SONY

Life Space UX Concept Site 〉

Life Space UX ニュース

空間そのものを活用して体験を創出する「Life Space UX」。
ソニーはさまざまな活動を通して、その体験の場を提供しています。

Life Space UX

Life Story event report : 2 シンフォニックナイト 一曲だけのストーリー

[ Report ] 2015.11.17
イベントの様子

心に残る一曲はなんですか?―もしそう尋ねられたら、あなたなら何と答えるでしょうか。

10月15日(木)、六本木のリビング・モティーフ(アクシスビル1F)にて、Life Story展関連イベント「シンフォニックナイト 一曲だけのストーリー」が開催されました。

シンフォニックライトスピーカー(来春発売予定 ※地域未定)©shuntaro(bird+insect)

「シンフォニックナイト 一曲だけのストーリー」は、ガラス管を振動させて360°全方向に音を発するシンフォニックライトスピーカー(※1)を使って、誰かの大事な一曲に編み込まれたストーリーを紡いでいく、ワークショップ形式のイベント。

ワークショップのデザインを手がけたのは、デザインスタジオ takramのクリエイティブ・ディレクター、渡邉康太郎さん。“ものづくりとものがたりの両立”をテーマに美術展への出品からブランディング、UX/サービスのデザイン、企業研修まで、多岐にわたる仕事に取り組まれています。

左から永田ジョージさん、渡邉康太郎さん、向田麻衣さん

この日会場に集まって下さったのは、イラストレトーターや医師、新卒の社会人の方、ホテルに勤める秘書などの方々。

ゲストは、ジャズピアニストの永田ジョージさんと、ネパール産オーガニックスキンケアブランド「Lalitpur(ラリトプール) 」代表の向田麻衣さん。

イベントは以上のみなさん、総勢15人で一つの輪をつくり、リラックスした雰囲気の中で進んでいきました。

今回のイベントではストーリーがキーになっていましたが、渡邉さんは「ストーリー・ウィーヴィング」(※2)という本の著書としても知られています。
そんな渡邉さんがシンフォニックライトスピーカーを使ったワークショップをデザインしたら、どうなったでしょうか?ここでは、ライターの宮越がレポートをお届けしていきたいと思います。

※1 シンフォニックライトスピーカーは現在開発中のプロダクトです。イベントではプロトタイプの製品を使用しました。発売は来春を予定しています。(地域未定)

※2 ストーリー・ウィーヴィング:プロジェクトの初期に設定したコンセプトをその後も柔軟に練り直し続け、よりよいものに洗練させていく手法のこと。デザインスタジオtakramがさまざまなプロジェクトを通して導き出してきた、今もなお進化を重ねている手法です。

みんなストーリーをもっている

今回のイベントについて説明

参加者が一人、二人と集まってくると、永田さんがキーボードを弾きはじめ、何とも心地よい雰囲気に。
会場では永田さんが演奏している音もシンフォニックライトスピーカーから出ていたのですが、スピーカーを介しているとは思えないほど臨場感のある響きでした。

まずはじめに、渡邉さんが今回のイベントについて、説明を。

この度ソニーさんから「シンフォニックライトスピーカーを使って、何か一緒にイベントをしませんか」というお話を頂いた時に、360°に音と光が広がるなら、みんなで囲んで都会のキャンプファイアをしよう。誰かが大きな声で話す、一方向のイベントではなくて、参加者が全員主役になるような、車座の会がいい―と思ったんです。そういういうわけで、今日はあまりちゃんとしたイベント然とせず、みなさんにホットワインとマシュマロを召し上がって頂きながら、ゆったりとやっていきたいと思います。ワインのおかわりが欲しくなったら、いつでも自由におかわりしてください。

イベントの進め方は、一曲ずつ曲をかけ、その曲を選んだ方が曲にまつわるストーリーを語っていく、というシンプルなものです。最初の一曲は、ある女性の方が選んだ、Rod Stewartの「I Wish You Love」。
渡邉さんがスピーカーと同期したスマートフォンを操作すると、中央のシンフォニックライトスピーカーから透き通るような音色が広がりました。
その方はイタリアのマルタへ一人旅に行った時に、この曲ばかり聴いていたそう。今でもこの曲を聴くと、一人旅をしていた時の感傷や懐かしさがこみ上げてくるそうです。
ちょっと切ないエピソードですが、こうして話を聞いていると、みんなで笑えてしまうのがいいなと思いました。

シンフォニックライトスピーカーから広がる音色

続いて、マルタに行ったことがあるという男性の方が選んだ一曲は、アメリカのバンド、イーグルスが70年代に発表した「Desperado」。
その方は、小学生の時にこの曲と出会ったと語ります。

