Sustainability

余剰バイオマスを利用した
サステイナブルな素材

近年、水や空気の環境浄化から、洗浄剤などのボディケア製品まで、石炭やヤシ殻を原料とした活性炭が吸着材として多く使用されています。ソニーはバッテリー電極材料の研究開発をしていた中で、籾殻が持つ独特な細孔構造を発見し、優れた吸着特性を持つ新しい植物由来の多孔質炭素材料Triporous(トリポーラス)を開発しました。籾殻は日本だけで年間約200万トン、世界中では年間約1億トン以上も排出されており、トリポーラスはこの余剰バイオマスを活用することで、環境に配慮した循環型社会への実現にも貢献します。また、トリポーラスは公益社団法人発明協会主催の平成26年度全国発明表彰において「21世紀発明奨励賞」を受賞しています。

* 微細な空孔が非常にたくさんあり、その空孔に物質を吸着させる材料。

余剰バイオマスを利用した
サステイナブルな素材

近年、水や空気の環境浄化から、洗浄剤などのボディケア製品まで、石炭やヤシ殻を原料とした活性炭が吸着材として多く使用されています。ソニーはバッテリー電極材料の研究開発をしていた中で、籾殻が持つ独特な細孔構造を発見し、優れた吸着特性を持つ新しい植物由来の多孔質炭素材料Triporous(トリポーラス)を開発しました。籾殻は日本だけで年間約200万トン、世界中では年間約1億トン以上も排出されており、トリポーラスはこの余剰バイオマスを活用することで、環境に配慮した循環型社会への実現にも貢献します。また、トリポーラスは公益社団法人発明協会主催の平成26年度全国発明表彰において「21世紀発明奨励賞」を受賞しています。

* 微細な空孔が非常にたくさんあり、その空孔に物質を吸着させる材料。

循環型社会への実現に貢献

下記の図は光合成による稲の成長と排出される籾殻、それを利用したトリポーラスの循環を示しています。