Sustainability

余剰バイオマスを利用した
サステイナブルな素材

近年、水や空気の環境浄化から、洗浄剤などのボディケア製品まで、石炭やヤシ殻を原料とした活性炭が吸着材として多く使用されています。ソニーはバッテリー電極材料の研究開発をしていた中で、籾殻が持つ独特な微細構造を発見し、優れた吸着特性を持つ新しい植物由来の多孔質炭素材料Triporous(トリポーラス)を開発しました。籾殻は日本だけで年間約200万トン、世界中では年間約1億トン以上も排出されており、トリポーラスはこの余剰バイオマスを活用することで、環境に配慮した循環型社会への実現にも貢献します。また、トリポーラスは公益社団法人発明協会主催の平成26年度全国発明表彰において「21世紀発明奨励賞」を受賞しています。

* 微細な空孔が非常にたくさんあり、その空孔に物質を吸着させる材料。

余剰バイオマスを利用した
サステイナブルな素材

近年、水や空気の環境浄化から、洗浄剤などのボディケア製品まで、石炭やヤシ殻を原料とした活性炭が吸着材として多く使用されています。ソニーはバッテリー電極材料の研究開発をしていた中で、籾殻が持つ独特な細孔構造を発見し、優れた吸着特性を持つ新しい植物由来の多孔質炭素材料Triporous(トリポーラス)を開発しました。籾殻は日本だけで年間約200万トン、世界中では年間約1億トン以上も排出されており、トリポーラスはこの余剰バイオマスを活用することで、環境に配慮した循環型社会への実現にも貢献します。また、トリポーラスは公益社団法人発明協会主催の平成26年度全国発明表彰において「21世紀発明奨励賞」を受賞しています。

* 微細な空孔が非常にたくさんあり、その空孔に物質を吸着させる材料。

持続可能な
開発目標(SDGs)への貢献

私たちはトリポーラスを通じて、社会課題の解決に取り組み、国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)に貢献します。

ソニーはトリポーラスを通じて持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

1. 廃棄されている籾殻を利用することで循環型社会の形成に貢献します(目標12)

米の籾殻は日本で約200万トン、世界で1億トン以上廃棄されている余剰バイオマスです。1トンの籾殻から約100kgのトリポーラスが製造可能です。世界中で大量に廃棄されている籾殻をリサイクルすることにより、循環型社会やサーキュラーエコノミーの実現に貢献します。

光合成による稲の成長と排出される籾殻、それを利用したトリポーラスの循環

該当する目標とターゲット
目標12:つくる責任 つかう責任
目標12:
つくる責任 つかう責任
ターゲット12.5:
2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用および再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。
2. トリポーラスの吸着特性により、水や空気の浄化に貢献します(目標3, 6, 11)

世界保健機関(WHO)の報告によると、世界中で21億人の人々が安全な水の確保に苦しんでおり※1、微小粒子状物質PM2.5などの大気汚染の拡大により年間約700万人が死亡している※2と報告されています。トリポーラスはその独特の微細構造により、従来技術では吸着しにくかった分子量の大きな物質を容易に吸着できる特性を有することに加え、低分子化合物に対しての高速吸着が可能です。具体的には、大きな有機化合物やたんぱく質、ウイルスなど水中の汚染物の吸着に優れます。また、PM2.5の原因である揮発性有機化合物(VOC)にも高い吸着性能を示します。
トリポーラスを通じて、世界の安全な水の確保や、大気汚染の改善に貢献します。

※1 出展元:2.1 billion people lack safe drinking water at home, more than twice as many lack safe sanitation
※2 出展元:7 million premature deaths annually linked to air pollution
ウィルスの吸着性能 ※WHOの基準水(protocol #6)を使用して評価
揮発性有機化合物(VOC)の吸着性能 ※WHOの標準評価方法(SOP 09)にて評価
該当する目標とターゲット
目標3:すべての人に健康と福祉を
目標3:
すべての人に健康と福祉を
ターゲット3.9:
2030年までに、有害化学物質、並びに大気および土壌の汚染による死亡および疾病の件数を大幅に減少させる。
目標6:安全な水とトイレを世界中に
目標6:
安全な水とトイレを世界中に
ターゲット6.1:
2030年までに、すべての人々の、安全で安価な飲料水の普遍的かつ公平なアクセスを達成する。
ターゲット6.3:
2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減および再生利用と安全な再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。
目標11:住み続けられるまちづくりを
目標11:
住み続けられるまちづくりを
ターゲット11.6:
2030年までに、大気の質および一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものも含め、都市の一人あたりの環境上の悪影響を軽減する。
3. オープンイノベーションで開発と事業化をグローバルで推進します(目標17)

新素材トリポーラスを社会実装するために、国内外の様々な研究機関や企業とのオープンイノベーションをグローバルで推進します。

該当する目標とターゲット
目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
目標17:
パートナーシップで目標を達成しよう
ターゲット17.17:
さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推奨する。