxSメモリーカード、ポータブルストレージ、プロフェッショナルRAID、メモリースティックの画像

メモリースティック“PX”を
お使いの方はこちら


1.SxS メモリーカードのメディア情報表示1SxSメモリーカード、
ポータブルストレージおよび
プロフェッショナルRAIDの情報表示

Memory Media Utilityに登録した製品の空き容量、状態診断結果、 各記録モードでの残記録時間*1(SxSメモリーカードのみ)などを表示します。

状態診断では、ソニー独自の判定基準による製品の交換目安を3段階で通知します。
トラブルが発生する前にデータのバックアップやデバイス交換などを行うことが可能です。*2

*1. 本記録時間は、1クリップとして連続記録した場合の時間です。記録するクリップ数によっては、記載の時間より短くなる場合があります。

*2. 製品が正常動作することを保証するものではありません

Memory Media Utilityに登録した製品の空き容量、状態診断結果、 各記録モードでの残記録時間*1(SxSメモリーカードのみ)などを表示します。

状態診断では、ソニー独自の判定基準による製品の交換目安を3段階で通知します。
トラブルが発生する前にデータのバックアップやデバイス交換などを行うことが可能です。*2

*1. 本記録時間は、1クリップとして連続記録した場合の時間です。記録するクリップ数によっては、記載の時間より短くなる場合があります。

*2. 製品が正常動作することを保証するものではありません

情報表示画面情報表示画面

線

複数先への同時バックアップ機能2複数先への同時バックアップ

SxSメモリーカードに記録したデータを、ポータブルストレージやプロフェッショナルPAID等に最大3か所へ同時にバックアップすることができます。
また、SxSメモリーカード内のデータとバックアップ先のデータを比較(ベリファイ)し、 正しくコピーできているかを確認することが可能です。

PC画面の画像PC画面の画像

バックアップ画面

線

フォーマット3フォーマット

SXSメモリーカードの場合①SxSメモリーカードの場合

「FAT32」「UDF形式」および「exFAT形式」*1でのフォーマットに対応しています。
SxSメモリーカードに記録されているデータを完全消去する「フルフォーマット」、または短時間で管理領域のみ消去する「クイックフォーマット」のいずれかを選択することができます。
複数枚のSxSメモリーカードを同時にフォーマットする「マルチフォーマット」にも対応しています。

フォーマット画面フォーマット画面 マルチフォーマット画面

マルチフォーマット画面

ポータブルストレージの場合②ポータブルストレージおよび
プロフェッショナルRAIDの場合

「FAT32」*1、「NTFS」、「HFS+」、「exFAT」*2形式のフォーマットに対応しています。データを完全に消去する「フルフォーマット」、または短時間で管理領域のみ消去する「クイックフォーマット」のいずれかを選択することができます。「ボリュームラベル」欄に任意の名称を入力し、フォーマットしたドライブのボリュームラベルとして設定できます。

*1 FAT32フォーマットは、プロフェッショナルRAIDは非対応です。
*2 exFATフォーマットは、exFAT形式でプリフォーマットされ出荷された製品にのみ、使用することができます。

「FAT32」*1、「NTFS」、「HFS+」、「exFAT」*2形式のフォーマットに対応しています。データを完全に消去する「フルフォーマット」、または短時間で管理領域のみ消去する「クイックフォーマット」のいずれかを選択することができます。「ボリュームラベル」欄に任意の名称を入力し、フォーマットしたドライブのボリュームラベルとして設定できます。

*1 FAT32フォーマットは、プロフェッショナルRAIDは非対応です。

*2 exFATフォーマットは、exFAT形式でプリフォーマットされ出荷された製品にのみ、使用することができます。

フォーマット画面フォーマット画面

線

ライブラリー管理4ライブラリー管理

お手持ちの製品を1台のPCで一元管理することが可能です。製品に個別の名称をつけて登録し、それぞれのプロパティ(状態診断結果、登録日時、更新日時など)、バックアップ日時、バックアップ先(SxSメモリーカードのみ)を表示します。さらに、任意の項目名の追加などのカスタマイズや、リストのCSV出力も可能です。

必要に応じて、項目の表示/非表示設定および項目列の追加が可能。プロパティでメディア名とコメントの編集、追加列へのデータ入力が可能。必要に応じて、項目の表示/非表示設定および項目列の追加が可能。プロパティでメディア名とコメントの編集、追加列へのデータ入力が可能。

