SONY

Life Space UX Concept Site 〉

Life Space UX ニュース

空間そのものを活用して体験を創出する「Life Space UX」。
ソニーはさまざまな活動を通して、その体験の場を提供しています。

Life Space UX

華やかなパーティ会場を包む、透きとおったサウンドデザイン

[ Report ] 2016.08.10

招待制のオンラインショッピングサイト「GILT(ギルト)」による、完全予約制のパーティ「GILT Secret Party - HATS,HEELS & HIGH TEA -」が原宿のバツアートギャラリーにて開催。会場にはグラスサウンドスピーカーとLED電球スピーカーが導入され、透き通るようなサウンドでパーティを彩りました。

完全予約制のパーティ「GILT Secret Party - HATS,HEELS & HIGH TEA -」開催
「グラスラスサウンドスピーカー」と「LED電球スピーカー」のイベント開催

「グラスラスサウンドスピーカー」と「LED電球スピーカー」を導入したイベントが、7月2日にバツアートギャラリー(東京都・原宿)にて開催されました。

高級ブランドがセール価格で購入できる招待制のオンラインショッピングサイト「GILT(ギルト)」による、予約制パーティ「GILT Secret Party - HATS,HEELS & HIGH TEA -」。

入場前の様子

ニューヨークのサマーパーティを意識した会場内では、ポップアップショップからトークショー、ライブ、ライブペインティングなどが行われ、会場はファッションに感度の高い女性客で大変な盛況を見せました。

会場内は開放的なサマーパーティの雰囲気

会場内の3箇所に設置された「グラスサウンドスピーカー」から奏でられるのは、DJがその場でプレイするクラブ・ジャズやハウスミュージック。「グラスサウンドスピーカー」からは、360°の立体感のあるクリアな音が賑やかな会場内を包み込みました。軽快なダンスミュージックが、開放的なサマーパーティの雰囲気をどんどん盛り上げていきます。

主張しすぎないサウンドデザインがパーティ会場に溶け込む

グラスサウンドスピーカーからの音とライブペインティングの楽しい空間

東京らしいアフタヌーンを楽しむトレンドセッターの女性に向けた新たなティーパーティー。この日のドレスコードのテーマ「SEX and the CITY」に合わせて、ハットとヒールをオシャレにあしらったコーディネートで参加される方が多数見受けられました。

イベント中、イラストレーターSAYORI WADAさんによるライブペインティングが行われ、会場中に置かれた「グラスサウンドスピーカー」から、ニューヨークの街の雑踏の音を環境音として流しています。視覚と聴覚の両方からニューヨークの雰囲気を楽しめる空間に。

この日は、入場時に受け取る「Gilt 札」が通常のお金の代わりとなって、さまざまなコンテンツに参加できます。初夏の暑さを忘れさせてくれるさっぱりとした味のお茶やカクテル、さまざまなテイストを取り揃えたポップコーンなどが購入でき、外国人モデルがディーラーを務めるゲームコーナーでは神経衰弱・サイコロ・カップゲームが楽しめます。

トークショーに興味津々な様子

また、モデル兼女優の佐田真由美さんと人気スタイリストの白幡啓さんによる「ショッピング」をテーマにしたトークショーも行われ、女性視点のネットショッピングに関する話題などに会場内の女性客は興味津々。

LED電球スピーカーの強く主張をしないデザインと音が会場に自然と溶けこむ

バーカウンターの上方には「LED電球スピーカー」が。この日のためにレコーディングされたオリジナルのサックス音源とともに、バーカウンターをポップに照らし出します。「グラスサウンドスピーカー」から流れるハウスミュージックとミックスされて、リズムがハウスでメロディがサックスという構成に。「LED電球スピーカー」の強く主張をしないデザインと音が会場に自然と溶けこんで、どこから音が鳴っているのか気付かないほど空間になじんでいました。

