SONY

Life Space UX Concept Site 〉

Life Space UX ニュース

空間そのものを活用して体験を創出する「Life Space UX」。
ソニーはさまざまな活動を通して、その体験の場を提供しています。

Life Space UX

グラスサウンドスピーカーはなぜ透明なのか?

Create Better Space. グラスサウンドスピーカー体験会

  • 1
  • 2
[ Report ] 2016.03.22
グラスサウンドスピーカー体験会

有機ガラス管を振動させることによってつくりだす、透き通るような音色で空間を満たすグラスサウンドスピーカー。
この不思議なスピーカーを手がけた開発者の鈴木伸和さん(ソニー)は、ある時 "透明な音の噴水をつくりたい" とひらめき、開発を進めてきたのだそうです。

2月24日、アルフレックスショップ東京にて、グラスサウンドスピーカーの体験会が開催されました。会場には、鈴木さんの姿も。ここでは、ライターの宮越が当日の模様をお伝えしていきたいと思います。

"上質な快適" を提案するアルフレックスショップ東京。「arflex」という名の由来は、家具を意味する「arredamento」と柔軟性を意味する「flexibility」からきているのだそう。
体験会はどなたでも参加できるようになっており、Facebookなどを見て来たお客さんでにぎわっていました。

透明な音に身体を包まれる体験

当日、会場へ行くと広い店内に「眠りのサウンド体験ブース」や「マイサウンド体験ブース」など、さまざまな音を体験できるブースが用意されていました。

しばらくたつと、アナウンスが聞こえてきました。どうやら7台のグラスサウンドスピーカーを用いたスペシャルパフォーマンスが始まるようです。

スペシャルパフォーマンスの様子

お客さんと一緒にリビングテーブルの周りに集まり、耳をすませていると、小さな虫の声が鳴りだし、やがてぬけるような鳥の声が聴こえてきました。
スピーカーはいたるところに配置されていたため、会場全体が森の音に包まれていくようです。

やがて、中央に置かれたスピーカーからチェロの響きが聴こえ始めボリュームが上がっていくと、まるで目の前で演奏が行われているよう。周りのお客さんも「いいね!」「すごい音の存在感」「本当にあのガラス管から出ている音?」と驚いていました。

音楽を奏でるグラスサウンドスピーカー

このスピーカー、実際に聴いてみると本当に音が良いのです。
こんな音を聴くと、普段自分が聴いている曲はどんな風に聴こえるんだろう、と興味が湧いてきます。そこでこの後は、自分の音源が聴けるブースへ行ってみました。

マイサウンド体験ブース

ソファに座り、自分のスマートフォンに入った音楽をグラスサウンドスピーカーで聴いてみました。すると、違いがよくわかります。特に、弦をつまびく音や高音の響きがびんびんと伝わってきます。それでいて深い、繊細な響き。

マイサウンド体験ブース 視聴方法はスマートフォンとスピーカーをコードでつなぎ、スマートフォン上の音楽アプリを操作するだけ。スマートフォンのアプリ「SongPal」(Android™/iPhone用)をインストールすれば、端末に入った音楽を再生したり、スピーカーを操作したりすることも可能です(Bluetooth接続)。レコードプレーヤーも用意されていました。

ステレオ再生体験ブース

グラスサウンドスピーカーは1本でも十分を楽しめますが、本機2台をBluetooth接続し、ステレオ再生することも可能です。
ステレオ再生体験ブースでは、2台のスピーカーの間に座り、ステレオ音源を聞きました。これもまた、音に包まれるような体験。スピーカーのLからRへ移動する音もリアルに聴こえました。

グラスサウンドスピーカー2台を使ったステレオ再生を体験するお客さん

ヒューマンボイス体験ブース

グラスサウンドスピーカーは有機ガラスを加振して音をつくりだす新しい技術を使っています。それは、人間の声帯や楽器の機構に近いのだとか。

本を朗読する声や落語の音声をグラスサウンドスピーカーで聴くお客さん

こちらのブースで本を朗読する声や落語の音声を聴いてみると、目の前に人が居るような "音の存在感" にびっくり。パソコンでSkypeをする時などに使ったら、おもしろい体験ができそうです。

眠りのサウンド体験ブース

最後は、ふかふかのベッドで音を聞けるブースへ。グラスサウンドスピーカーにはスリープタイマーがついているので、音楽をかけたまま就寝することもできます。明かりを消したり、ほのかな明かりに設定することも可能。ベッドも心地良く、このまま寝てしまいたいと思いました。

ベッドに横になりグラスサウンドスピーカーの音楽に聴きいるお客さん

この日は、開発担当者の鈴木伸和さんにインタビューさせていただくことができました。
そしてこの時初めて、グラスサウンドスピーカーが透明である深いわけを知ったのです。