僕は小学校の時にサッカーの全国大会に出たんですけれど、決勝トーナメントで僕がミスをしたせいで負けてしまったんですよ。その時に、とある新聞記者の方がこの曲を歌って下さったんです。それから、二十歳の時にJリーグのサッカークラブに所属していたのですが、ある時怪我をしてしまい、クラブの方から「もういいよ」と言われてしまって。その時に、たまたま流れていたのもこの曲だったんです。僕の人生の節目節目に流れていて、もう一度次に進むきっかけをくれた曲です。

その後、その方はきっぱりとサッカーを辞め、以前から好きだった車に携わる道へ進み、現在は新しい自動車の発売に向けて忙しい日々を送っているのだとか。

「TECHNOPOLIS」をセレクトした男性が理由を説明

次に渡邉さんがかけたのは、日本を代表するテクノミュージシャン、Yellow Magic Orchestra(YMO)の「TECHNOPOLIS」。この曲をセレクトしたのは、雑誌編集の仕事をしているというある男性の方。

なぜこの曲が強烈に心に残っているかというと、僕は四国の田舎に生まれて野や山で遊びながら育ったんですが、中学生の時にこの曲と出会い、坂本龍一さんが「TOKIO」と歌っていたのにやられてしまって。やっぱり自分は都会に行かなくてはいけないんだ、ということを強烈に感じたわけです。当時、1980年のはじめ頃はちょうどウォークマンが出始めた頃だったんですが、毎朝5時に起きて、ウォークマンでこの曲を聴きながら新聞配達をしていました。その時の衝撃が、いまの仕事にも直に結びついています。

都会的でお洒落な雰囲気を醸し出していた、その男性のお方。こんな機会にお話を聞くことがなければ、そんな時代があったなんて想像もつかなかったと思います。

しかも、またたく光と音楽に身をゆだねながら話を促されると、普段は言わないようなことまで、するっと話してしまう。そんな会話がごく自然なかたちで続いていくのが、不思議でした。

向田さんのお話

お次は向田さん。まずはオーガニックスキンケアブランド「Lalitpur」を立ち上げるまでの経緯からお話しして下さいました。

向田さんは高校生の時にネパールを訪れ、識字教育などを行うNGOに参加するように。そして、大学生の時には化粧の体験を通じて女性たちの自尊心を取戻す手助けをするプログラム「Coffret Project」をスタートし、2013年に女性たちの雇用を創出するため、ネパール産のスキンケアブランド「Lalitpur」を設立。以来、女性たちの未来をつくり、ネパールの大自然の恵みを世界中に届けるために活動されているそうです。

そんな向田さんがセレクトしたのは、インド古典音楽の若手第一人者・Kaushiki Chakrabartyの「Mishra Charukeshi Thumri」。この曲は、現代の音楽のルールに縛られていない、独特の揺らぎをはらんだ音楽でした。
その後にもさまざまな曲、さまざまなストーリーを聞かせて頂き、その度に新たな情景が浮かび上がり、その方の人生を追体験したような気持ちになりました。

またこの日は、当初出演予定だった小説家の朝吹真理子さんが止むを得ず欠席されていたのですが、ご本人からFripp & Enoの「Evening Star - Evening Star」という曲とメッセージが届いていました。この曲と結びついたイメージは、朝吹さんの処女小説「流跡」にも流れこんでいるそう。渡邉さんが読み上げるメッセージとともに、音の粒子がしっとりと空間を満たしていきました。

使う人のストーリーが浮かび上がるプロダクト

シンフォニックライトスピーカーについて説明

一巡したところで、ソニーの伊藤景司さんからシンフォニックライトスピーカーについて話して頂きました。

今日はお越しいただきありがとうございます。シンフォニックライトスピーカーの商品企画とマーケティングを担当している伊藤です。私たちは商品を空間に追加するのではなく、製品が空間に溶け込みながら最高の体験をつくるということに取り組んでいます。
このスピーカーは、ガラスの筒部分が全方向に音を発しています。このガラスの部分が人の声帯や弦楽器の振動に非常に近い振動になっていまして、ここにスピーカーがあることによって、目の前で誰かが歌っている、楽器を演奏しているような体験ができるのです。
今日のこの会を通じ、こうしてシンフォニックライトスピーカーを囲み、みなさんで空間を共有していくことが、非常に価値のある体験を作れると、確信しました。今後も、みなさんの好きな音楽の後ろにあるストーリーや、お話に出てきた世界のつながり―そういったものをこの商品を売り出すことによってつくっていけたらいいなと思っています。

永田さんの演奏

最後の一曲は、永田さんの演奏によるKeith Jarrettの「Shenandoah」。
“日常にフィットする音楽”を提案してきたという永田さんは、東日本大震災後に音楽の存在意義がわからなくなっていた時があったそう。そんな時に周りの人が音楽に癒されたという話を聞き、音楽の力を実感したのだとか。その場にいた人たちの気持ちと空間をつないで、満たしていくような演奏でした。