線

SXSリーダーライター表示5SxSリーダーライター表示

SxSマルチリーダーライター(SBAC-UT100等)で複数のSxSメモリーカードカードを使用する場合、PCの画面上に表示されるSxSのボリューム名と、カードが挿入されているリーダーライターのスロット位置を照らしあわせることができるツールです。
メディアの入れ替え時等に便利です。

接続しているリーダーライターをすべて表示*し、各リーダーライターに任意の名称をつけて管理することができます。また、本ツールを単独で起動し、エクスプローラやFinder、他のアプリケーションなどと組み合わせて使用することも可能です。
(*デイジーチェーンで接続の場合は最大6台まで)

SxSマルチリーダーライター(SBAC-UT100等)で複数のSxSメモリーカードカードを使用する場合、PCの画面上に表示されるSxSのボリューム名と、カードが挿入されているリーダーライターのスロット位置を照らしあわせることができるツールです。
メディアの入れ替え時等に便利です。

接続しているリーダーライターをすべて表示*し、各リーダーライターに任意の名称をつけて管理することができます。また、本ツールを単独で起動し、エクスプローラやFinder、他のアプリケーションなどと組み合わせて使用することも可能です。
(*デイジーチェーンで接続の場合は最大6台まで)

PC画面の画像各表示の説明。上段:リーダーライターの機種名、および任意の名称(最大10文字まで)。中段:L:左スロット、R:右スロットにそれぞれ挿入されているSxSメモリーカードのドライブ名。下段:Memory Media Utiliyt 上でユーザーが任意に登録したSxSメモリーカードのメディア名(未登録の場合は非表示)。

各表示の説明。上段:リーダーライターの機種名、および任意の名称(最大10文字まで)。中段:L:左スロット、R:右スロットにそれぞれ挿入されているSxSメモリーカードのドライブ名。下段:Memory Media Utiliyt 上でユーザーが任意に登録したSxSメモリーカードのメディア名(未登録の場合は非表示)。


*ご注意:
ポータブルストレージ、プロフェッショナルRAIDをWindows PCにThunderboltで接続してご使用になる場合、「デバイス情報表示」「フォーマット」「ライブラリ管理」の機能はご利用いただけません。
プロフェッショナルRAIDをWindows PCでご使用になる場合、ハードディスクを操作するアプリケーション(パーティション変更やフォーマットを行う)を同時に 使用しないでください。それらのアプリケーションが起動している場合は、そのアプリケーションを終了してから、Memory Media Utilityを起動してください。 また、Memory Media Utilityをご使用中に、それらのアプリケーションを使用する場合は、Memory Media Utilityを終了してください。Memory Media Utilityの終了方法は、ヘルプをご覧ください。

ダウンロードはこちら

※ソフトウェアはパソコンでダウンロードしてください。

メモリースティック“PX”でお使いの場合メモリースティック“PX”でお使いの場合メモリースティックの画像

主な機能主な機能

買い替え目安通知機能

線

「機器限定モード」(アクセスロック)設定

線

ミラーリング機能設定変更

線

複数先への同時バックアップ

線

メディアのフォーマット

  • 1買い替え目安通知機能
  • 2「機器限定モード」
    • (アクセスロック)設定
  • 3ミラーリング機能設定変更
  • 4複数先への同時バックアップ
  • 5メディアのフォーマット

ご注意ご注意

SxSメモリーカードをお使いのお客様へSxSメモリーカードを
お使いのお客様へ

  • * 最新のデバイスドライバーをインストールしてください。
  • * XDCAM機器でUDFフォーマットしたSxSメモリーカードをご使用の際は、最新のデバイスドライバーに加えて、最新のSxS UDF Driverをインストールしてください。
  • * USBリーダーライター(SBAC-US10/US20/US30/UT100)をご使用の際は、リーダーライターのファームウェアアップデートが必要な場合があります。その場合は、本ソフトウェアの「ツールメニュー」→「メンテナンス」からアップデートしてください。

