フラッシュメモリーの状態を診断する
パソコン用ソフトウェア
SD Scan Utility

対応SDメモリーカード:ソニーSF-Gシリーズ

メモリーカードに使われているフラッシュメモリーは、
データの書き換えを繰り返すことによって徐々に消耗するため、
書き換えできる回数には上限があります。

書き換え回数が上限に達すると、そのメモリーカードを使って撮影することができなくなります。フラッシュメモリーの状態が診断できれば、大切な場面を取り逃すなどのトラブルの予防に役立ちます。

あらかじめ本ソフトウェアをパソコンにインストールすることで、 対応するSDメモリーカードをパソコンに挿入するたびに自動的にフラッシュメモリーの状態を診断し、書き換え回数の上限に近づくと、注意を促すメッセージを表示します。

ダウンロードはこちら

特徴01対応SDメモリーカードをパソコンに挿入する*だけで、自動的にフラッシュメモリーの状態を診断

本ソフトウェアがインストールされているパソコンに対応SDメモリーカードを挿入すると、SD Scan Utilityがフラッシュメモリーの状態を自動的に診断し、結果を瞬時にタスクトレイに表示します(手動で診断することも可能です)。

結果が「正常」であった場合にはタスクトレイ上にアイコンのみを表示するため、パソコンでの作業の邪魔になりません。

*あらかじめ本ソフトウェアをインストールしたパソコン、カードリーダーでもお使いいただけます。
*インストール後、診断するドライブをあらかじめ選択する必要があります(Windows用)

特徴02わかりやすい診断結果表示

アイコンとシンプルなメッセージの表示により、診断結果をわかりやすくお知らせします。
タスクトレイ上(Macの場合は「メニューバー」上)に表示されているアイコンをクリックすることにより、メッセージ画面を表示することができます。

特徴03警告メッセージの表示

書き換え回数が上限に近づくと、新しいメモリーカードの利用をお勧めするメッセージを自動的に表示します。(「メッセージを表示しない」設定にすることも可能です)
「メモリーの消耗が進んでいます」というメッセージが表示された場合は、新たにデータの書き込みを行うことは可能と思われますが、突然書き込みできなくなるトラブルが発生することを防ぐため、早めに新しいメモリーカードを利用されることをお勧めします。
「これ以上書き込みできません」というメッセージが表示された場合は、データ書き込みを行うことができなくなっています。新しいメモリーカードをお使いください。


SD Scan Utilityダウンロード

対応SDメモリーカード:ソニーSF-Gシリーズ

※ソフトウェアはパソコンで
ダウンロードしてください。

Windows用

バージョン:1.0.0.9190
ファイル名:SD_Scan_Utility.zip
ファイルサイズ:75.5MB

ダウンロード

Mac OS用

バージョン:1.0.0.09060
ファイル名:SDScanUtility_ver1.0.0.dmg
ファイルサイズ:15.2MB

ダウンロード

動作環境

Windows OS

対応OS Windows 7 SP1 (32bit) ,
Windows 7 SP1 (64bit),
Windows 8.1 (32bit),
Windows 8.1 (64bit)
Windows 10 (32bit),
Windows 10 (64bit)
メモリー 1GB以上
ディスプレイ 1024x768以上
その他 .NET Framework 4.5.2が動作する環境であること
SDHC/SDXC対応のSDメモリーカードスロット
またはカードリーダー*

Mac OS

対応OS OS X Yosemite 10.10
OS X El Capitan 10.11
macOS Sierra 10.12
macOS High Sierra 10.13
メモリー 2GB以上
ディスプレイ 1024x768以上
その他 SDHC/SDXC対応のSDメモリーカードスロット
またはカードリーダー*

ご注意

上記の OS が、工場出荷時に標準インストールされていることが必要です。
プリインストール以外のOSに変更されているパソコンや、自作パソコン、マルチブート環境での動作は保証いたしません。
上記の動作環境は、 SD Scan Utilityを単独で使用する場合の環境です。上記の動作環境を満たしていても、正常に動作しない場合があります。

*動作確認済みカードリーダー:MRW-S1, MRW-E90