SONY

Life Space UX Concept Site 〉

Life Space UX ニュース

空間そのものを活用して体験を創出する「Life Space UX」。
ソニーはさまざまな活動を通して、その体験の場を提供しています。

Life Space UX

新4Kプロジェクター - It's all here -
Life Space UXのコンセプトモデル発表!

[ Event ] 2017.01.05
新4Kプロジェクター - It's all here - 体験イメージ

- It's all here(すべてがここにある) -

アメリカ・ラスベガスにて開催されている「2017 International CES」(国際家電ショー)において、Life Space UXの新しいコンセプトモデル「新4Kプロジェクター - It's all here -」を初めて展示します。

超短焦点プロジェクション技術により、壁際に置くだけで、4Kの大画面を居住空間に作り出すことのできる4Kプロジェクター。

今回発表したコンセプトモデルは、従来のように映画やスポーツ番組などのコンテンツを楽しめるだけでなく、- It's all here(すべてがここにある) - のコンセプトの下、たとえば、壁にランダムに表示された膨大な量の本の表紙の中から興味をひく作品と出会い、ページをめくって読み、また新たな興味をひく作品を探すなど、今までに無いコンテンツとの新しい出会いを体験できます。

知らなかった本、映画、音楽。

そんな何かに出会えるかもしれない、コンテンツの“散策体験”を提案しています。

膨大なコンテンツからきっと何かに出会える -It's all here(すべてがここにある)- のコンセプトイメージ

CES 2017出展について(ニュースリリース)

空間を変えることで、暮らしに新しい体験をつくりだすソニーのコンセプトLife Space UXについて