Select Region

メモリーカード

x-Pict Story for Memory Cardの使い方

写真を取り込んで BGMを選んで はいできあがり♪

ダウンロードしたファイルの使用方法

お使いの環境により実際の画面表示とは異なる場合があります。

[xPSMC_setup.exe]をダブルクリックします。
[次へ]をクリックします。
*途中、DirectXをアップデートするようにメッセージが出ます。「はい」をクリックすると自動的にアップデートされます。DirectXとはMicrosoftが提供しているテクノロジーです。詳細はMicrosoftのホームページをご参照ください。
[インストール]をクリックします。
[完了]をクリックします。
これでインストール完了です。

プレビュー版を作ってみよう♪

写真を読み込む
お気に入りの写真を
x-Pict Story™のメイン画面またはインポートウィンドウにドラッグ&ドロップします。フォルダごとでも1枚ずつでも大丈夫です。
好きなBGMを選ぶ
x-Pict Story™のオリジナル曲を選択するか、PC上の音楽ファイル(MP3)をドラッグ&ドロップします。
好きな演出効果を選ぶ
PC上の音楽ファイルをドラッグ&ドロップした場合、イメージにあった演出効果と作品の長さを選択します。
プレビュー版完成!
[作品をみる]をクリックしてムービーを確認します。

気に入ったら保存!

フォト作品の画質を選ぶ
画面のサイズを選択します。
ハイビジョン画質を選べば大型テレビやディスプレイでもキレイにみられます。
保存
[保存]をクリックします。
保存できるまでしばらくお待ちください。
ムービー作成中!
完成/保存先を確認
[保存先をみる]をクリックすると保存先のフォルダが表示されます。完成!

PMB(Picture Motion Browser)でx-Pict Storyの使い勝手がさらに広がります!

PMBは“ハンディカム”、“サイバーショット”、“α”、“ピクチャーステーション”に付属する画像管理ソフトウェア!
PMBがあれば、x-Pict Story™と連動して写真や動画を管理できちゃいます。
さらに、Web上のさまざまなネットワークサービス(ブログや画像共有サイトなど)に簡単にアップロードすることもできます!
※他人の著作物を許可なくインターネットなどにアップロードすることは著作権法上禁止されています。

x-Pict Story™とPMB(Ver.5.0以降)でこんなにラクチン!
  ・x-Pict Story™の起動はPMBからボタン1つでOK
  ・PMBで写真を選択して、x-Pict Story™にドラッグ&ドロップするだけ
  ・x-Pict Story™で作ったムービーはPMBで写真と一緒に一元管理
  ・YouTube™へのアップロードもカンタン!YouTube™のIDがPMB内に保存されるから一度設定してしまえば、次回からもっとスムーズに

YouTubeへカンタンアップロード!

PMBを立ち上げます
『プログラムから開く』からx-Pict Story™を起動します
メイン画面で写真を選んでx-Pict Story™へドラッグ&ドロップします
x-Pict Story™でムービーを作成します

YouTube™でアカウントを登録します。
すでにお持ちの方はSTEP6へお進みください
メイン画面でx-Pict Story™で作ったムービーを選択します
『ネットワークサービス』をクリックし、YouTube™を選択します
アップロード画面でYouTube™で取得したユーザー名とパスワードを入れてログインします

画像リストをダブルクリックしタイトルと説明文を入力します
アップロードボタンをクリックします
完了!
アップロードしたムービーは画面のリンクから確認できます


ページトップへ