パーティ会場全体をクリアに包み込むサウンドの設計

パーティテーマはニューヨークの街、グラスサウンドスピーカー

今回のサウンドデザインを担当したのは、美術館などのサウンドデザインや音響制作を手がける、株式会社マスターマインドプロダクション代表の小川弘さん。数多くのイベント会場でサウンドデザインを経験したプロの視点からお話を聞いてみました。

「今回のパーティのテーマは、ニューヨークの街を再現すること。この会場は2階建てかつ吹き抜けのフロアなので、音同士がぶつかり合わないように音量調整に気を遣いましたね」

会話をしながら音楽を楽しむ様子

「事前に複数のスピーカーを鳴らして、音同士が干渉しないような選曲を組み立てました。どの場所にどう設置するかは、リハーサルの段階から念入りに考え、いろいろな音のソースが鳴っていても、バランスが取れるような設計に。ひと手間かけた分、居心地の良さはキープできたかと思います。今回は、ビートとテンポを重視し、低音は極力カットしています楽曲の良さが伝わればと思いました。お客さんの話し声に覆い被さることなく、会話のすき間で楽曲の良さが自然と伝わるような音響設計になっています」

演奏の様子

「ライヴPA用のスピーカーではないので、当初はこれだけの広さの場所を音量的にまかなえるのか不安でした。スピーカーを何本ぐらい立てればバランスよくカバーできるのか、なおかつパーティサウンドとして成立するかが勝負でしたね。クラブ仕様のスピーカーの場合は面で音が鳴るのでスピーカーの近くだけが音が大きく、全体に行き渡らせるためにはボリュームをあげてしまい、その結果音が歪んでしまいがちです。しかし今日はこれだけの広さなのに、メインは3本のスピーカーのみ。『360度の方向に音が伸びる』という性質をもったスピーカーなので、ポテンシャルは高いです。自宅でパーティする際は2本あれば充分ですね(笑)」

室内に馴染むインテリアの側面も持つスピーカー

ニューヨークを意識したモデルルームに「グラスサウンドスピーカー」と「ポータブル超短焦点プロジェクター」も仲間入り

ファッションブランドの衣装をまとったマネキンのディスプレイが並ぶ2階の一角には、ニューヨークを意識したモデルルームが設けられ、ソファやテーブルのあるインテリアの中に「グラスサウンドスピーカー」と「ポータブル超短焦点プロジェクター」も仲間入り。生活空間の中で流れる音を楽しめる空間を作り、透明のグラスで出来た本体を実際に手に取って質感や重さなどを体感して、自分のライフスペースに合うかを考える休憩の場として楽しんでもらえました。

休憩中のお客さんへインタビュー

休憩中のお客さんの印象は、どうだったのでしょうか。

「スピーカーだと思いませんでした。スピーカーはそれ自体がスペースを取ってしまいがちだけれど、このグラスサウンドスピーカーは光源もあるし邪魔にならない。透明感のあるデザインなので存在に重圧感がないのがいいですね」 (20代女性)

「おしゃれだし、どこから音が出ているかわからないからすごいですね。表参道のテラス付きレストランに置いてありそうなイメージです。家にあったらおしゃれすぎるかも。今の自宅には合うのかわからないけれど、未来の家に置きたい」 (20代女性)

「第一印象は、やはり音と形。コンパクトだし、アウトドアにも合いそう。普段、音楽はジャンル問わずフィーリングでいいなと思ったものを聴いています」 (30代男性)

「グラスサウンドスピーカー」と一緒に写った写真

この場でインスタグラムに写真を投稿をすると、「グラスサウンドスピーカー」を抽選でプレゼントする企画も開催。オンライン上に「グラスサウンドスピーカー」と一緒に写った写真が投稿され、会場の賑やかさが来場者以外にもシェアされ、多くの方に新しい家電のデザインが触れられるひとときとなりました。

#lifespaceux グラスサウンドスピーカー投稿写真(Instagram)

GILT Secret Party - HATS,HEELS & HIGH TEA -

日時:2016年7月2日(土)
会場:バツアートギャラリー

主催

GILT