そして、あっという間に終わりの時刻が迫り、ワークショップの時間は終了。
その後はそのまま会場に残り、自由にトークを楽しみました。

自由にトークを楽しむ参加者たち

イベントの後に、渡邉さんが素敵な文章をFacebookに投稿されていました。
そのテキストを少しだけシェアしたいと思います。

暮らしのなかには、読み解かれるのを待っているストーリーが、たくさんある。それは素敵な本や映画のなかにもあるけど、隠れた美しさのかけらは、日々の暮らしのなかで見出されてこそ、光を放つもの。それに気づくことが、そしてそれを人と分かち合うことが、一番の贅沢だと思っています。

「都会のキャンプファイアをしよう。」

ホットワインとマシュマロを手に、火こそ焚けないけど、うっすらと輝くスピーカーを囲む。光を見つめて、音に耳を傾ける。

誰が来たかというと。新卒社会人の青年、二回人生を生きた女医さん、ホテルに勤める秘書さん、電気自動車の設計技師さん、セキュリティカメラの開発者の方、つい先日個展を開いたイラストレーターの方、雑誌の編集者の方、などなど。いろんな人が一晩、ホットワインを飲みながら、同じ夢をまどろみました。

音楽を持参した本人は、その曲に、自分の記憶を重ねています。あるサッカーフィールドの夕暮れや、マルタで過ごした一人ぼっちの二週間や、震災の後の無力感、ミズーリ州の川とか富山の田舎暮らしを見ている。そこに素晴らしい旋律と思い出が寄り添う。でも居合わせた残りの14人は、あくまでやっぱり都会のキャンプファイアを囲んで出会った、別の形で素敵な曲としてその音楽に触れる。めいめいに。どっちも、全く本当の体験。違った形で自らのなかに取り込んでいく。

全体を振り返ると、個人的な思いをさらけ出し合うのが、逆に心地よい、というか。私的なもの - ふだん照れか遠慮か、はたまた自分でも理由がわからず言語化を憚っていること - こそ、実は口に上せると、なにか伝わるもので、それは安心感と違和感がいっしょになったような、素敵な発見でした。

伝わらない、と思っていたことほど、実は誰かと繋がるためのきっかけになる、といったような。

あくまで、参加者全員が主役となった夜でした。一人ひとりの曲が、みんなの曲に変わっていくことに価値があった。それに、一つの曲の裏側に、一人ひとりが語りたくなってしまうストーリーを持っているということに、心地よい温かみがあったと感じます。ありがとうございました。
(一部中略)

暮らしのなかには、読み解かれるのを待っているストーリーが、たくさんある―という渡邉さんの言葉、とてもわくわくさせられる言葉だと思いました。
ストーリーはいつでも日常の中に潜んでいて、それを誰かが発見したり、伝えたり、語り合うことによって、人と共有できる何かに変わる。この日のイベントでは、みなさんの語りを通して、日常からストーリーが浮かび上がる瞬間を見たような気がしました。

また不思議だったのは、一つの光と音源を囲み、話を聞いているうちに、深いコミュニケーションを体験したように感じたこと。“みんなで囲んでキャンプファイアをしよう”という渡邉さんのアイデアが、人が集まることによって実現し、深い体験をつくってしまうなんて、すごいことですよね。
渡邉さん、永田さん、向田さん、朝吹さん、そして参加者の皆さん、貴重な体験をありがとうございました!

最後に、この日みなさんがもって来て下さった曲のリストをシェアさせて頂きたいと思います。
ここではすべてのストーリーを紹介しきれませんでしたが、一曲一曲にどなたかの特別な思いや、特別なできごとが編み込まれているので、良い曲ばかりです。
もしこの日の輪がここからまた広がっていったら、それもまた素敵なことだと思いました。

あなたの心に残る一曲はなんですか?― もしその一曲を誰かにシェアしたくなったら、ぜひシンフォニックナイトを開いてみてください。

  • Rod Stewart「I Wish You Love」
  • Eagles「Desperado」
  • Yellow Magic Orchestra「Technopolis」
  • Kaushiki Chakrabarty「Mishra Charukeshi Thumri」
  • 羊毛とおはな「明日は、」
  • George Gershwin「Three Preludes」
  • BUMP OF CHICKEN「ファイター」
  • CHEMISTRY「Point of No Return」
  • Penguin Cafe Orchestra「Perpetuum Mobile」
  • マーラー交響曲第2番「復活」第4楽章「原光」
  • 手嶌葵「テルーの唄」(ゲド戦記挿入歌)
  • Fripp & Eno「Evening Star - Evening Star」
  • Elis Regina and Tom Jobim「Aguas de Marco」
  • Sam Smith「Latch - Acoustic」
  • Keith Jarrett「Shenandoah」

シンフォニックナイト 一曲だけのストーリー

開催日 10月15日(木)
会場 六本木アクシスビル 1F リビング・モティーフ

聞き手役/ファシリテーター/ワークショップデザイン

渡邉康太郎(takram)

ゲスト

永田ジョージ(ピアニスト)
向田麻衣(Lalitpur)

企画/運営

VOLOCITEE Inc.