メモリースティックPXをお使いのお客様へ

メモリースティックPXを
お使いのお客様へ

メモリースティック”PX“のサポートは本バージョンで終了となります。今後も本バージョン(v4.3.1)を継続してご使用ください。

※本ソフトウェアを使ってメモリースティック“PX”の機能設定を行う際は、外付けのUSBメモリーカードリーダーが必要になります。

  • * PC内蔵スロットで本ソフトウェアはお使いいただけません。
  • * PC内蔵スロットで本メディアの通常読み書きは可能です。
  • *64GB以上のメモリースティック“PX”をスタンダードモードでご使用される場合は、メモリースティック XC-HG デュオ対応の外付けUSBメモリーカードリーダーをご使用ください。

PXシリーズをパソコン内蔵カードスロットでお使いになる場合

PCとメモリースティックの画像PXシリーズをパソコン内蔵カードスロットでお使いになる場合。Memory Media utilityを使った各種の設定・・・可能。データの読み書き・・・不可。

Memory Media utilityを使った各種の設定・・・可能。データの読み書き・・・不可。

PXシリーズを外付けUSBメモリーカードリーダーでお使いになる場合

PC画面とメモリースティックの画像PXシリーズを外付けUSBメモリーカードリーダーでお使いになる場合。Memory Media utilityを使った各種の設定・・・可能。データの読み書き・・・可能。

Memory Media utilityを使った各種の設定・・・可能。データの読み書き・・・可能。

ダウンロードはこちら

※ソフトウェアはパソコンでダウンロードしてください。

ダウンロードファイル情報ダウンロードファイル情報

OS Windows 8.1,10 Windows7
Memory Media Utility
インストール済のPC
Memory Media Utilityが
インストールされていないPC
インストーラー MemoryMediaUtility_v4_3_1.exe MemoryMediaUtility_v4_3_1a.exe
ファイルサイズ 約19MB 約88MB
バージョン Ver 4.3.1 Ver 4.3.1
Windows 8.1,10
インストーラー MemoryMediaUtility_v4_3_1.exe
ファイルサイズ 約19MB
バージョン Ver 4.3.1
Windows7
Memory Media Utilityインストール済のPC
インストーラー MemoryMediaUtility_v4_3_1.exe
ファイルサイズ 約19MB
バージョン Ver 4.3.1
Memory Media UtilityがインストールされていないPC
インストーラー MemoryMediaUtility_v4_3_1a.exe
ファイルサイズ 約88MB
バージョン Ver 4.3.1
Macintosh 用:MemoryMediaUtilityv4.3.1.dmgMacintosh 用:MemoryMediaUtilityv4.3.1.dmg
ファイルサイズ 約12MB
バージョン Ver 4.3.1
ファイルサイズ 約12MB
バージョン Ver 4.3.1

動作環境動作環境

windowswindows
対応OS: Windows 7(SP1)
Windows 8.1
Windows 10
対応OS: Windows 7(SP1)
Windows 8.1
Windows 10
その他システム条件その他システム条件
CPU Pentium 1GHz以上
Memory 512MB以上
HDD 100MB以上の空き容量
実行環境 .NET Framework 4
ディスプレイ 1024x768以上。High color(16bit)以上
CPU Pentium 1GHz以上
Memory 512MB以上
HDD 100MB以上の空き容量
実行環境 .NET Framework 4
ディスプレイ 1024x768以上。High color(16bit)以上

*.NET Framework 4がインストールされていない場合は、850MBのHDD空き容量が必要です。

Mac OSMac OS
対応OS: OS X 10.8
OS X 10.9
OS X 10.10
OS X 10.11
macOS 10.12
macOS 10.13
macOS 10.14
対応OS: OS X 10.8
OS X 10.9
OS X 10.10
OS X 10.11
macOS 10.12
macOS 10.13
macOS 10.14
その他システム条件その他システム条件
プロセッサー Intel Processor(標準装備のもの)
Memory 512MB以上
HDD 100MB以上の空き容量
ディスプレイ 1024x768以上。High color(16bit)以上
プロセッサー Intel Processor(標準装備のもの)
Memory 512MB以上
HDD 100MB以上の空き容量
ディスプレイ 1024x768以上。High color(16bit)以上

ご注意
Windows, Macintosh ともにOSが工場出荷時に標準インストールされていることが必要です。アップグレード環境での動作保証はいたしません。
上記記載の全てのPC環境での動作を保証するものではありません。
また、次の場合は保証いたしません。自作PC/ご自身でOSをインストールされた場合/マルチブート環境/マル チモニター環境/High DPI環境/異なる対応OSのソフトウェアをインストールした場合